HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 23 東日流
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    津軽 東日流   遍照の響き
            津軽三十三観音霊場   地図−1
           巡礼日 2012.7.29    掲載日 2013.4.29

「東日流」の読み方

東北自然歩道

 しばらく杉葉の積もった山道を行くと、やがて広場に着きました。東北自然歩道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 そこに「東北自然歩道」の標識杭が有るので、逆方向から来る人の方が、このルートは分かり易いかもしれません。

 その後は広々とした岩井牧場を見ながら、テクテク・・

 牧場と言うからには牛が、あちこちにタムロしてるかと思ったが見当たらず、やっと遠くの方で群れているのが見えた。

 東北自然歩道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  東北自然歩道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  岩井牧場

17番「春日内観音堂」

 三叉路には「かんのん様」の看板が出ており、さらに行った分かれ道にも「春日内観音堂」の石柱も建っています。

 東北自然歩道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   東北自然歩道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   津軽33観音 春日内観音堂
津軽33観音 春日内観音堂
 道に鳥居が立っており、そこからは少し坂道でしたが、やがて小屋が見えたと思ったら、それが「春日内観音堂」でした。

 観音堂側の小川?に、昔は朱色の太鼓橋が有ったのだろうが、今は朽ち果てて欄干の残骸が置いてあります。

 これほどの橋まで作ったのだから、昔は勢力が有ったのでしょう。春日内観音堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 観音堂は戸が閉まっていましたが、ヒモが結んであるだけだったので解いて中に入りました。

 山の側のためか、堂内はかなり湿気が来ており、尺八を一曲吹いて参拝。春日内観音堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 外に出てパイプから水が出ている水源を探すと、山側に見える鳥居付近から通しているようで、水源を見ると岩から伝い落ちてます。

 それほどの水量が落ちてるわけでは無いが、パイプの先からは、けっこうな勢いで水が出ていました。

 付近の山には、33観音の石仏が有るらしいが、行きませんでした。

休息所

 「春日内観音堂」を出て再び舗装道の急坂を上ると、唐川城跡の休息所が有り、牧場や大沼が展望できます。
   津軽33観音 春日内観音堂            唐川城跡
        唐川城跡からの展望

大沼

 休憩所からはズラズラと下り、「大沼」を一周するコースも有るようですが、それはヤンピして、近道ルート?を歩きました。

 大沼へ向かって、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  大沼公園 案内図

東日流館橋

 「東日流館橋」という「日本一の屋根付きの木橋」と注意書きしてある橋を渡りましたが、この橋を何と読むか、わかりますか?東日流館橋

 ちなみに自分も、「ひがしひりゅう」かと思ってましたが、「東日流」と書いて「つがる」と読むらしいです。

 しかし、どう見てもそんな風に読めまへんわなぁ・・さすが津軽独特・・・。縄文の橋

 そのスジでは有名な「東日流外三郡誌」という古書が有り、この麓付近の民家で発見されたそうです。

 古代史古書とか、怪しい伝説とか等に興味が有る人は、たいてい知ってる有名な書物です。

 はい、σ(*_*)も、そおいう怪しい伝説とか、世間からウソこけぇ・・・と思われてる話とか、エッチな話とか・・・大沼

 あっ・・これは関係無いか、何を言わすんじゃ恥ずかしい・・が、もんのすごく大好きな人物なので、詳しい内容はわかりまへんが名前だけは知ってました。(^O^)

 古書を要約すれば、大和朝廷に弾圧された民族の文化が、この地を中心にして栄え、外国とも交易して広く発達していた・・・というものらしいですが、この本は偽書だと言われてます。安東文化シンボル塔

 次いで「縄文の橋」を渡ると、橋で釣りをしてる人が居たので「何が釣れるか?」と聞くと、ブラックバスでした。

 国道に出て、出発地の「安東文化シンボル塔」に着くと、付近を草刈りしている人が居て、「すんまへん、今、車をどこかします。」と謝ったが、「ええですよ」と言われて別に叱られなかった。

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無