HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 3 広 船

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文     津軽33観音 広船神社 観音堂     遍照の響き
                津軽三十三観音霊場  地図−1
          巡礼日 2012.7.23     掲載日 2013.3.29 

巨大ポプラと広船観音堂

旧道を通って

旧道

 白山姫神社前の道路を行き、途中より農道を通って28番札所「広船観音堂」へ向かいました。自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 たぶん旧道だと思うが、砂利道なので自転車を漕いでるとケツが痛く、わずかな距離差ならば少し遠回りでも舗装道路を行けばよかった。

 ちなみに、たいてい村落間の旧道は山麓を廻るような感じで有る事が多いです。

何の実?何の実?、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 高台に有る果樹林に、青森なのでリンゴの木が有るのはわかるが、中には実が紫茶色がかった実が有りましたが、これは何の実でしょうか?

 リンゴに、こんな形したのは無いじゃろおしぃ・・スーパーでも見た事が無いでぇ・・だれか知ってたら、教えてね。

巨大ポプラ

 果樹林を走ってると道端に鳥居が有り、「巨大ポプラ 国内最大級」と看板が出ています。
自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 話しの種じゃと思い、自転車を降りて鳥居を潜って行って見ると、2本の大きいポプラが立っており、その奥にチッコイ神社があります。

 この時は、ふうぅ〜ん・・・と思ってチラッと見ただけでしたが、この原稿を書いてる時にネットで調べてみると「浅瀬石城」とか「廣峰神社」「丑頭天皇社」等という単語が見られ、そお言えばそんなような事も説明看板に書いてあったかもしれん。巨大ポプラ 夫婦雷樹

 別名「夫婦雷樹」とも書いてあり、そうだったかも・・・

 いずれにしても歴史の有る場所らしく、知らずに寄ってみたが、そのスジでは有名な場所だったらしい。

 ただ国内最大級ではなく、6番目位らしい(巨木という意味なのか、ポプラとしてなのかは不明)。

住宅土蔵有形文化財

 「金屋」集落を通ってると「住宅土蔵登録有形文化財」と金属プレートが貼ってある茅葺きの家が有りました。金屋 住宅土蔵有形文化財

 茅葺きの家が珍しいので写真を撮りたかったが、近くの看板に「勝手に入られて迷惑してる」というようなことが書いてあったので、遠慮して道路からコソッと写したけれどアカンかったかなぁ。

 地図にも「住宅土蔵有形文化財」と書いてあったが、よぉ〜わからん。地蔵堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 土蔵は、通って来た時に各家に有るようでしたが、それが文化財になるのかな?

 もおチット説明看板が有ると、どおいう所が文化財なのか分かり易いのだが・・・自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 この「金屋」集落に、昼食用の食べ物が売ってる店か食堂が有るかと期待したが、通り道には1件も有りませんでした。

 道端の地蔵堂に旗が立っており中を見ると、やっぱり地蔵さんが2体有り、ジジババの着物を着ています。

28番「広船観音堂」広船神社

到着広船神社、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 28番札所の広船神社に着いた時には腹が減ったので、先ずは階段に座って持ってきた非常食のオカユをすすり、ラクガンの菓子をかじって腹のタシにしました。

 座っていると疲れてるので、このまま眠りたくなる。

 「観音霊水」と書いてある霊水が有り、蒸し暑い日だったのでガバカバ飲み、冷たくて美味しく、これで少しは腹のタシになったかもしれん。

       広船神社、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文             広船神社・観音霊水、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

神木

 付近に木の云われが書いてあり、読んでみると看板付近に有る切り株かと思ったが、越後屋が「それではなく、離れた所に在る2本の木ではないか」と言います。広船神社・神木、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 言われてみると、そのような気もする。

 ただ「蜂が居るので近寄るな」と書いて綱が張ってあったので行かなかったが・・

 ネットで調べると、やっぱり最初に見た切り株が神木らしかったが、よぉ〜わからん。

観音堂と神社

広船観音・階段、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    広船観音・石仏、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    津軽33観音 広船観音堂


 正面に見える神社が観音堂と一緒なのかと思ったら、隣に28番札所「広船観音堂」が有り、上がり口も専用に有りました。
 広船観音・納札、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 広船観音より広船神社、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 広船観音、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

鐘突堂広船観音・鐘突堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 ここの鐘突堂は変わった形をしており、最初見た時は失礼ながら公衆トイレかと思った。

 ポツリ・ポツリ・・と雨が降って来たので、あわてて自転車を鐘突堂に避難させたが、そんなに降りませんでした。

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ 
    「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無