HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 9 自転車道

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   弘前 自転車道   遍照の響き
               津軽三十三観音霊場   地図−1
       巡礼日 2012.7.26      掲載日 2013.4.7

弘前市の自転車道つるどまり駅

青森のねぶた

 道の駅「つるた」で車泊して、近くの「つるどまり駅」から汽車に乗って「弘前駅」へ行くと、駅構内に「ねぶた」が3つ飾ってあります。青森ねぶた

 どこかで見たような「ねぶた」だと思ったら、左から「五所川原の立ねぶた」「弘前ねぶた」「青森ねぶた」と書いてあり、どうりで見た事の有る「ねぶた」だと思った

 弘前駅を出ると美青年と美少女?の像が立っております。

 先を急いでたので良く見ずに記念写真だけ撮りましたが、これを書いてる時に調べると「りんごの風」という題名が付いており、手にはそれぞれ「りんご」を持ってるそうな。弘前駅

 えっ・・!?・・そうなの?と思って、改めて逆光で見えにくい写真を見直すと、持ってるようです。

子供の森自転車道

 「まちなか情報センター」へ行き、2日間置いていたのですが、自転車はイタズラもされずに無事でしたが、座るところに鳥のフンが落ちていました。

 あちゃあぁぁ・・・置く時に、上に電線が有る事まで気を付けなかったなぁ。弘前「まちなか情報センター」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 土淵川に沿う「子供の森自転車道」へ行き、自転車を漕いで「津軽33観音霊場札」所である久渡寺へ向かって出発。

 自転車を漕いで走ってると、ジョキングしているσ(*_*)と同年代のようなジサマが多い。

 押し歩きするほどの坂道は無く、ほぼ平坦な自転車が走りやすい道です。

弘前「子供の森自転車道」出発付近、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  弘前「子供の森自転車道」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  弘前 自転車道

 途中トイレが道沿いにあるかと思ったが、団地の有る公園トイレまで200mほど入らにゃアカンかった。

弘前「子供の森自転車道」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  弘前「子供の森自転車道」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  弘前「子供の森自転車道」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 墓地公園で休むつもりでしたが、これも道沿いに有るかと思ったが、少し入らなければあかんようなのでヤンピしました。

 先日の曇り・雨模様と違って天気が良く、自転車で走るのは気持ちが良い。弘前「子供の森自転車道」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 自転車道が県道126号線にぶつかった所からは、坂道になり今までと違って、ほとんど押し歩きでした。

 弘前市内から県道を走って来てたら、ズウッ〜と押し歩き状態だったかもしれず、「子供の森自転車道」を通って正解でした。

 カーブの所に日章旗が見え、右翼のバイクでも有るのかと思ったら地蔵堂が有り、小さい地蔵堂にも、律儀に日章旗を掲げているのですねぇ。

弘前「子供の森自転車道」県道126号線、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 弘前「子供の森自転車道」県道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 弘前「子供の森自転車道」茅葺の家、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無