HOME > 安房國札34観音(千葉・房総)目次 > 2  百尺観音

  「安房国札34観音霊場」紀行文      千葉 鋸山      遍照の響き
      安房國札34観音地図−1 「鋸山」「富山」 付近
      2012.5.13巡礼    2013.2.13 掲載

日本寺の百尺観音

展望台

 日本寺「展望台」付近まで上がると完全に膝が痛くなり、脚の痛さは四国以来だろうなぁ。

 寺境内なので軽い気持ちで、適当なハイキングコースかと思ったが認識が甘かった。日本寺・展望台、「安房国札34観音霊場」紀行文

 それに引き替え越後屋は、それほど痛くないらしい。

 普段、家事なので動いており、σ(*_*)なんて家であんまり動かなかったもん。

 展望台からの眺めは、さすがに遠くまで見えて高い山に登った感じがします。

 そりゃあぁ〜・・ロープウェイが有るのも、わかりました。

         日本寺・展望台より、「安房国札34観音霊場」紀行文
 日本寺・展望台より、「安房国札34観音霊場」紀行文    日本寺・展望台より、「安房国札34観音霊場」紀行文

百尺観音日本寺・百尺観音へ、「安房国札34観音霊場」紀行文

 「百尺観音」へ行く途中の崖のような所は、七輪等を作るため石を切り出して、このような形になったと駐車場のトッツアンが教えてくれてました。

 百尺観音は、思ってたよりも大きい。

 日本寺の下山口管理所から出る時、トッツアンに軽く挨拶すると
「尺八を吹いてる人かね?」と聞きます。

 あれっ?・・・σ(*_*)って、そんなに尺八の有名人だったの?・・デヘヘヘ・・照れるなぁ。日本寺・百尺観音、「安房国札34観音霊場」紀行文

 
「どうして、わかったんですか?」
 
「朝礼の時に、そのような報告が有った。」

 あらっ・・先程居た駐車場のトッツアンが言ったのね。

 そいでもって、やっぱり企業なのか、朝のミーティングが有るよおですなぁ。

尺八吹奏

 「百尺観音の所で、尺八を吹いて行かんかね。日本寺・百尺観音、「安房国札34観音霊場」紀行文
 響きが良いぞぉ。

 今までも何人か、太鼓とかビイ〜ン・・と音がする楽器をならして行った人がいるよ。」


 へえぇぇ・・、そおなのかぁ・・音楽家の人達も、ここで演奏して行ったのなら、試しにやってみようかなぁ・・足が痛くてホントは立ってるのも、つらいんだが・・

 観音さんの賽銭箱の前へ行き、なんせ足が痛いもんだから、早目に終わらせようと短い曲の「本調」吹いてみると、トッツアンの言うとおり響きが良かった。

 ふうむ・・人の話は聞いてみるものだなぁ。千葉 日本寺 百尺観音
 思った以上に響きが良かったので、続けて「阿字観」も吹いみた。

 吹き終わって振り返ると、登山客3人が後ろの方で聞いていました。

 トッツアンの所へ戻ると、賽銭箱の前よりも広場の中央で演奏した方が、音が反射して響きが良いらしい。

 ここで再び、ふうむぅ・・・そおかもしれん。

 パラボナアンテナと同じ原理で、百尺観音の背面をアンテナの形とすれば、その焦点付近で演奏した方が良かったのかもしれない。

 よぉ〜知ってるなぁ・・と思って聞くと、

 
「以前に外人さんが、そこの中央で太鼓を叩いてた。

 外人さんは、こおいうのに慣れているのか、気がおもむくままやっていた。
 観光客が外人さんを取り囲んで拍手喝采だった事がある。」鋸山 地獄のぞき

 おぉぉ・・・音楽の原点ですなぁ・・気が向いた所で、好きなように演奏するなんて・・さすが世界を飛び回ってる(と思う、だれだか知らん)音楽家だ。

 演奏する場所も、どの付近が良いか、ちゃんと計算したのか自然に身に付いたのか・・・。

 σ(*_*)なんか、賽銭箱の前で吹く事が、当たり前の習慣となっちまっており、そんな事を思いもしなかったもんなぁ。
 少しは、見習わなくっちゃあぁ・・・・

日本寺裏参道にて

 礼を言って裏参道を降りると、これまた半端な道でなく、石階段が続いてヒザが痛かった。日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文

 こりゃあぁ・・登って来る人は、もっとキツイでっしゃろなぁ。

 途中、石切場の看板が有ったので、そこへ行ってみようとしたら、途中でオバハン2人が下りて来ました。

 聞けば麓から登って来たが道を間違ったらしく、いつまでも百尺観音に着かないので引き返して来たらしい。

 たぶん、石切場の看板箇所で間違ったのだと思い、足も痛いので石切場を見るのをヤンピして、一緒に下りて道を教えてあげました。日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文

 確かにT字路になっているが、看板をよく見ればわかると思うがなぁ・・・

 登山客は思った以上に多く、犬を連れてる人も2人おり、犬もワガママな飼い主を持つと、無理矢理山へ連れてこられてタイヘンですなぁ。

 日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文  日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文  日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文

 途中の展望台から、富士の頂部が白く霞んで見えました。

     日本寺・裏参道・富士山が見えた、「安房国札34観音霊場」紀行文    富士山

ふたりかい

 日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文  日本寺・裏参道、「安房国札34観音霊場」紀行文  日本寺・浜金谷駅へ、「安房国札34観音霊場」紀行文

 浜金谷駅へ向かって足を引きづりながら歩いてると、町の道端に道標なのか何なのか、わからん変わった石標らしいのが有り、根本の小さいプレートには「ふたりかい」と書いてあります。日本寺・浜金谷駅へ・ふたつかい、「安房国札34観音霊場」紀行文

 まぁ・・・貝の形だと思えば、思えん事もないが、道標だったら珍しいでんなぁ。

 カワイソーな二人が駆け落ちして、せめてあの世で貝のように一緒になれるようにと言う伝説でも有るのでしょうか?

浜金谷駅

 浜金谷駅には、汽車から降りてこれから日本寺へ登山するらしい若い娘グループが居て、「キャピ・キャピ・・」と笑いながら話してます。浜金谷駅

 ええですなあ・・青春ですなぁ。(^O^)

 昼頃なので食堂に入り、やっぱり千葉に来たからには、何か魚料理を・・と思い「アジタタキ定食」を注文しました。

 しかし、値段の割には量的に、あんまりパッとしまへんなぁ。

 思わず、これだけ?・・と店の人の顔を見ながら、あやうく言いかけた。日本寺・アジのたたき定食、「安房国札34観音霊場」紀行文

 第一・・小アジが一匹分程度しかタタキになってなく、食べてみると小骨も有ったでぇ。

 これで1100円とは、ちと高くないかい? オヤブン・・・。

  「安房国札34観音霊場」紀行文、前へ 安房国札34観音霊場」紀行文、目次へ  安房国札34観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
   「安房国札34観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無