HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 14 夕暮れ

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文     津軽33観音 夕暮れ    遍照の響き
          津軽三十三観音霊場   地図−1
          巡礼日 2012.7.26    掲載日 2013.4.13

現在地不明求聞寺へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

3番「求聞寺」

 「岩木山神社」から「津軽33観音霊場」3番札所・求聞寺へは、川の橋を渡って行くのだと思ってましたが、川の手前に看板が出ており川沿いの道を行くようになってます。求聞寺・鳥居、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 どうしょうかなあぁ・・と思ったが、ダマされたつもりで川沿いに少し上がり、赤い橋を渡って、さらに坂道のカーブを曲がったところに求聞寺の鳥居が有りました。

 地図の道が間違っており、良かったなぁ・・看板を信じて。

牛と虎

 鳥居を潜って階段を上がると、求聞寺・境内に青い牛が寝そべっており、同じく青いライオン・・あっ、違う虎だ・・・が吠えかかってます。

 求聞寺・参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  求聞寺・境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  求聞寺・境内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 それぞれの足下には、だれが置いたのか小さいミニチュアの像が供えてあり、なかなかカワユイでんなぁ。

 虎なんか、子ネコみたいでっせぇ。(^O^)

    求聞寺・牛マスコット、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文     求聞寺・虎マスコット、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

利生地蔵

 境内には坊さんが土下座して「ごめんなさい」と謝ってるような像まで有り・・アンサン・・・何が悲しゅうて土下座してますの?

 布施をよこせ・・と座ってるのならば、何ともはやミットモないカッコウだが・・利生地蔵

 実際、差し出してる掌には、賽銭の小銭が置いてありました(^O^)。

 「利生地蔵」と書いて有るが、学が無いので、そんな地蔵さんは知らんなぁ・・・

 地蔵さんの周りには、雲のような所から手が出ており、苦しみ悩みながら溺れている人に、手を差し伸べて助けようとしているのでしょうか・・たぶん、そおいう主旨だと思う。

 助けるにしても、掌に有る賽銭の小銭がジャマになるだろおけれど・・・

本堂

 本堂に納札が設置されてますが、ここは虚空菩薩が居る所です。

 観音堂は境内の別の場所に有り、何で本堂に納札場が有るのかわからん。
       津軽33観音 求聞寺          求聞寺・観音堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 たぶん多くの人は本堂で参拝するのでしょぅが、σ(*_*)は観音堂で参拝して、納札は皆と一緒の所に付けました。

奉納小屋求聞寺・奉納小屋、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 観音堂側にある小屋は何だろ?と思い、扉が開いたので拝見すると「奉納小屋?」らしく、デカイ馬が居ます。

 馬の後には「お遍路さん」の人形が有り、壁には絵馬が一面に飾ってありました。

現在地不明

 ホントならば、ここで今日はオシマイにして弘前に帰れば良いのですが、次の4番札所「南貞院」が途中に有るので、これをしないで行くと、後の行程がツライので無理してやることにしました。


 「百沢」集落から「弥生」集落方面の道へ行くつもりで走っていましたが、途中に地名看板が全く無いもんだから、現在地がどの付近かわからない。自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 やっと、どこかの集落に付き、四つ角に在る花屋のオバハンに
「「折笠」へは、どの道へ行けば良いのでしょか?」と聞きました。

 最初は、こいつは何を言ってるのか?・・という感じでしたが、現在地を聞くと
「宮地」だと言います。

 地図で確認すると、完全に90度間違った方向へ来ており・・・・ガアアァ〜ァン・・・(T_T)。

 
「どこから来たの?」
 
「岩木山神社の方から・・・」

 
「あぁぁ・・山の方からね、よぉ〜道を間違える人が多いんだわ。
 この間もバイクの人が道を間違えて来たよ。」


 
「あっ・・いえ・・・岩木山ではなく、神社の方からです。」

 
「あぁぁ・・・(^O^)・・ここら付近では「岩木山神社」の事を、単に「山」と言うんですよ。自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 山から来たのなら、「高岡」集落付近の曲がり角を、もう一つ上の道を行けば良かったんだけどなぁ。」


 よくよく聞いてみると、σ(*_*)が走ってきた道は新しく出来たバイパス道路だったらしく、そお言えば道幅も広くて新しかったなぁ。

 オバハンが盛んに気の毒がり、次の分かれ道である「馬子橋」までの道と、さらに「折笠」までの細かいポイントを、丁寧に覚えきれないほど、たくさん教えてくれました・・花屋のオバハン、ありがとさんでした。

 もっとも「求聞寺」から4番札所までコースは、この道を通ろうかとも思ってた道だったので、距離的には、そんなにロスしませんでした。

4番「南貞院」津軽33観音 南貞院

 「馬子橋」の四つ角を曲がり、第一目標地であった「折笠」集落を通り、「高杉」集落内に入ると、あっさりと4番札所「南貞院」が見つかりました。

 「南貞院」は寺では無く、村のホンマに小さいお堂という感じで、今までと規模が違うので拍子抜けします。南貞院、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 境内?には、説明看板の有る石碑・・読んでみたら昔の高貴な人の墓だったが・・・と、さらにチッコイ祠が並んでます。

 夕暮れが迫って時間が無く、また周囲には人家が密集しており、こんな時にこんな所で尺八を吹くと、何が始まったのかと村人が集まって来るかもしれんので、尺八での参拝は省略しました。南貞院、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 納札は観音堂に取り付ける場所が無く・・いや、無理して取り付けてたのも有ったが・・隣のチッコイ祠に付けるようになってます。

 σ(*_*)も無理して「かんのんさま」に取付ようとしたが場所が無く、あきらめてチッコイ祠の所に付けました。

ねぶた練習

 「青女子」集落を通り抜ける時、太鼓の音が聞こえ「ねぶた」の練習をしているよおです。自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 時間があれば、練習風景を見たかったのだが・・・なんせ、だいぶ暗くなり始めてたもんで走り抜けました。

 車が置いてある「道の駅」には7時半頃着き、その時は完全に夜で真っ暗でした。ねぶた練習、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 今日は、自転車の空気は抜けるし、きつかった。

 雨の日に、せめて1番「久渡寺」が出来ていれば、もお少し余裕があったのにぃ。

  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無