HOME > 安房國札34観音(千葉・房総)目次 > 9 云われ

  自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文  安房国札34観音 新御堂  遍照の響き
      安房國札34観音地図−2 「三芳」「富浦」「館山」 付近
      2012.5.17 巡礼     2013.2.23 掲載

云われ

24番「延命寺」

 里見家と関係の有る、由緒正しい寺らしいが、あんまりパッとした面白い物がない。

 いえね・・寺は大きく立派なんですがね・・ただ、それだけなんです。

 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文  延命寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文  延命寺・山門、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文
 延命寺・本堂、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文  江命寺・彫刻、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 境内敷地内には、天然記念物「ビャクシン」という木があります。延命寺・ビャクシン、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 たぶん木のネジレ具合が、何とも言えんくらい良いのでは・・・と愚考する。

 観音堂は本堂と別の所に有り、そこに手をかざして遠くを眺めてる珍しい石仏が有るなぁ・・と思ったら、下に踏んづけられながら頬杖してる子供まで居ました。

 あっ・・これはアマノジャクを懲らしめている石仏だったのね。
 σ(*_*)は、子供が遊んでるのかと思った。

延命寺・石仏、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 安房国札34観音 延命寺 延命寺・彫刻、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

23番「宝珠院」宝珠院、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 「宝珠院」へ行く時、先に自転車を漕いでた越後屋が黙って道を曲がって走り去って行きました。

 あらら・・どこへ行くの?・・置いてかないでぇ・・と思ったら、そこに寺の入口看板が有りました。宝珠院、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 ワタシャ近眼で看板が見えなかったもんだから、ついつい・・日頃の行いからコンジョナシなモンで愛想つかされちまい、置き去りに捨てられ、逃げられちゃったのかと思ったでぇ。

 捨てないでね・・・愛してるから・・(心がこもってないけど)

 堂は古びていて良いのだが、周囲の草地空間が広すぎる。

      安房国札34観音 宝珠院            宝珠院、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文                 宝珠院・彫刻、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

2番「新御堂」

 「新御堂」の場所は、地図でだいたいの場所はわかりますが、正確な場所はわかりません。

 「宝珠院」からは越後屋に捨て逃げされる事もなく一緒に出て、橋近くの店のオババに「新御堂」の場所を聞きました。

 店のオババは
「神社が有るので、それを右だとか・・左だとか・・」と言ってたたような気がしたので行ってみるとT字路付近には確かに神社が有った。

 地図では「蔵敷」集落内を突っ切るように破線の道が掲載されおり、行ってみると「行き止まり」のような感じです。

 引き返して元のT字路付近で、庭の手入れをしているトッツアンに聞くと
「昔からここに住んでないのでわからん。集落に入って聞いた方が良い。」

 しかし神社前の道は、集落の中に入るというよりも、集落の外側に沿って道が有る感じです。亀ケ原八幡神社

 まぁ、いいか・・・と思ってその道を行くと、そのうち「亀ケ原八幡神社」前に出ました。

 神社付近に、だれか居ないかと思って付近を見渡すと、その近くに堂と思えばそれらしい物がある。(一番上の写真)

 近くで畑仕事しているジイヤが居たので聞いてみると、それが「新御堂」でした。
新御堂、、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文
 そこで礼を言って別れるつもりだったが、ジイヤはしっかりと自転車を引き留め・・・

 
「ワシは檀家でも何でもないが、遠くから来られたので、この寺の云われを話してあげよう。」

 ほほう・・どんな、カワイソーな話なんじゃろう・・
安房国札34観音 新御堂
 
「今は堂がここに在るが、昔は山の中腹に有った。
 トシヨリも多くなったので、ここに堂を移したのじゃ。」


 まあ・・よお〜有る話だわなぁ。

 さらに話が、どんなオトロシイ、カワイソーな話に発展するかと思い、ワクワクと期待して聞いてると、どおでも良い畑の話に発展しちゃい・・・あちゃあぁぁ〜・・・

 
「畑では・・・年貢が・・・ブツブツ・・・」 

 適当に相槌を打ちながら、いつ話が終わるかなぁ・・と心配し始めてると、ちょうどジイヤの家族が迎えに来てくれて・・・助かったあぁぁ・・・。

 堂には、土地所有移動の「公示」が貼ってあり、ジイヤが言ってたのはこの事だろう。
新御堂、、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文
 知らない人がこの「公示」を見れば、寺でモメ事が有って売り飛ばされちゃい、問題になっとるのか・・と思うかもしれん。

 す・・すみません・・・題名の「云われ」は、これだけのツマラン話です。

 参拝後、車道に出る所に「新御堂」の標識が有りました。

 車で来る人は、わかるかもしれんが、σ(*_*)のように狭い道を通って来る者には、わからんかったでぇ。

 「新御堂」への目印は、「亀ケ原八幡神社」へ目指して行けば、その隣に有ります。

 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
   「安房国札34観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無