HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 52 伊喜末

   小豆島歩き遍路 小豆島 伊喜末 遍照の響き
     小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−3
  遍路日 2011.12.12   掲載日 2013.1.31
小豆島歩き遍路ライン

旭日旗

67番「瑞雲堂」

 67番「瑞雲堂」へ、小豆島歩き遍路 67番「瑞雲堂」へ、小豆島歩き遍路 67番「瑞雲堂」、小豆島歩き遍路

 「小江」集落の海岸通りを、食堂かコンビニでも無いかなぁ・・と思いながら車道を歩きましたが、やっぱり店さえも発見できなかった。67番「瑞雲堂」ネコ、小豆島歩き遍路

 車道沿いだから、ヒョットして・・という期待感が有ったのですが、この先にも店は無いだろおと思い、67番「瑞雲堂」へ行くため狭い旧道へ入りました。

 三叉路の道に「瑞雲堂」「末林寺」の標識看板が有ったので、取り合えず「瑞雲堂」で持ってきた、非常食の「おでんパック」を食べて昼飯にする事にした。小豆島 瑞雲堂

 けっこう長い坂道の高台にポツンと67番「瑞雲堂」が有り、その道路端でネコが2匹ジイ〜ッと日向ぼっこをしています。

 近寄っても動かなかったので、ひょっとしたらヌイグルミのネコかな?と思って、デジカメで撮ったら、やっと動いて逃げて行きます。

 高台に堂があるので「伊喜末」集落が、よぉ〜見えますなぁ。67番「瑞雲堂」、小豆島歩き遍路

 遠くの屋根の中に、旭日旗が翻ってます。

 そおいえば下調べの時にも、そんな事が書いてあったなぁ。
 元海軍関係の家の人だろか?

 最近は、祭日に日章旗を掲げる家さえも少なくなって来ているのに、何を意図して旭日旗を掲げるのかわからんが、毎日タイヘンでっしゃろなぁ。67番「瑞雲堂」旭日旗が見える、小豆島歩き遍路

 やっぱり毎朝8時に掲揚して、日没時をもって降下するのかな?

 コンジョ有ると思う。
 

68番「松林寺」68番「松林寺」、小豆島歩き遍路

 次の68番「松林寺」へは車道をテクテク歩いてると「四海小学校」近くに出て、寺へ行きましたが正門は別に有り、どおやら裏口入門したようだ。68番「松林寺」裏門、小豆島歩き遍路

 大きい寺で、本堂前の庭には白砂で形が造ってあります。

 同じ形かと思ったら、良く見ると堂に向かって左側は円で、右側は四角でした。

 これは、何か意味が有るのでしょうか?・・それとも造形美?

