HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 5 間違い

自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 津軽33観音 苦木観音 熊野神社 遍照の響き
               津軽三十三観音霊場   地図−1
             巡礼日 2012.7.23     掲載日 2013.4.2

苦木長谷観音堂

間違いの連続

「沖館」集落

 沖館観音より高速道路下を潜り、「沖館」集落へ入ると現在地がわからんようになっちゃい、ここは狭い道が有ったりして、確かにわからん場所です。

 それでも何とか通り抜け「高畑」「薬師堂」集落を過ぎ、「大鰐町」のスーパーに入って一休み。
自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 昼にオカユしか食べてないので、店内の試食カツを二切れ食ったら旨かったぁ。!(^^)!

「唐牛」集落

 「唐牛」集落に着き、札所である熊野神社を探しましたが見当たりまへん。

 集落の半分ほど行きましたが、わからんので道路際に有った会社に飛び込んで尋ねました。

 聞いてみると、だいぶ通り過ぎて戻らないとアカンようで、受付のオバハンは親切に略図を書いてくれ、5個目めの信号を曲がると教えてくれました。

 礼を言って自転車を漕ぎながら戻りましたが、しかし・・・これから5個も信号を戻るとなると福島橋を越えて「唐牛」集落を出ちゃうでぇ。

 そこで、ちょうど家から出てきたトッツアンに聞くと、やはり福島橋を渡って戻らねばならんらしい。

地図の記載ミス

自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 場所をよくよく聞いてみると「にがき」という言葉が出てきました。

 そおいえば先ほどの会社受付オバハンも「にがき」と言ってたなぁ、

 トッツアンに地図を示して聞いてみると・・・・、おぉぉぉ確かに「苦木」という地名が地図に有り「熊野神社」も有るでねえか。

 これは完全にσ(*_*)が地図へ印を付けた場所が間違ってたミスです。

 それにしても、どこから「唐牛」に札所が有ると思い込んで、そこに印を付けてしまったのじゃろか?・・その付近に鳥居の印が有ったから、そこだと早合点しちまったんだろなぁ。

 ホンマに泣きたい気持ちを、グッと押さえて戻りました。
 自転車漕いでケツも痛く、足も痛いのに・・・・・・

 それにしても、地元付近で「津軽33観音」札所を聞けば、皆さんは場所を知ってるんですねぇ・・さすが津軽霊場・・。

「苦木」集落にて苦木観音橋

 「長峰」まで戻ると、川に架かる橋には、ちゃんと「苦木観音橋」とまで書いてあるじゃありまへんか・・来る時には、チラ見してそこまで読まなかったからなぁ。

 「苦木」集落に入ると地蔵さんの前でオババ達が集まって、酒盛り?・・・じゃなく、ゴザに座って持ち寄った物を食べながら話しをしており、地蔵さんの祭りらしい。

 その近くの四つ角に「札所取扱所」と書いたフレハブ小屋が有ったが、だれも居ません。

       「苦木長谷観音堂」・熊野神社・札所プレハブ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文           「苦木長谷観音堂」・熊野神社へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 酒盛りじゃなく・・ゴザに座ってるオバハン達の所で道を聞いて行くと、途中で看板が出ていました。「苦木長谷観音堂」・熊野神社へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 札所近くで、「沖館」札所で会ったオバハン2人連れの車と出会いましたが、同じコースを巡ってるのならば遅いなぁ・・途中で道に迷ったのかな?

龍神宮

 札所入口付近には「龍神宮」の看板が有り、「お休み処」のような祠があります。苦木 龍神宮

 さぞかし云われが有るだろおと思ったが、何の説明看板も無く、また龍神と言えば普通は池が有るのだが、池の代わりに広い駐車場しかありません。

32番「苦木長谷観音堂」熊野神社「苦木長谷観音堂」・熊野神社・階段、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 札所の「苦木長谷観音堂」は、足が痛いのに長い階段があり、ゲッ・・・!!。

 時刻も5時過ぎなので、境内もだいぶ暗くなって来てます。(写真は画像処理して明るくしてあります)

 「苦木長谷観音堂」・熊野神社・参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  「苦木長谷観音堂」・熊野神社・境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  津軽33観音 苦木長谷観音

 熊野神社の注連縄は、暖簾の編んだような物で(一番上の写真)、こおいうのは今まで津軽霊場以外では見た事がなく珍しい。

 今日はここまでとして「道の駅」に帰ることにしました。

 「苦木長谷観音堂」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    「苦木長谷観音堂」・納札、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    「苦木長谷観音堂」・熊野神社・境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 「唐牛」まで行き過ぎなかったら、予定では31番札所もやるつもりだったが、なんせ足とケツが痛いもんで・・・

 それにしても、今日は道を間違う事が多い一日であった。

 一休さんならば「間違えたならば、間違えたで良かろう・・カッカッカッカッ・・・(^O^)」と笑う所でしょう。
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無