HOME > 小豆島88カ所(島四国)歩き遍路目次 > 37  薬師堂

  小豆島88箇所歩き遍路 小豆島 薬師堂 遍照の響き
    小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
    遍路日 2011.12.10   掲載日 2013.1.10
小豆島88箇所歩き遍路ライン

28番「薬師堂」へ小豆島資料館 駐車場

出発

 オリーブ公園の県道沿いにある「小豆島民族資料館」の駐車場に車を置き8時頃、28番札所「薬師堂」へ向けて出発。

 県道のオリーブ並木を通り、「竹生」付近から瀬戸内海らしい島々が見えます。

28番「薬師堂」へ、小豆島88箇所歩き遍路 28番「薬師堂」へ、小豆島88箇所歩き遍路 28番「薬師堂」へ、小豆島88箇所歩き遍路

 「石場」集落を抜けたカーブの山際に階段が有り、そこに遍路標識が有りました。28番「薬師堂」へ遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 たぶん階段を上がって、車道のS字カーブをショトカットするのだろおと思って上がると、いかにも遍路道らしい山道が有ります。

 おぉぉぉ・・・!!と感動したが短い距離で、すぐに砂利道の林道のような道に出た。

 その林道のような道をオババが、ヨチヨチと手押し車を押しながら向こうから来ます。28番「薬師堂」へ遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 挨拶しましたが、この付近には人家や畑みたいもんは無く、見渡しても山ばっかしだが、朝の散歩で、どこまで行って来たのじゃろうか?

 手押し車ならばコンクリ舗装されている車道の方が、押しやすいと思うが・・・

地図本の間違い

 霊場会発行の地図本(青線)では、海岸沿いの県道を歩く事になっており、そのうち県道と合流するだろおと思っていました。28番「薬師堂」へ、小豆島88箇所歩き遍路

 しかし、なかなか県道と合流しないので、国土地理院の地図と比較すると、地図本で「へんろ道」と記載されている山側の道を知らずに歩いていたのがわかりました。

 おおいぃぃ・・・霊場会の地図本、青線(徒歩用)の位置が間違ってるでぇ。

 たぶん小豆島88箇所の歩き遍路した大部分の人が、ここを歩いてる途中で「アララッ・・・?」と思ったじゃろなぁ。

 もっとも海岸沿いの道よりも少し距離が長くなるかもしれんが、車に怯えながら歩くよりも良く、また山上から見える海も良かったので、これはこれで良かったかもしれない。

 28番「薬師堂」へ遍路道より瀬戸の海風景、小豆島88箇所歩き遍路 28番「薬師堂」へ遍路道、小豆島88箇所歩き遍路 28番「薬師堂」へ遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 昔は海岸沿いの隣接集落での交通には、船を利用する事が多く、海岸沿いの道が無い事が多い。「長崎のしし垣」、小豆島88箇所歩き遍路

 それでも必要に応じて集落間を行き来するために山越えする道も必要だったので、この山上に有る道は、今は道幅が広くなっているが昔から有る道だったように思う。

 途中に「長崎のしし垣」の看板が有りましたが、どうせ石で組んだ石垣だろおと思って、見に行きませんでした。

28番「薬師堂」移設

 歩き遍路していてると、「吉野」「蒲野」「小蒲野」集落への3方向へ行く分かれ道の所へ来ました。遍路道の分かれ箇所、小豆島88箇所歩き遍路

 28番「薬師堂」の有る「蒲野」方向行くのが旧遍路道で、ちゃんと標識も設置されております。

 しかし「蒲野」に有る「薬師堂」は、麓の海付近に移設された・・と下調べしてたので知っており、地図本にもそのようになってます。

 たぶん「薬師堂」が移設される前は、標識通りに「蒲野」方向へ行った方が合理的な道筋だったと思います。遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 しかし、そのまま「蒲野」へ向かうと次の29番「風穴庵」へ行く時に、わずかながらも同じ道を往復しちまいます。

 そんなのオモロないし、距離的にも余り違わないので「小蒲野」集落へ下りる道を行きました。

 そしたらいきなりS字カーブの急坂なんですねぇ・・しかもコンクリ舗装の・・県道251号線、小豆島88箇所歩き遍路

 こりゃあぁ・・車でこの坂道を下るのもタイヘンだが、上がって来るのは、もっとタイヘンだろなぁ。

 県道251号線に出て、テクテクと歩き遍路・・・・

イノシシ

 「蒲野」集落入口付近に「薬師堂」の看板が有り、その道を行く途中に小型トラックが止まってます。

 そこに居たトッツアンに挨拶しながら、何気なく荷台を見ると、プラスチック箱に魚の贓物のような物が一杯入ってます。28番「薬師堂」、小豆島88箇所歩き遍路

 σ(*_*)が不思議そうな顔していたのがわかったのか、トッツアンが
「イノシシの贓物だよ」と笑いながら教えてくれました。

 
「捕れたのですか?」
 
「大きいのがね・・そこで解体した所だ」
と小川の対岸に有る、草むらを目で教えます。

 ううむうぅぅ・・そお言われてみれば、解体するのを家の敷地ですると血が流れたりしてタイヘンだろなぁ。

 荷台には、そんなに血が流れてなかったが・・

 よっぽど見に行こうかと思ったが、夢に出て来るとオトロシイので止めといた。

 後で聞くと、越後屋も同じような事を聞いたらしく
 
「ここへ来る途中の山に「ワナ注意」の看板がありました。」
 
「あれはワシが作ったんだよ」
と教えてくれたらしい。小豆島 薬師堂

28番「薬師堂」

 そこから余り離れていない所に「28番 薬師堂」が、小川の側に有り、どっちかと言うと墓地内へ移設したという感じの小さい庵です。

 霊場で良く見かける、お馴染みの「小僧さん」の看板が無かったら、それが札所の「薬師庵」だとわからず、墓のための施設だと思って行き過ぎたかもしれん。

  28番「薬師堂」、小豆島88箇所歩き遍路    28番「薬師堂」堂内、小豆島88箇所歩き遍路

 小豆島88箇所歩き遍路、前へ  小豆島88箇所歩き遍路、目次へ  小豆島88箇所歩き遍路、次へ       遍照の響きホームヘ
     小豆島88箇所歩き遍路

   遍路・巡礼用具     小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍    

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所歩き遍路、ライン

    無