  68番「松林寺」、小豆島歩き遍路    68番「松林寺」、小豆島歩き遍路    68番「松林寺」、小豆島歩き遍路

 堂内にはテーブルの上に、お茶等の接待が置いてあったので、参拝後、久々に熱いインスタントコーヒーを飲んだが、何日ぶりだろおか。

 出発する時、納札に「御馳走になりました」と一筆お礼を書いて、テーブル上に置いときましたが、こおいうのは最低限の礼儀じゃろうからな。

 68番「松林寺」、小豆島歩き遍路  68番「松林寺」堂内、小豆島歩き遍路  小豆島 松林寺

66番 等空庵小豆島 旭日旗

 「松林寺」を出て、わからんなりに歩くと、旭日旗の有る家の前に出ました。

 さぞかし海軍関係の人なので、家の周囲もキッチリしてるだろおと思ってたのですが、どうもそのような様子でもなさそうです。

 付近の建物に落書きがしてあり、自分で書いたのか・・
 それとも、だれかにイタズラ書きされたのか・・・66番「等空庵」へ、小豆島歩き遍路
 あんまり品が良くない。

 先程までは海軍関係の立派なコンジョ有る人かなぁ・・と思ってたが、それを見た時、できればお友達になりたくないなぁ・・という気になった。

 「スマートで、目先が利いて几帳面 負けず魂、これぞ船乗り」という言葉が有ります。小豆島 等空庵

 船乗り関係の人だったら、このようなイタズラ書き?されたら、すぐに補修して塗り直すか、見良くすると思う。

 あんまり「スマート」でも「几帳面」でも無く、むしろ「だらしなく」「ズボラ」・・というような気がするが・・・ごめんね。

 狭い旧道を歩き、疲れたなぁ・・と思ってると道端の広場になってる所に66番「等空庵」が有りました。66番「等空庵」、小豆島歩き遍路

 一見、バスの待合室風・・という感じで、あんまりお堂という感じがしない。

 それでも明け開きの堂内にはベンチが有り、そこに女性用の日差し帽が置き忘れられていました。

YASUKE PARK高潮被害水位、小豆島歩き遍路

 「等空庵」出て歩いてると、電柱に赤い線が書いてあり「2004年8月 高潮被害」がここまで有ったらしい。

 先をを歩いてた越後屋が、畑仕事をしている夫婦連れと何か話してます。

 後で聞いてみると
「歩いてたら、お遍路さあぁ〜ん、「等空庵」は通り過ぎてるよぉ〜」と、わざわざ教えてくれたらしい。
小豆島歩き遍路
 そおじゃろなぁ、このコースは「土庄」側から来るのが普通だもんなぁ。

 「笠ケ滝」の時間制限が有るために、σ(*_*)らは逆打ちコースにしちゃったんだから。

 それにしても、こおやってわざわざ声を掛けて注意してくれるのは、ありがたい事です・・ナモナモ・・
小豆島歩き遍路
 海岸沿いの車道をテクテク歩いてると、木の根本に布袋さんが置いてあります。

 へえぇぇ・・・良く作ってあるなぁ・・と思って、付近の看板を見ると「YASUKE PARK」の看板がありました。

 「自由にお使いください」と書いてありますが、道から外れるため行きませんでした。

 「YASUKE PARK」、小豆島歩き遍路  「YASUKE PARK」、小豆島歩き遍路  小豆島 YASUKE PARK

信心深いオババ

 「土庄」の「本覚寺」付近まで来ると、車道の反対側に居るオババが、σ(*_*)の姿をジイ〜ッと見て、何かを訴えたそうな顔してます。

 どおした、オババ・・σ(*_*)の姿に惚れたのか?

 目が会ったので黙礼すると、バサマが車道の真ん中まで出て来て、合掌しながら
「ありがとうございます、ありがとうございます・・」と言い始めました。

 えっ?・・・はっ?・・何?・・・

 σ(*_*)は見知らぬバサマに「ありがた」がられるほどの事は、なあぁ〜もしとらんと思ったけど・・

 それとも、拝まれるほど後光がさしてるような、凛々しい立派な姿をしてるんじゃろか?

 小汚い、よれよれの作務衣を着てるけど・・

 それはそれとして、車道の真ん中に立ち止まって合掌して拝み始めたもんだから、車の通行のジャマになるだろおし、車に轢かれたらアカンので、バサマの所まで行き背中を押して、とにかく道端に寄せました。「土庄」、小豆島歩き遍路

 それでも
「ありがとうございます・・」とブツブツ言い「お若いのに、巡っていらっしゃるのですか・・」

 うむうぅ・・確かに年齢はバサマより20才ほど若いので、若いと言えば、若いわなぁ。

 
「私は独り身ですので、よろしければ家に、お泊まり頂いても良いのですが・・」

 うむうぅ・・バサマがせめて今より30才ほど若かったら、むしろ、こちらからお願いしたかもしれんが・・
 
「いえ、予定がありますので・・」と断り、お互い合掌して別れました。

 振り返ると、後ろから来る越後屋にも話をしていた。

 信心深い人が、まだ居るんですねぇ。
 後で思ったのだが納札をあげたら、バサマが喜んだかもしれん。

 小豆島歩き遍路、前へ 小豆島歩き遍路、目次へ   小豆島歩き遍路、次へ      遍照の響きホームヘ
        小豆島歩き遍路

   遍路・巡礼用具     小豆島の宿泊施設   小豆島関連書籍    

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲     虚無僧寺訪問    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

小豆島歩き遍路ライン

    無