HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 46 犬

  小豆島歩き遍路 尺八を携え歩いた小豆島遍路記 遍照の響き
    小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
    遍路日 2011.12.11   掲載日 2013.1.23
小豆島歩き遍路ライン

「安養寺」の犬

名刺

 「草壁」のフェリー乗り場に車を置いて、昼食にしようと近くのチッコイ食堂へ入りました。

 狭い店ですが、壁一面に色紙やら名刺が一杯貼ってあり、昔はフエリー観光客で賑わっていたんだろなぁ。
食堂の名刺、小豆島歩き遍路
 色紙はたぶん有名な人なのだろおが、立派すぎる字で、よぉ〜読めない。

 名刺は一般庶民も含まれているよおなので、店のオババに
「記念にσ(*_*)の名刺も貼ってもよいか」と聞くと、アッサリ了解して「空いてる所、どこでも良いよ」

 空いてる所ってぇ・・・と、船舶用時計が有る場所に少し空間が有りました。

 なんで船舶用時計かと、わかったと言うと、無線関係で「沈黙時間」というのが有り、その時間は通常の無線交信をせず、発信して良いのは遭難信号の交信だけなのです。
石細工、小豆島歩き遍路
 その時間が、毎時の15分・45分の3分間で、時計にその3分間が赤の扇形で示されており、全ての船舶が沈黙します。

 今は、もう無線とは縁の無い世界に居るので詳しくはわかりまへんが、モールス信号が使われ無くなり法改正で、この「沈黙時間」は無くなったらしい。

 画鋲を探したが無いので、そこらのを適当に取り外そうかと思って聞くと、わざわざ持って来てくれました。
「清水」の分かれ道、小豆島歩き遍路
 名刺を見ると、ボート関係の人達の名刺が多いよおです。

 もし、この食堂へ行く機会が有りましたら、「笠と杖(「遍照の響き」)」をデザインした名刺が貼ってありますので探してね。

 もっとも、ジャマになって取り外されてるかもしれまへんが・・・・(^O^)。

城崩れ供養塔

 食事をして「安養寺」へ向かって歩くと、さすが「石の島」。
城崩れ供養塔、小豆島歩き遍路
 カエルやらネコやらの石細工が、道路端まで出してる石屋さんがあります。

 「清水」のバス停付近より旧道に入り、歩いてると道端に堂と立て看板がありました。

 「日方札場の地蔵」と、もう一つ、かなり日焼けして読みにくくなった看板「城崩れ供養塚」と書いてある。

小豆島歩き遍路 説明文を読んでみると、南北朝時代に愛人を奪い取って、それが原因で戦が有ったらしい。

 杖に顎を載せて読んでた越後屋が
 
「なんだぁ・・愛人を奪ったのが原因かぁ。
 そんなために合戦で死ぬのもアホらしいねぇ」


 
「そおだわなぁ。
 家来にしてみれば、何の関係も無い三角関係のモツレじゃからなぁ。
 こんな事で死ぬなんて、ワガママな主人を持っちまったなぁ・・とモンク垂れていたと思う。」

安養寺

 24番「安養寺」は畑の中に有る感じです。

  24番「安養寺」、小豆島歩き遍路  24番「安養寺」山門、小豆島歩き遍路  小豆島 安養寺

 山門を入る前から、数匹の犬の鳴き声がするので、あぁ・・ここが下調べの時に書いてあった、犬が一杯いるウワサの寺かぁ。

 先に行ってた越後屋が
「どうする?」という顔して、立ち止まって待ってます。
24番「安養寺」の犬、小豆島歩き遍路
 
「お前、犬が好きなんじゃろ。行けっ!!」と言って、無理矢理、先に行かせました。

 そりゃあぁ、そおだわ・・・σ(*_*)噛み付かれたらイヤじゃもん。

 境内に入ると、まぁ居るわ居るわ・・あちこちに・・しかも一斉に吠えて、歓迎してくれます。

 10匹くらいは居るのだろか、ちなみに全部鎖で繋いであるので安心です。
 ヤカマシイけど・・

24番「安養寺」大師堂、小豆島歩き遍路 よっしゃあぁぁ・・ここは吠えてる犬を、尺八で黙らせられるか。
 腕の試し所じゃなぁ。

 静かに吹き始めると、今まで吠えてた犬が徐々に静まり・・
 オスワリして、頭を垂れ始め・・・

 中には鼻水をすすり、目には涙さえ浮かべて合掌している犬が・・・
 そんな犬が居るワケないわなぁ・・・・・。(^O^)ダハハ・・

 大師堂に居る白犬だけが熱心に最後まで吠え続け、他の犬は飽きたのかそのうち鳴き止みました。

 参拝が終わり尺八の手入れをし始めると、山門近くの小屋に居る犬だけが吠え始めます。

24番「安養寺」境内、小豆島歩き遍路 見ていると縁の下に潜り込んでから、吠えるのが好きなようで、この犬が一番臆病らしい。

 こらっ・・・他の犬を見習って、堂々と外へ出てきてから吠えてみろ。

 「弱い犬ほど、良く吠える」という言葉が有るが、少しは恥ずかしいと思え。

 しかし「生類憐れみの令」を今も固く守って、参拝者が来るたびに毎回吠えていたら近所の人も迷惑だろなぁ。

 24番「安養寺」境内、小豆島歩き遍路 24番「安養寺」境内、小豆島歩き遍路 24番「安養寺」境内、小豆島歩き遍路

 尺八の手入れをしている時に、住職が庭木の手入れをし始めたので聞いてみると
「だれかが置いて行ったりして、カワイソーなので捨てるわけにもいかない」との事らしい。
24番「安養寺」庭、小豆島歩き遍路
 ううむうぅぅ・・そおなると、住職さんの趣味で飼ってるわけではなく、犬を置いて行ったり捨てて行く不届者が悪いんだなぁ。

 気持ちはわかるが、不妊手術をするとか何とかしないと、そのうち10匹が100匹になるかもしれんまへんでぇ。

 山門前に居た犬は、来た時には吠えてたクセに、帰りに頭を撫でてやるとシッポ振っていた。

 良く見れば、カシコそうな犬だ。

 寺を出て次の「誓願寺庵」へ行く道がわからず、畑で仕事してたオバハンに聞くと、寺の塀に沿って行くのだと教えてくれました。

 24番「安養寺」犬、小豆島歩き遍路  24番「安養寺」山門の犬、小豆島歩き遍路  24番「安養寺」、小豆島歩き遍路

 小豆島歩き遍路、前へ  小豆島歩き遍路、目次へ   小豆島歩き遍路、次へ     遍照の響きホームヘ
    小豆島88箇所歩き遍路

   遍路・巡礼用具     小豆島の宿泊施設     小豆島関連書籍    

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲     虚無僧寺訪問    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

小豆島歩き遍路ライン

    無