HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 30  遍路道

  碁石山の遍路道 
        小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
       遍路日 2011.12.9  掲載日 2012.12.31

碁石山への遍路道

「向庵」よりの遍路道

 碁石山へ行くのに、7番「向庵」の直ぐ前に有る階段を降りるように遍路石が有ります。

 地図本では階段を下りずに、真っ直ぐの車道を行く事になってるが・・・。

 まぁ・・どちらも同じ所で合流するよおだけど、階段を下りてまた上がるのも疲れるので、まっすぐの道を行きました。

 遍路道的には、階段を下りた方が正しい道と思い、すんなり行けたような気がする。

 小さい池を回り込むようにして坂道を上がり、池には一羽の鴨がサミシソウに泳いでいます。

 鴨というもんは、たいてい群れをなして居るもんだが、仲間の鴨は、どおしたのでしょう。

 坂の農道にミカンがなっており、ミカンの実と越後屋の後ろ姿が絵になるなぁ・・と思って写真を撮ったら、ミカンの木の後ろにジサマが作業していました。

みかん畑石仏と碁石山遍路道

 農道より、かなり急な山道に入り、林道を横切り、再び山道へ・・・

    竹藪の遍路道   
遍路道風景  遍路道より車道へ出た所

 道的には、そんなにキツイ道ではないが、冬なので着込んでおり汗が出たので、車道に出た所で上着を1枚脱ぎました。

 この遍路道は下調べした時に、国土地理院の地図にも山道が載ってなく、どこから上がるのか、また道がどんな状態なのか、よぉ〜わからん所で、果たして遍路道を見つける事が出来るか・・と不安な所でした。

 でも地図本と標識が有ったので、それほど苦労せずに遍路道を見つける琴ができました。

 車道をテクテクと歩き遍路していると、先程「向庵」を教えてくれた二人連れのオバハンと犬に出会いました。
車道より遍路道へ
 「向庵」で参拝して休んでいた時間をも加味すると、やっぱり遍路道の方が時間的に早いのかもしれません。

地蔵

 車道の山側に階段が有り、先で待ってた越後屋が「お地蔵さんが寝ているので、踏んづけちゃダメだよ。」

 階段を上ると、確かに道にお地蔵さんが寝ていた・・と言うか、山側に有る台座から転がり落ちてます。

転がり落ちた地蔵さん 下向きに寝ているので、注意しないと、そこらの石と間違って踏んづけるかもしれんなぁ。

 それほど大きな地蔵さんではないので、動かせるかもしれんと思い越後屋に
「二人して戻すぞ。」と言い、地蔵さんに「傷は浅いぞ、しっかりせよ・・」と励ました。

 「ええっっ!?・・動かすのぉ・・」
とイヤそうにモンク垂れる越後屋を叱りつけ、二人して地蔵さんを元の台座に乗せました。

 しかし、台座そのものが少し傾いてるので、そのまま立てると、また倒れて寝ちまうかもしれんので、どうせ寝るならば・・と思い山側に立て掛けて寝かせときました。
元に戻した地蔵さん
 ついでに足下で壊れていた、木の賽銭箱も横に置いておいときました。
 さすがに賽銭箱までは、よぉ〜直せん。

  一日に一つくらいは、何か良い事をしなくっちゃねぇ。

 お地蔵さん、別に「笠地蔵」の物語を意識したんじゃないから、お礼はしなくてもいいよ。
 でも、どうしてもお礼をしたいと言うならば、して貰っても良いが・・

 いや・・できれば、して貰った方が正直言って、もんのすごくウレシイ・・・
洞窟の石塔
 山道を登ってると、岩窪の中に石塔が立っており、この存在は知らなかった。

 この岩窪は歩いてる人でないと、見れないじゃろなぁ。

 何か云われを書いた物がないかと探したが無かった。

 そこを少し上がり詰めると、境内の広い箇所に出ました。

            
       小豆島88箇所歩き遍路

               

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 



    無