HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 2 狛馬?

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    狛馬 津軽    遍照の響き
             津軽三十三観音霊場  地図−1
      巡礼日 2012.7.23      掲載日 2013.3.28

白山姫神社の狛馬

地蔵

 自転車で走ってると、道端に有る地蔵さんの縁日らしく旗が飾ってあります。

 どれどれ・・写真でも撮っておこうか・・と思って自転車を止めると、越後屋が地蔵、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 
「この付近の地蔵さんは、2体有るんだね。
 男女に分かれていて・・えっ?・・知らなかったの?
 さっきの寺にも地蔵さんが有って、そうなってたよ。」


 実は先ほどの札所「法眼寺」にも地蔵さんが有るのは遠目でわかってましたが、どうせ珍しくもない普通の地蔵さんか、六地蔵のタグイだろおと思って、見るのを省略してたんです。地蔵、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 しかし、2体有るとなると・・・道祖神のように仲良く一緒に彫ってあるんだろか?

 堂内の地蔵さんを拝見すると、普通の地蔵さんですが確かに2体あり、しかも服装から見るとジジ・ババに分かれてるように見えます。

 この先々にも地蔵堂が有り、中を確かめると全て2体有り、やっぱしジジ・ババの服装をしてました。

 津軽地方には、他には無い独特の地域宗教習慣が有る・・と地元の人から聞いた事がありますが、確かにこの地蔵さんの奉り方は独特ですなぁ。「豊岡」付近、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 でもって、この日が地蔵さんの祭日だったのか、それとも毎日なのかは、わかりまへんが、全ての地蔵堂には「日の丸」旗や色とりどりの「地蔵菩薩」幟が立ってました。

温湯温泉

 「温湯」温泉入口ゲートから町内へ入って行くと共同浴場「鶴の湯」が有り、鶴が飛んでる絵が描いてあります。

 付近の家に、コケシ形の提灯を軒下に有るのを見つけたので、おぉぉ・・青森と言えば「コケシ」だわなぁ・・コケシ屋さんかな・・と思いましたが、家の造りを見ると昔の旅館風で、今も営業してるのでしょうか?温湯温泉ゲート、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 夜、このコケシ提灯を点灯すれば、古い街並みなので情緒が有ると思いアイデア賞もんですねぇ。

 通り過ぎる時に「客舎」という看板が掛かっており、ここら付近の旅館・ホテルの事を「客舎」と言うらしい。

 ちなみに「温湯」という字を「おんゆ」と読むのかと思ってましたが、帰ってネットで調べてみると「ぬるゆ」と読むらしい。温湯温泉

 他の温泉街のようなケバケバしい派手さが無く、どちらかと言うと、むしろ寂れた地味な感じがしましたが、たぶん・・・ホンマモンを追求する温泉ツウの人には一度は来たい場所でしょう。

27番「袋観音堂」白山姫神社

鳥居

 浅瀬石川の橋を渡って、その付近に「白山姫神社」が有るはず・・と思ったら、越後屋が先に案内看板を見つけました。

       白山姫神社へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文           白山姫神社へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 赤い鳥居を潜ると、大きなイチョウの木の下で、草刈りをしたらしいジジ・ババが休んで座っており、老人会の勤労奉仕でしょうか。

 挨拶して袋観音堂の場所を聞くと、山の奥でけっこう距離が有るらしい。

 境内に「津軽33観音」の石碑が有り、その付近に小さい馬のマスコットが置いてあります。

 白山姫神社・鳥居、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   白山姫神社・鳥居境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    白山姫神社、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

狛馬

 農道を山方面へ行くと再び鳥居があり、近くに狛犬ではなく狛馬でした(一番上の写真)。

 白山姫神社・二つ目の鳥居、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  白山姫神社・参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  白山姫神社・「袋」集落を望む、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 さすが津軽独特・・・・「狛馬」と言うのか、どう言う名前なのかわからんが、始めて見たでぇ。(^O^)

 馬の頭付近に付ける手綱も、キチンとした紐の結び方(だと思う)で取り付けてあります。白山姫神社・参道の清水、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 ヨダレ掛けやら・・・鈴やら・・寒かろうと毛布?も掛けてあり・・・おまけに首周りには納札まで付けてあるもんだから、ひょっとしたら、これが本尊さんか?と思っちまった。

 参道はコンクリ坂道で、けっこうキツク、途中に清水がドバッ・ドバッ・・と出ているのを飲んでみると冷たくて美味しかった・・甘露・・カンロ・・!(^^)!

白山姫神社

 やがて鳥居と共に「日の丸」の旗が飾ってある神社に到着。

白山姫神社・参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   白山姫神社、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  白山姫神社 袋観音堂

 境内には「狛犬」も、ちゃんと居て、当然「狛馬」も居ました。

 「狛犬」には何も飾ってないが、「狛馬」には、しかっり飾りがしてあり、ここでは「狛犬」よりも「狛馬」の方が大事にされてるらしい。白山姫神社・狛犬と狛馬、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 尺八吹いて参拝しているとトッツアンが参拝に来ましたが、σ(*_*)の尺八が終わっても、まだ拝殿前で何か祈ってました。

 家で飼ってる馬が、これからも元気で働いてくれるように祈ってたのでしょうか・・・

白山姫神社、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 納札は神社横に紐が張ってあり、洗濯物を干すように、それに取り付けるようになってます。

 写真を撮ったりしていて気が付いたのですが、あのトッツアン、神前に酒とニンジン2本備えて行ったのですねぇ、さっきまでは無かったもん。

 改めて「狛馬」を見ると、1本づつ「ニンジン」が置いてありました。

 帰りの下り坂道もキツク、これでヒザが痛くなり、後々までこれが響いた。

 白山姫神社・境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  白山姫神社・境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  白山姫神社・狛馬、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ 
   「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無