HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 38  風穴庵

  小豆島88箇所歩き遍路 小豆島遍路記 風穴庵 遍照の響き
      小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
     遍路日 2011.12.10   掲載日 2013.1.12
小豆島88箇所歩き遍路ライン

29番「風穴庵」の「風穴」28番「薬師堂」よりの遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

山越え

 28番「薬師堂」を出て、山方向の県道に出ました。

 その車道付近に遍路道が有るので探しながら歩いてると、S字カーブの所で自転車旅行のアンチャンが風景写真を撮っています。

 挨拶して聞いてみると、岡山から来たそうな。

山越え入口、小豆島88箇所歩き遍路 山越え入口、小豆島88箇所歩き遍路 「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 その付近に、遍路道の入口階段と標識がありました。「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 まずは尾根に向かって、ほぼ一直線の急坂、それから尾根伝いにゆるやかに上がります。

御出会いの霊跡

 頂上付近と思われる所に「修行大師と小西庄助翁 御出会いの霊跡」の碑が建ってます。

 へえぇぇ〜・・・本四国と同じように、ここでも「お出会い」が会ったの?知らなかったでぇ。修行大師と小西庄助御出会い霊地

 σ(*_*)もキレイなネーチャンと、ぜひ御出会いして親しくお話をしたい。
 当然の事だが、越後屋を抜きという事にして・・

 「小原庄助」さんならば、飲んだくれで有名なのだから知ってるが、この「小西庄助」という人物は、どんな人なのか知らないのでネットで調べたが全くわからん。

 それよりも何よりも、そんな畏れ多い「御出会い」が有ったのならば、その伝説・伝承を記載した物が、一つくらい恥ずかしそうに有っても良いのに、全く見つけられなかった。

 やっと人物名で検索すると「江戸中期 歌舞伎作者」と簡単に書いてあるのを見つけたが、果たしてその人が「御出会い」されたのと同一人物なのか、わかりまへん。「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 そお言えば「中山農村歌舞伎」というのが小豆島で有名らしいが、関係有るのじゃろうか?

 「御出会い」されたのならば、修行大師様から何らかの啓示を受けたのだろうが、どんな内容だったのだろう?

 さぞかし、心にズシイ〜ィンと響くような事を言われたのでしょうなぁ。

 せっかく新しい立派な碑を作ったのだから、その伝承を記載した看板が付近に有れば良かったのにぃ。「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

 だれか、この伝承を知ってる人が教えてください。

 それからも尾根伝いに歩き、やがて携帯局のアンテナ鉄塔付近を通り、それからは下り坂。

 途中、山の中腹付近から小石が転がり落ちる音がしました。

 先程のイノシシ捕まえたトッツアンの話しを聞いてるので、イノシシかな?

 それならば危ないなぁ・・と思って見上げると、鹿が逃げる所でした。


「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路「風穴庵」への遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

29番「風穴庵」「風穴庵」、小豆島88箇所歩き遍路

 やがて地蔵さんの祠と階段が見え、この階段を上がるのかと一瞬迷ったが、すぐ下の方に堂の屋根が有りました。

 鐘楼に荷物を置きながら、あらためて堂の前に有る看板を読むと「風穴庵」

 正直言って今まで庵・寺名については、そんなのどうでもイイヤ、フウ〜ゥン・・と言う程度で、ただひたすらに地図に書いてある場所へ・・という感じで遍路してました。小豆島 風穴庵

 それでもこの「風穴庵」名を見た時に、おぉぉ・・そお言えば、下調べの時に、ここは庵名になった「風穴」が有ると書いてあった事を思い出した。

 越後屋にその事を伝え、たぶん来る途中にあった地蔵さんの階段を上がるのだろおと言い、σ(*_*)が参拝している間に偵察して来るように言いつけました。

 「風穴庵」、小豆島88箇所歩き遍路 「風穴庵」から見た海、小豆島88箇所歩き遍路 「風穴庵」鐘楼、小豆島88箇所歩き遍路

風穴「風穴庵」の「風穴」へ、小豆島88箇所歩き遍路

 参拝が終わり、尺八の手入れしていると越後屋が戻って来たので
 
「どうだった?」
 
「えへへ・・有ったよ。(^_-)」
と笑いながら言います。

 
「何かオカシナ物でも有ったの?」
 
「行けばわかるよ(^_^;)」

 言いたがらないので、ヒョットすると人にも言えない、もんのすごい恥ずかしい、何かエッチな物でも有ったのかと思い、ワクワクしながら・・・いや、困った事だと心配しながら階段を上がると小さな堂が有ります。小豆島 風穴

 この堂のどこかに仕掛けでも有るのかと思ったが「愛宕大権現」と書いて有るだけで、別に変わった所はない。

 堂の中をソオ〜ッと覗いて見ると・・・アッ!!・・と、思わず恥ずかしくて目を覆いたくなるような物も、全然見当たらず普通のお堂でした・・チエッ・・。

 山側の石垣にチッコイ穴が有り、これがウワサに聞く「風穴」かな?小豆島 風穴

 近寄り覗くと、奥深い穴かと思ったら、30センチほどの深さしかなく、ちょっとアッケなくガッカリした。

 一つの穴の前には未使用の塩の袋が二つ置いてあり、穴の中には何が悲しいのか、何もそんなにしなくても良いのにぃ・・・と思うほど、塩がゴッテリ盛ってあった。

 付近には合計3つの穴があったが、どれも「どん詰まり」状態で顔を近づけても、信心が足りんためか風は出てこない。「風穴庵」の「風穴」、小豆島88箇所歩き遍路

 中央の穴は、手前に階段らしい物があり、これがメインの穴かもしれん。

 頭を突っ込んで奥を確かめると、この穴の奥下が先程の塩ゴッテリの穴天井と、わずかに繋がってるような気がする。

 戻ってから越後屋が言うには、あの塩ゴッテリに思わず笑ったらしい。

 す・・・す・すみません・・、
 どうしょうもないクダラン事に、マジメな人を妄想たくましくさせちまって・・・・

 でも、この「風穴」には気が付かずに行ってしまう人が多いだろなぁ。

「風穴庵」、小豆島88箇所歩き遍路 「風穴庵」よりの遍路道、小豆島88箇所歩き遍路 「風穴庵」よりの遍路道、小豆島88箇所歩き遍路

  小豆島88箇所歩き遍路、前へ  小豆島88箇所歩き遍路、目次へ   小豆島88箇所歩き遍路、次へ    遍照の響きホームヘ
       小豆島88箇所歩き遍路

   遍路・巡礼用具    小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍    

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所歩き遍路ライン

    無