HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 28 浅 虫


  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   浅虫    遍照の響き
              津軽三十三観音霊場   地図−2
         巡礼日 2012.7.31     掲載日 2013.5.9


青森から浅虫へ

22番「正覚寺」

 翌朝、油川駅を7時頃に出た時は、すでに暑くなっており、それでも住宅等の日陰部分を走ると少しは涼しい。
青森市内、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 青森市内・・・合同庁舎・市役所までは無事に行けたが、22番札所の場所がわからない。

 事前に地図を印刷しておいたのだが、車の中に忘れてきちゃった。

 一応、この辺だろう・・と頭の中で地図を思い浮かべながら、脇道へ入った所の寺へ行ってみたら違ってます。

 この付近は、何でか知らんが寺が多いんだよね。津軽33観音 正覚寺

 通りすがりの女の人に「正覚寺」を聞いたら近くで、行ってみると日本的な山門ではなく、西洋風の入口正門は閉まってます。

 当然ながら寺も西洋風で、看板を見なかったら何かの会館かと思うでしょう。

 会館・・あっ、ちがう正覚寺の入口玄関扉も閉まってます。

 まだ時間が早いからなぁ・・なんせ8時半頃だもん、役所でさえ9時でないと開かないからなぁ。

 9時頃まで待つほど信心が無いので、閉まってる玄関扉の前で尺八を吹いて参拝したが、大きい庇が有ったためか響きは良かった。

青森・正覚寺、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 納札を付ける所が無いので、賽銭の五円玉に納札をつけて、扉の取っ手に置いときました。

 境内を見物していると・・それ程、見る物も無かったが・・そのうち坊さんなのか、係りの人かわからんが、西洋風正門扉を開けたが、会館風扉までは開けません。

 もし開けたら、野次馬コンジョで中を拝見したのだが・・・ロビー風の造りなので、さぞかしエコーが利いただろなあ。

23番「夢宅寺」浅虫へ自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

善知鳥崎

 次の札所が有る「浅虫」へ向かって、暑い中を自転車を漕ぎました。

 「浅虫」近くのトンネル前に説明看板が有ったので読んでみると、ここは「善知鳥崎」という所で「新潟・親不知に匹敵する難所だった・・うんぬん・・」浅虫へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 ええっ?・・そおなの?・・こんな陸奥湾に囲まれて波が静かそうな所なのに難所なの?。

 そりゃあぁ〜「親不知」は波の静かな時も有るが、たいていは日本海の荒波が打ち寄せて、旅人は波間の周期を見て海岸伝いに走り渡ったと云われてる難所なのだが・・・。善知鳥崎

 失礼ながら「親不知」を実際に何度も見て通った経験から比較すると、波の強さとか渡る距離的にも、どおしても「善知鳥崎」の方が、孫か曾孫くらいのカワイらしい難所だと思うが・・すんまへん、叱らないでね。

浅虫「夢宅寺」

 1年ぶりの浅虫は懐かしいでんなぁ、「道の駅」に入って、まずは一休み。
   (「道の駅」は逆光のため、撮りませんでした。m(_ _)m)道の駅「ゆーさ」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 23番札所「夢宅寺」へ行くのには、途中の川付近で横道へ入らにゃアカンのだが見落としちまい、通りかかったオバハンに聞くと、すぐ後ろにその横道が有った。(^O^)

 鉄道下のトンネルを通り、狭い道を行くと山門が有り、側には木の丸太を彫った「ねこ?」が置いてあり、シンプルな彫りながらも面白い作りだと思う。

 浅虫・夢宅寺へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文     浅虫・夢宅寺・木彫り「ねこ」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    浅虫・夢宅寺・山門、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
浅虫・夢宅寺・彫刻、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  津軽33観音 夢宅寺

 「夢宅寺」堂内に入れて、壁際には納札がギッシリ結んであります。浅虫・夢宅寺・納札、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 納札をなかなか目立つ所へ付けれなかったので、真ん中付近に付けときました。

 「慶応四年」の奉納額が有り、女の人が立って何かを見ている絵と、ズラズラ〜・・・と「くずし字」が書いてありますが 各行の下に「雅号」のようなのが書いてあるので俳句かな?

 浅虫・夢宅寺・奉納額、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  浅虫・夢宅寺・奉納額、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 ちなみに、この「慶応四年」という年は、江戸時代最後の元号で、この年に明治に切り替わったそうです。
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無