HOME > 「津軽三十三観音霊場」紀行文 目次 > 1 初日


 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 尺八を携え巡った 津軽三十三観音霊場記 大光寺  遍照の響き
               津軽三十三観音霊場 地図−1 
       巡礼日 2012.7.23    掲載日 2013.3.26 


津軽独特の注連縄と納札

30番「大光寺慈照閣」(保食神社)

大光寺へ自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 車中泊した「道の駅ひろさき」より農道のような所を出発。

 順調に走り抜け、県道144号線は、出勤時間のためか車の通りが多い。

 県道から見える木が茂ってる所が「大光寺」だな・・と思い近道したら、犬に吠えられたので元の道へ戻りました。保食神社・大光寺、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 「保食神社」と同じ境内に札所「大光寺慈照閣」が有ると下調べしていたが、念のために畑仕事で立ち話をしているオババに聞くと、予想した通り方言がキツクで、よお〜わからん。

 それでも何とか話しが通じて、やっぱり境内と同じらしく
「(朝から)早いね」と言われた。

注連縄津軽33観音 保食神社 大光寺

 保食神社の鳥居には、縄暖簾のように編んだ飾り綱が張ってあり、今まで、あちこちの神社を見て来たが、こんな注連縄を見たのは始めてで、さすが津軽独特!!。(一番上の写真)

境内

 札所「大光寺」は、神社と同一境内に並んであります。

 境内に「皀莢(サイカチ)」の木の説明がしてあり、「果皮は石鹸の代用とされた」と書いてあったが知らんなぁ。

 保食神社・大光寺・慶大、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    保食神社・大光寺、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    保食神社・大光寺・サカイチの木、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

納札

 津軽33観音霊場独特の納札をぶら下げる所には、けっこう納札が下がっており、当然一番目立つような所に付けときました。(^O^)ワッハッハハッ・・・

 納札を見ると昨日来た人もいるようで、「津軽三十三観音霊場」巡りは思ったよりも盛んなようです。

    保食神社・大光寺、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文           保食神社・大光寺・納札、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

26番「法眼寺」

黒石市

 次の26番札所「法眼寺」へは、最近できたらしいバイパス道路を通って黒石市へ向かいました。

 黒石市内を通り、昔は主要道路だったので店も賑やかだったのでしょうが、今は寂れてる感じがします。

     黒石市付近、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文              黒石市付近、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

法眼寺

 法眼寺へ着くと、門からして茅葺きになっており、本堂はもっと大きい茅葺きです。
  法眼寺・門、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    津軽三十三観音 法願寺

 堂内に入れたので尺八参拝していると、寺の奥さんが電気を点けてくれ、一曲目は最後を失敗したので、もう一曲吹きました。

 この本堂内は、クーラーが有るわけでもないのに、7月なのにもんのすごく涼しく、天井の高い茅葺き構造だから涼しいのかな?・・寺内で、こんなに涼しい思いをしたの始めてでした。

  法眼寺・本堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  法眼寺・鐘楼台、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 法眼寺・本堂内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ              遍照の響きホームヘ
  「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無