HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 27 外ケ浜

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    津軽 外ケ浜   遍照の響き
              津軽三十三観音霊場   地図−2
          巡礼日 2012.7.30     掲載日 2013.5.8

松前街道「外ケ浜」

鬼泊巌谷観音津軽 高野崎

 高野崎で一休み、灯台が有ったが疲れてるので見に行かなかった。

 自転車漕いでると、道端にゴロンとした石が有り、道路工事でジャマになって片付けそこなった石かな?。赤根沢の赤岩

 「赤根沢の赤岩」の看板が有り、確かに赤っぽい色をしている石ですなぁ。

 「奥平部」集落付近に「鬼泊巌谷観音」札所が有るはずなのですが、下調べした時には、どおしても、この場所の正確な位置がわかりませんでした。

だるま滝

 「奥平部」集落を過ぎても札所が無く、そのままズラズラと自転車を漕いで行くと、橋に「だるま滝」の看板が有り・・えっ・・どこに「だるま」さんのような滝が有るの?津軽 だるま滝

 どおやら橋の所に山側岩肌を伝って落ちてる水が「だるま滝」らしい。

 橋の所で家族連れが海水浴をしており、「だるま滝」の水をシォワー代わりにして、海水を洗い落とすのに良い場所かもしれません。

岩屋観音

 21-2番札所は鬼泊川を渡り「鬼泊トンネル」を通ったら、すぐに「岩屋観音」の標識がありました。
鬼泊トンネル、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    鬼泊岩湯観音・入口、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    鬼泊岩湯観音・参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
鬼泊岩湯観音・参道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 車道から海岸へ降りるようになっており、鳥居を潜ると防波堤に囲まれた岩屋の中に祠が有りますが、岩屋自体は、そんなに奥行きも無く小さい物です。

 防波堤が無い方が情緒が有るのですが、そおなると岩屋にマトモに波がかぶり、中の祠もどこかへ流されるかもしれんので、仕方がありまへんわなぁ。津軽33観音 鬼泊巌屋観音堂
 岩屋には納札が紐にズラッ・・と、洗濯物を干してるように取り付けてあります。

 疲れていたので、申し訳ないが岩屋入口に有ったベンチに座って尺八を吹いて参拝しました。

松前街道松前街道・外ケ浜、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

道の駅「たいらだて」

 岩屋観音を出発して延々とあんまり変化が無く、この付近を「外ケ浜」というらしく、それに沿うように走ってる「松前街道」を自転車で漕ぎました。

 「外ケ浜」の海は透き通ってキレイですなぁ・・ここで泳いだら気持ち良いだろうに・・・松前街道・外ケ浜、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 マラソンしている人を追い抜いた時、水道蛇口から頭に水を被ってるのを見ていたので、平舘灯台近くにある道の駅「たいらだて」」に入り、マネしてみると気持ち良かった。

 さすが炎天下を走ってるツウの人は、見てくれなんかよりも最善の暑さ対策を知ってますなぁ。(^O^)

 「道の駅」で昼食を取り出発。平舘灯台

 この付近の松林には、江戸時代に砲台を置いた「台場」が有ったらしく、それに続く松前街道の松林も情緒があります。

 「道の駅」から、それほど走ってないのですが、暑さと疲れのため途中の道端に有った東屋で一休み。

 松前街道・外ケ浜・松並木、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  松前街道・外ケ浜、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  松前街道・外ケ浜、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

蟹田駅

 蟹田港が見えて来た時に、ちょうどフェリーが発着してます。

 先に行ってた越後屋と待ち合わせる事になっていた蟹田駅へ着いたが・・居ない・・と思ったら後から来ました。
蟹田港、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 いつ追い越したのかと聞くと、蟹田港の公園でフェリーを見ていた時に、σ(*_*)が通り過ぎたので手を振ったが気付かなかったらしい。

 蟹田駅の休息所では、旅行者らしいオッチャンが椅子に寝ています。

 この駅でも頭から水をかぶり、ついでに上半身裸になって水で体を拭くとスッキリしました。

 女の人にはマネ出来んじゃろなぁ・・くやしかったら、やってみろってんだ。(^O^)ナハハハハ・・・

 蟹田駅  蟹田駅、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  松前街道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 休息所へ戻ると越後屋とオッチャンが話をしており、オッチャンは青森市から自転車でここまで来て、また引き返すのだと言い、聞いてみると四国遍路もしたそうです。
昇竜の松
 今朝、ナイロン袋にキュウリと塩を入れて持って来たので、バリボリと痛快丸かじりをしました。

 ちょうど良い具合に塩気がしみており、オッチャンにも1本お裾分けし、暑いときには塩分を補給しないとね。

 ホントは青森駅まで行きたかったが、疲れていたので油川駅で本日は終了。

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無