HOME > 安房國札34観音(千葉・房総)目次 > 14 千 倉

 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文     安房国札34観音 千倉 真野寺     遍照の響き
         安房國札34観音地図−3 「千倉」「白浜」「館山」 付近
         2012.5.19 巡礼     2013.3.1 掲載

手力雄神社と真野寺の龍

手力雄神社

 7時半頃、九重駅を出発して「手力雄神社」へ・・「大井」付近、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 この付近から「大井」集落に入ると思った所で、農トラに乗ったジサマに道を聞くと、すぐそこの道を教えてくれました。

 道の入り口には、看板が立っていますが「恵比寿神社」となってます。

 ネットで下調べをした時に2つ神社が有るので間違わないように・・と書いてあり、行く途中にその間違ったらアカン「恵比寿神社」が有ります。

 その前を通り過ぎ、かなり行った村外れの所に「手力雄神社」が有りました。手力雄神社、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 この「手力雄神社」は、どこにでも有るそこらの何とか神社とは違って、それ以前のズウ〜ッ・・・と昔から有る由緒正しい古い神社らしいです。

 神社の名前からして、天照大神の神話に出てくる「天の岩戸」を取っ払った功労神ですからなぁ。

 ただ・・この神社はあんまり知られていなく、有名では無いよおですが・・・

 ネットに書いてあった通り、静かなる神域という感じがしました。

     手力雄神社        手力雄神社、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

25番「真野寺」

旧道

  「手力雄神社」前の山道を行けば「真野寺」へ行けると思い、民家の間の細い道を行くと、道が途中で無くなっており・・・ゲッ!!・・・

 神社前の家まで戻り、先ほどから犬が吠えている民家に遠慮しながら案内を乞うと、ますます盛んに吠え始めやがった。

 やがて犬が吠えてるのに気づいて、家の中からトッツアンが出てきました。

 「真野寺」への道を聞くと、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 
「確かに上がって行く山道は旧道だったが、今ではだれも通らないので、通れなくなってるだろ。

 真野寺へは、家の前でY字になっているコンクリ道を行き、トンネルを通って右だ。」
と親切に教えてくれました。

 すんまへんねぇ・・犬をヤカマシク吠えさせたにもかかわらず、親切に教えて頂いて・・

 林道のような道を自転車を押して上がったが、思ったよりも短い距離で、トッツアンが教えてくれたトンネルに着きました。

真野寺

 今度はブレーキを「キーコラ・・」言わせながら下り、幅広の道路を右に行くと、すぐに「真野寺」でした。

 まず目についたのが、長い階段・・・ゲッ!!・・・・。

 真野寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 安房国札34観音 真野寺 真野寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 観音堂内の正面には龍の彫り物があります。

 ほほおぉぉぉ・・・なかなかの作品じゃのおぅ・・・と思って、帰ってから調べると「波の伊八」の作品らしい。

 どおりでなぁ・・・・たいしたモンだわぁ。
     真野寺 波の伊八
 静かに留まっている龍の彫刻が多いのに、この龍はいかにも動きが現在進行中・・・と思わせるせます。 

27番「住吉寺」自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

魔除け

 「真野寺」を出て、「本郷」へ向かう途中トンネルを抜けた付近で、道端の柱にゴミがぶら下げてあります。

 何で、こんな所にゴミを引っ掛けておくんか?・・と思って良く見ると、竹と藁細工で何かの形を作ったようですねぇ。魔除け、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 上が頭としたら、下の膨らみ具合から鳥かな?(左の写真参照)

 村へ悪霊が入らないような、何かオトロシイ呪い的云われが有る物でしょうか?・・だれか知ってたら教えてね。

 広い車道を自転車漕いでると、草むらに「瘡神」の看板が・・・ここら付近は、何かわからん魔除けの物が一杯有るんですねぇ。魔除け、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 「瘡神」の看板と近くの木立には、アワビの殻が取り付けてあり、アワビで瘡神を退散できるのかな?

 これも、だれか知ってたら教えてね。
 なんせ、こんなの始めて見たもんでして・・・・・・

住吉寺

 「南千倉」付近で「住吉寺」への案内看板が出ていました。

 念のため、家の前に座ってたオババに聞くと
「今、ジイサンを呼ぶから」と言って、家の中に向かって、怒鳴り声でジサマを呼びます。

 あっ・・いえ、そんな怒鳴るような事までして頂かなくとも、「看板の通りで良い」と言ってくれれば済むのになぁ。

 家の中からも負けじとばかりに、同じような怒鳴り声で返事して出て来るジサマ。

 お互いに耳が遠いから、怒鳴り声で話しているのか・・・
 それとも、ケンカしていてホンマは仲が悪いのか・・

 なんか・・・尋ねたのが悪い気がしてきた。

 σ(*_*)らも、やがてトシとると、そんな風に怒鳴りあうのかなぁ。

 出てきたジサマが
「歩きか?」
 
「いえ、自転車です」

 看板方向とは違う方向を指して、
 
「そこの細い路地を入って行くと、自転車ならば通れる細い橋がある。
 畑が有るから寺の方向へ行けば良い。」


 教えられて絶対に近所の人しか通らないと思われる狭い路地を行き、ホンマに細い橋を渡ると畑地へ出ました。

 そこからは、なるほど寺の堂が見えます・・ただし、一つでなく、4つも・・

 どれが正解じゃろ?と、そこらに居た人に聞くと、一番右の堂がそれだと教えてくれました。

  住吉寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文    住吉寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文

 先を行ってた越後屋なんか、最初に有った左側の堂前でウロウロしており、こりゃあぁ・・・初めての人は、わからんじゃろなぁ。

 「住吉寺」境内には岩窪に入った石仏が有り「海中出現」の名札が置いてあります。住吉寺 海中出現

 ほほおぉぉ・・・荒波を真っ二つに裂き、無信心モン達を叱りつけるため海中より現れ出たのか・・・スゴイなぁ・・と思ってたが、帰ってからネットで調べると、沖で漁していた網に引っ掛かった石仏らしい。

 まぁ・・「海中出現」には、違いないわなぁ。

 境内にある堂が札所かと思ったら、入口付近に有る崖の上が札所の観音堂でした。

     住吉寺、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文          安房国札34観音 住吉寺

 参拝後、国道410号線へ出る時に、勘で別の細い道を通って行きましたが、国道からこの寺へ来る人は、道路入口がわからんと思う。

 そもそも、あのジサマ・バサマが怒鳴りあってた家付近に有った看板は、どの方向から寺へ来させようとしたのかも、よぉ〜わからん。

          住吉寺・彫刻、自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文 

 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「安房国札34観音霊場」紀行文、次へ     遍照の響きホームヘ
   「安房国札34観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無