HOME > 安房國札34観音(千葉・房総)目次 > 6 五 月

 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文   五月 ツバメ 巣 遍照の響き
       安房國札34観音地図−1 「鋸山」「富山」 付近
       2012.5.14 巡礼      2013.2.18 掲載

マラソン夫婦と真福寺

マラソン夫婦

 滝本堂の麓付近で「愛彩宮」と会ったマラソン夫婦が走ってたので、自転車を止めて聞いてみると、「千枚田」の方を走って来たそうです。マラソン夫婦、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 σ(*_*)らは行かなかったけれど、滝本堂付近に「千枚田」が有って有名らしい。

 ゆるやかな坂道で自転車を押し歩いたりしてたら、マラソン夫婦が追いついて来ました。

 マラソン夫婦も、全部を一生懸命に走ってるわけでなく、途中で適当に走るのを止めて歩いたりしており、無理の無いマラソンのよおです。自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 「奥畑」の神社境内で一休み。

 横根峠も看板が無く、町の境界看板のみ。

 気分良く坂道を下り、マラソン夫婦を追い越し際に「チリン・チリン・・」と鳴らして手を振って別れ、一期一会ですねぇ。

      奥畑 住吉大明神        自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

9番「真福寺」へ

  「鋸南保田」ICが見えるバス停近くのガードレールに「真福寺」の入り口看板が有りました。真福寺へ、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 しかし、その矢印が今来た方向を示してます。

 越後屋が
「わあぁ〜・・通り過ぎてしまってる。先程に見えた寺じゃないの?・・ギャアァ・ギャアァ・・・」あわて、ふためく越後屋を叱りつけ「ええいぃぃ・・落ち着け・・・。」

 看板を良く見ると折れており、方向を無視して適当にガードレールに取り付けたようです。

 まぁ・・取り付けてくれるのは良いが、もおチツト方向を考えて取り付けてくれたらなぁ。鶴ケ浜八幡神社

 ちなみに帰る時に、正しい方向へ縛り直しておきました。

 農道のような道を行くと、すぐに二手に道が別れています。

 埼ほどの看板の事もあるから、どちらへ行こうかと迷ったが、勘で本筋らしい道を行くと川へ出たので川に沿って進み神社横に出ました。

 町指定の何か文化財が有るらしく看板が有ったが、時間が無いので見ずに橋を渡りました。真福寺へ、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 そこからが、これまたひどい急坂で、今回で一番の急坂だったかもしれん。

 あまりにもキツク、自転車を押して一歩進むのもやっとなので、途中で自転車を置いて坂道を歩いて上がりました。

9番「真福寺」

 やがて広場が有り、雑草も程良く茂っている所が「真福寺」でした。

 真福寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文      真福寺・階段、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文      真福寺 板石塔婆 

 階段登り口に書いてあった「板石塔婆」つうのは、二つに折れたので、セメントでくっつけて埋め込んでるようです。真福寺・石仏、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 入口の石仏は、ダルマさんを抱いてアヤしており、珍しいでんなぁ。

 女房・子供に逃げられたダンナが、唯一残されたダルマさんを我が子と思い抱きしめながら、毎日、反省努力している・・・というような、カワイソーな云われでも有るのでしょうか。

 堂内には入れましたが、厨子壇の中には本尊さんが居なくカラッポで蓮の台座だけです。真福寺・境内、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 どこかへ出張されているのか・・・

 それとも対馬の寺から仏像を盗み、自分の物だと言いはって返さない、かの国の人がカッパラッて行ったのか・・・・・

 精巧な彫刻や天井絵も有り、昔はかなり勢力が有った寺だと思う。

安房国札34観音 真福寺 真福寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 真福寺・天井絵、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

番外「観音寺」

 県道脇に「観音寺」の看板が出ており、ホントは、それを見る寸前に人に聞こうと思ってたところだった。観音寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 寺はアッサリしており、特に感激するような物も無い。

 本日は、ここまで・・・

 あっ・・一番上の写真は、この後、日帰り温泉に行った時の「ツバメ」の赤ちゃんです。

 安房国札34観音 番外 観音寺  観音寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文  観音寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、次へ     遍照の響きホームヘ
自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無