HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 33  隼 山

  小豆島88箇所歩き遍路 小豆島 隼山 遍照の響き
          小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
       遍路日 2011.12.9   掲載日 2013.1.5
小豆島88箇所歩き遍路ライン

隼山

3番「奥の院」への遍路道

 コンクリ舗装の遍路道を行くと、ズラッ〜と石仏が並んでます。
3番「奥の院」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路
 いえね、別にズラッ〜と行儀良く並んでいても良いんだけれど、律儀にも一体毎に白いカゴを置き、賽銭箱代わりにしてあるのが面白い。

 たぶんよっぽど信心の有る人しか、一体毎にお賽銭入れないだろなぁ。

 付近には展望台が有り、「坂手」の町並がよぉ〜見えて「讃岐十景」の一つらしい。

展望台付近の地蔵、小豆島88箇所歩き遍路小豆島 隼山 展望台より隼山遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

3番「奥の院」

 やがて石柱の有る「隼山」3番「奥の院」入口に着く頃、洞雲山で掃除してたトッツアンのバイクが追い越して行きました。

 きっと麓の人で、奉仕活動されているのでしょう。
小豆島 隼山 奥の院3番「奥の院」参道、小豆島88箇所歩き遍路3番「奥の院」、小豆島88箇所歩き遍路
3番「奥の院」仁王、小豆島88箇所歩き遍路
 「隼山」の3番「奥の院」は大きい寺ですが、だれも居なく、それだけに寂れた感じがします。

 古そうな仁王さんも、山門にガンバッているんだがなぁ・・・

 寒霞渓でバスの運ちゃんが言ってたように、20年ほど前の小豆島88箇所霊場の巡拝が盛んな頃に、以後も続くと見込んで建物施設を充実させたのでしょう。

 話しは少し変わりますが、現在においても原発がいつまでも続くと思い、地方では不似合いな立派な建物を交付金でバンバンと金にまかせて造っちまい、その維持費をどうするんじゃ・・と他人事ながら心配した事を思い出す。
3番「奥の院」、小豆島88箇所歩き遍路
 某地方で「億」という金を注ぎ込んで作った、ほとんど見学者も居ない美術館へ案内された時、中身はホンモノかと思えばレプリカ。

 おまけにそのレプリカのために、わざわざ細かい空調もしなければアカンと聞いた時は、何と無駄な金を使ってるのか・・と見学者一同、思わず黙って顔を見合わせた。

 当の説明者は、そんな雰囲気がわからんらしく「どうじゃ、まいったか」という風に自慢気に話していたが・・・
 σ(*_*)なら恥ずかしくて、そんな説明は、よぉ〜できん。
3番「奥の院」休憩所、小豆島88箇所歩き遍路
 話しを戻して・・・

 黄色のイチョウが積もる境内には、昔「お休み処」だったらしい、ガラス戸の広い畳敷き部屋が見え、かっての栄光が偲ばれ何ともサミシ限りです。

 まさに「諸行無常」「盛者必衰の理」を絵に描いたような感じです

 堂の扉が開いたので中に入ると、たくさんの折り畳み椅子が並んでおり、昔は信者さん達が座って読経したのだろおなぁ。
3番「奥の院」、小豆島88箇所歩き遍路
 堂の奥は崖窪になって本尊さんを奉ってあるよおで、尺八を吹いて参拝すると四方を囲まれた建物構造のためか、今日で1番響きが良かった。

 外に出た堂正面には下へ降りる階段が続いてるらしいが、今は手前に鎖がしてあり通行止めになっており坂手湾が見えます。(一番上の写真)小豆島 隼山 大師堂

 昔は、この階段を上下する参拝道路が続いていたのでしょうが、今は草木に覆われて、階段の先は、どうなってるのかわかりまへん。

 3番「観音寺」へ向かって降りて行くと、途中に立派な新しい建物があり、どこぞの新興宗教施設かと思ったら「大師堂」だった。

 ううむうぅぅ・・残念ながら、たぶんだれも寄らないだろなぁ・・という雰囲気です。

  小豆島88箇所歩き遍路、前へ   小豆島88箇所歩き遍路、目次へ   小豆島88箇所歩き遍路、次へ   遍照の響きホームヘ
       小豆島88箇所歩き遍路

   遍路・巡礼用具     小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍  
八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所歩き遍路ライン

    無