HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 12 岩谷観音

自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文津軽33観音 岩谷観音 遍照の響き
         津軽三十三観音霊場   地図−1
         巡礼日 2012.7.26    掲載日 2013.4.10

岩谷観音と見所

岩木川沿いの説明絵図岩木川沿い、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 「岩谷観音」が有る「長面」集落に向かって自転車を漕ぎ、「上田代」集落までは、だいたい水平移動なので、そんなに苦労しなかったが、その後は、ほとんど押し歩きでした。

 岩木川に沿って行くだけで、見るべき面白い物は無いと思ってましたが、「上田代」集落を過ぎた所々に説明絵図があり、へえぇぇ・・・と新しい発見。

八郎岩・二見岩

 岩木川に中州的な感じの所が有り、樹木と共に大きな岩がゴロンと転がってます。二見岩 八郎岩

 大水で岩が転がり流されて来たのかなぁ・・と思いながら自転車を押してると鳥居までありました。

 へえぇぇ・・あんな所に鳥居を造ると、大雨が降ったら水浸しになるんじゃないかなぁ・・と思ってると「八郎岩」「二見岩」の
説明看板が有りました。

 
二見ケ浦にちなんで、岩の上に神社が設置されたが水に流された。
 そおじゃろなぁ・・なんせ川の真ん中だもん。

 
しかし信仰心の有る人が再建したそうな。八郎岩・二見岩絵図、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 説明看板の絵を調べてみると「平尾魯仙」という幕末・明治時代の画家だそうで、弟子と共にこの辺を旅したらしい。

 説明書きには書いてなかったが、「八郎岩」の表面には人面が見られる・・らしい。

 なお、写真では見づらいですが、岩の側に人が6人ほど居て人面を触ってます・・たぶん疑い深くて物好きな弟子だと思う。(^O^)

見返り坂(おんな坂)

 少し行くと「見返り坂(おんな坂)」の説明看板が有り、ホンマだったら津軽富士(岩木山)が見えるらしいが、雲のためか、それらしいのは見えまへん。

     見返り坂絵図、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文       見返り坂

鷹ノ巣

 「長面」集落に新しいバイパス道路が出来ており、越後屋が何も考えずにそこへ行こうとしたが、「岩谷観音」の位置が集落付近に有るので旧道へ行くと正解でした。鷹ノ巣

 「長面」集落に向かってると、川の対岸に崖が有り、気のせいか小さい穴が開いてるようにも見える。

 そこにやっぱり
説明看板が有り「鷹ノ巣」と書いてあります。

 
大鷹が岩窪に住み着き、村人は神のように敬った。鷹ノ巣絵図、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 国内に変事が有ると、それに先立ち姿を消したので「霊鳥」と言われてた。

 昭和に崖付近に林道が出来たため、どこかへ行っちゃい、二度と姿を見る事はできない。

番外「岩谷観音」岩谷観音入口、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

絵図

 少し行くと赤い鳥居が有り「岩谷観音」入口に到着、説明看板も有ります(一番上の写真)

 写真では、わかりにくいですが、旅人が大穴に向かって岩肌に掴まり、よじ登りながら行ってます。(破線囲み箇所)

招き猫?

 鳥居の所に馬が有るのは良いとしても、何故かどう見ても「招き猫」が狛犬の代わりに置いてあります。岩谷観音・招き猫、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 まさかキツネのつもりでは・・と思ったら失礼になるかなぁ。

参道

 「岩谷観音」へ向かって下へ降りる階段が有り、川の水辺近くまで降りると、崖づたいに鉄パイプの手摺りが設置されてます。

 説明絵図では、ここら付近が岩に掴まったり、よじ上ったりして行った所でしょう。

 岩谷観音・川へ降りる、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文     岩谷観音・川沿いの参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文     岩谷観音・川沿いの参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 川が増水していたら危ないので行けないかもしれず、何となく熊野古道・川丈街道「宣旨帰り」と似ている。

 前日の雨で川が濁ってますが、透き通っていたら、さぞかしキレイな川だろなぁ。岩谷観音・岩木川、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

洞窟

 「岩谷観音」洞窟に着くと、おぉぉぉ・・・!!

 大きい洞窟の中央付近に赤いヤグラ?が有り、これを造るのは大変だったろおなぁ。

 上ってみると、岩の裂け目に祠が有り、その付近で上から水が落ちてトタンに当たり、水音がヤカマシク響いてました。

 津軽33観音 岩谷観音      岩谷観音、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文      岩谷観音・祠、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 こおいう場所で、ボケエェェッ〜・・と川を眺めながら尺八吹いてると良いだろなぁ。

 「岩谷観音」祠の前で一曲吹いて参拝してから、川を眺めながら一曲吹き、雰囲気的にも、なかなか良い場所だと思う。

  津軽33観音 岩谷観音       岩谷観音・洞窟内より、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無