HOME > 安房國札34観音(千葉・房総)目次 > 8 石 堂

  自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文       千葉 房総 石堂寺     遍照の響き
         安房國札34観音地図−2 「三芳」「富浦」「館山」 付近
         2012.5.17 巡礼     2013.2.22 掲載

病み上がり自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

石堂寺へ

念仏石碑

 「高照寺」から「石堂寺」へ向かって走り続け、自転車を漕ぐのに山中だからキツイかなぁ・・と思ってたが、そんなにキツイ道ではありません。石碑、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 道端の切り通しに階段があり、何か?と思って見ると、頭が無くなった地蔵さんと大きな石板が置いてあります。石碑、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 上の方には、達筆な「くずし字」で、下の方には坊さんが拝んでいる線彫がしてあります。

 無理して読み砕いてみると、「大井村 朝夕念仏唱故 人呼念仏 元禄・・大正十?年 小澤たき」と言うような事が書いて有ります。

 たぶん、念仏を朝夕唱えていた信心深い人が居て、村の衆から「念仏の何とかさん」と呼ばれてた人が居たのじゃないかな?

 で・・坊さんと思ったのは、その「何とかさん」かもしれない。

小魚

  山中の静かな道を走ってると、赤い鉄橋が緑に映えて、なかなかシブイ感じですねぇ。

 道路際には、石仏が所々に有り、昔は旧道の道筋だった事を偲ばせます。

 三ツ塚橋、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 石仏、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 小魚、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 「川谷」付近で川に沿って走ると、小魚が泳いでのが見えます。石仏、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 昔は、普通に見れたのですが、今時は川で魚が泳いでる姿なんて、なかなか見れまへんでぇ。

 小魚を見ていると、チッコイ亀まで1匹泳いでいます。

20番「石堂寺」

 「石堂寺」は道路際に有り、最初は鳥居が立ってるので神社かと思い、その付近を探し回る所でした。
 石堂寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文   石堂寺・山門、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文   石堂寺・仁王、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 山門脇に杖が置いてありましたが、たいした事無いだろお・・と思って入ったら、階段がキツカった。(一番上の写真)石堂寺・二重の塔、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 思った以上に大きい寺で、茅葺きの薬師堂を持っており、ここで昼飯としてコンビニで買ったオニギリを食べました。

 「波の居八」の彫刻が有るらしいが、寺の人に聞くと通夜をやるので見れないと言う。石堂寺・薬師堂、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 それでも、納経所のガラス戸越しに、それらしい欄間が見えました。

 たぶんそれだと思うが、実際に見みたかったなぁ・・・残念。

  安房国札34観音 石堂寺  石堂寺・本堂、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文石堂寺・境内、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 

21番「智光寺」

 この辺でないかなぁ・・と思って「智光寺」を人に聞くと、すぐ近くでタンボの中にポツンと山門が立ってます。

 石仏、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文    自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文    智光寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文
 智光寺・山門、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文      智光寺・仁王、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文      智光寺・参道、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 この山門は寺と、ずいぶん離れており、遠くから見た時には作業小屋かと失礼な見間違いしたでぇ。智光寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 仁王さんもガンバツており、腰のヒネリ具合が何とも言えん味わいが有る。

 草が茂っており、少々荒れた感じがしないでもない。

 「智光寺」を参拝後、山門近くの店で冷たい物を買って飲んでると、亭主が顔を出して話しかけてきました。安房国札34観音 智光寺

 いつもならば、大いに乗り気になって話すのだが、今日は病み上がりで疲れており、あんまり話したくない。

 亭主が背負ってる野球バット入れを見て
 
「それ、カメラの三脚でっか?」智光寺・天井絵、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文
 
「尺八です。」

 
「へえぇぇ、わしも尺八やってるんだ。
 民謡の方だけどね。」


 ここで亭主が尺八自慢をして2・3本持って来て見せるとか、寺で吹く一曲を所望されたら話は大展開するのだが、なんせ疲れと病み上がりの身なもんで、長話はしたくなく尺八に関する話も意識して余りしませんでした。

 まだ先の行程が残ってるしぃ・・・・
 体調が良かったら、喜んで尺八の話しをしたのだがなぁ。智光寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 亭主は尺八自慢の代わりに、今度は智光寺に奉納した提灯のアルバム写真見せて自慢します。

 話しを合わせて
「すごいでんなぁ・・」と言ったが、信心が足りないのと病み上がりなもんで、提灯なんか、ホントはどおでも良かった・・すんまへん。
 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
  「安房国札34観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無