HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 36  田ノ浦

 小豆島88箇所歩き遍路 小豆島遍路記 田ノ浦 遍照の響き
      小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
      遍路日 2011.12.9   掲載日 2013.1.8
小豆島88箇所歩き遍路ライン

馬立峠と6番「田ノ浦庵」・「岬の分校」

馬立峠

 「堀越庵」を出て、すぐに細い道を通り、段々畑の跡をほぼ垂直に上がって山道に入ります。

 振り返れば「堀越」集落が見え、「堀越庵」を探すと小さく見えます。

  馬立て峠へ、小豆島88箇所歩き遍路  馬立峠への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路   馬立峠遍路道より「堀越庵」を望む、小豆島88箇所歩き遍路
 馬立峠遍路道、小豆島88箇所歩き遍路 小豆島 馬立峠  馬立峠遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 遍路道の山道は下調べした通りの急坂で、手摺りと共に木杭で階段が作ってありました。

 小豆島88箇所霊場を歩き遍路して、手摺りが有る所は、だいたい急坂でした。

 手摺りは、いつ・だれが設置してくれたのでしょうか?馬立峠、小豆島88箇所歩き遍路
 やっぱり20年ほど前の小豆島88箇所巡拝が盛んな頃なのかなぁ。

 馬立峠近くで、白犬を連れたアンチャンが、犬を押さえて道を譲って待ってくれます。

 挨拶をして、「堀越」の崖崩れ箇所付近に迂回路が無いかを尋ねると、やっぱり無く「通れない」でした。馬立峠遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 でも、このアンチャンは、どこから犬を連れて散歩しているのかな?

 「堀越」へ向かって下りて行ったが、犬の運動のためにはなるかもしれんが、かなりキツイ道で、しかも半端な距離ではない。

 馬立峠からは下り坂で、途中に不動明王が有り、着物の一部が青く塗ってあり、御尊顔も何となく愛嬌が有る。

6番「田ノ浦庵」

 道がコンクリ舗装になる頃から「田の浦」集落の屋根と海が見えて来ました。

     「田ノ浦」集落、小豆島88箇所歩き遍路       6番「田ノ浦庵」へ、小豆島88箇所歩き遍路

 6番札所「田ノ浦庵」は小さな庵で、普通の民家と思うほどだった。

 境内に「いぼ取り地蔵」の説明看板が有り、過疎化になった隣村より移設したらしい。

小豆島 田ノ浦庵  6番「田ノ浦庵」、小豆島88箇所歩き遍路  6番「田ノ浦庵」いぼ鳥地蔵、小豆島88箇所歩き遍路

「二十四の瞳 岬の分校」

 「田ノ浦庵」を出て「二十四の瞳 岬の分校」へ寄ってみました。

 その時の状況は「廃校シリーズ」「香川県」「苗羽小学校田浦分校」に記載してありますので御笑読ください。6番「田ノ浦庵」より、小豆島88箇所歩き遍路

 「岬の分校」を出て県道をテクテク歩いてると、道端に大きな樽を横にして置いてあります(一番上の写真)。

 良く見ると、樽を利用したバス停留所になってました。

 このアイデアは、なかなか良いと思い、樽の大きさがわかるように越後屋にベンチに座らせて写真を撮りました。

 ぼちぼち夕暮れになり、出発地の「堀越」集落には5時半頃に戻り着きました。

 ちょうどその頃になると雨がポツポツと降り始め、車に駆け込んで、ぎりぎりセーフ!!。

 もおチョット遅かったら、雨に濡れて泣きながら歩くところだった。

小豆島 田ノ浦 バス停 「堀越」へ、小豆島88箇所歩き遍路 「堀越」付近、小豆島88箇所歩き遍路

 小豆島88箇所歩き遍路、前へ   小豆島88箇所歩き遍路、目次へ   小豆島88箇所歩き遍路、次へ   遍照の響きホームヘ
      小豆島88箇所歩き遍路

  遍路・巡礼用具     小豆島の宿泊施設   小豆島関連書籍   

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所歩き遍路ライン

    無