HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 40  小豆島アート

 小豆島歩き遍路 小豆島アート 吉田夏奈 遍照の響き
      小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
      遍路日 2011.12.10   掲載日 2013.1.16
小豆島歩き遍路ライン

小豆島アート

34番「保寿寺庵」

 「室生」集落、小豆島歩き遍路 34番「保寿寺庵」、小豆島歩き遍路 保寿寺庵

 ポツポツ降る小雨の中を、34番札所「保寿寺庵」へ34番「保寿寺庵」からの展望、小豆島歩き遍路

 途中に「32番奥の院 大師堂へ」の看板が有ったが、雨が降っており時間的にも余裕が無かったのでパス。

 34番「保寿寺庵」は県道沿いに有り、階段を上がった小高い所にある小さな庵でした。
34番「保寿寺庵」焦げ板、小豆島歩き遍路
 ここの庵は最近造ったようで新しく、壁板は小豆島のここら付近の特徴でもある、杉板を焦がして黒くなったのが貼ってあります。

 すぐ近くにある「道の駅 小豆島ふるさと村」へ早く行って、ソーメンでもすすろうと思っていたので、雨具を着たまま荷物を降ろさず、笠だけを取って参拝。

      34番「保寿寺庵」、小豆島歩き遍路

道の駅「小豆島ふるさと村」

 道の駅「小豆島ふるさと村」でソーメンを食べました。

 小豆島名物にはソーメンも含まれており、麺の「コシ」が強く、味もσ(*_*)の好みで美味かった。

    道の駅 小豆島ふるさと村      道の駅「小豆島ふるさと村」ソーメン、小豆島歩き遍路

小豆島アート

 同じ敷地の建物内で、芸術品を展示しているというので見に行きました。
 なんせタダだったもんでして・・・・・(^O^)ヘッヘッヘッ・・・・

 「吉田夏奈」という女流アートらしく、テーブル上に色付きの立体紙が置いてあり、正直言って、最初にこれを見た時は何かわかりまへんでした・・・すんまへん。小豆島アート 吉田夏奈

 そのテーブルを一周して、やっと小豆島を省略して立体化アートした物だとわかった。

 越後屋に
「これ何を表してるか、わかる?」と聞くと、芸術・アート関係には全く無縁なので当然「わからんなぁ・・・」と言うので、エラソーに教えてやりました。

 
「ここが寒霞渓の紅葉を表し、ここが千枚田だよ・・」
 
「おぉぉぉ・・・!!」

 小豆島の山斜面が削ってある場所は、どんなのになってるのかな?・・と思って、改めてそちら側を見ると、しっかり山肌が削られているように描いて有ります。

 うむうぅぅ・・ゴマかす訳にも、いかんじゃろなぁ。

 せっかく緑の島も、ゴッテリと山が削られている箇所が有るので、そこをどのよう表現するか苦労したと思う。
道の駅「小豆島ふるさと村」・小豆島アート、小豆島歩き遍路
 でも、この作品は新しいアイデアもんだと思う。

 惜しむらくは、作品が木の地肌が見えるテーブル上に置いてあった事です。

 海に浮かぶ島というイメージを作るには、テーブルに青いシートか布を敷いて海を表せば、この芸術品は、もっと生きると思った。

 作品を最初から小豆島というイメージで見る人には、わかるかもしれんが、何の先入観も無いσ(*_*)らのようなモノが見ると、わからんかったろうなぁ。

 エラソーに、すみません、関係者の人が見ていたら、ごめんね。

32番「愛染寺」

 小豆島歩き遍路 小豆島歩き遍路 小豆島 愛染寺

 道の駅「小豆島ふるさと村」からすぐ近くに、32番札所「愛染寺」が有ります。32番「愛染寺」、小豆島歩き遍路

 「愛染寺」へ行く途中に一度は住んでみたいような豪邸が見えました。

 どのような人が住んでるのじゃろおか?。

 「愛染寺」境内には、仲良く二人で並んでいる地蔵さんが置いてあり微笑ましかった。

32番「愛染寺」境内、小豆島歩き遍路32番「愛染寺」境内、小豆島歩き遍路32番「愛染寺」、小豆島歩き遍路
           

  小豆島歩き遍路、前へ  小豆島歩き遍路、目次へ  小豆島歩き遍路、次へ    遍照の響きホームヘ
    小豆島88箇所歩き遍路記

   遍路・巡礼用具    小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍   

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島歩き遍路、ライン

    無