HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 31 松倉観音堂

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文    津軽33観音 松倉観音堂   遍照の響き
           津軽三十三観音霊場   地図−2
         巡礼日 2012.8.1   掲載日 2013.5.13 

松倉観音堂と「青春の道」

「浪岡」出発浪岡駅

 浪岡駅を7時半頃に「出て、松倉観音堂」へ向かって出発。

 病院付近までは坂がキツかったが、後は平坦。

 順調に「高野」まで来たので、神社で一休みした後、東小学校の廃校をみて「前田野目」まで順調に行き、それほどの押し歩きは無かった。

「前田野目」

 国道101号線自動車道のガード下を潜った付近から、舗装道が砂利道になり、さすがにこれは予想してなかった。「前田野目」付近、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 しかし、暑い盛りなので木陰沿いと、ノドカな風景が有り良いと思う。

 走っていて、この道は当初計画していた道ではなく、右隣の山沿いの道だと気付いたが、同じ所へ出るので、そのまま走り、計画していた道と合流しても、やはり砂利道です。

最初の別れ道

 タンボで農機具を洗っているトッツアンに「この道は、松倉神社で良いのか?」聞くと、「良いけれど、右へ行く道は違う・・神社がどうたら・・こうたら・・・」と方言で細かく説明してくれたが、スマン・・よぉ〜わからん。松倉神社へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 それでも、わかったフリして礼を言い、少し行くとY字路になっており、「松倉神社へ」の看板が有り、トッツアンは、この事を言ってたのだと思う。

 砂利道は思ったほど押し歩きをしなくても良かった。

タイヤ跡と「青年の道」

 しばらく行くと、またY字路になっており、先に行ってる越後屋が待ってるかと思ったが居ません。

 こおいう、どちらへ行くか等の不確かな場合は、そこで待つ・・という事にしていたのだが・・・・松倉神社へ・「青春の道」との分かれ道、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 道路の土を見ると、自転車のタイヤ跡が続いていたので、その先へ行ったのがわかり、これが舗装道路だったらタイヤ跡が見つけられなかったろおなぁ。

 ネットで調べた時に「横への道を行く」と書いてあったように思い、右側の道へ行くのではないかなぁ・・電柱も立っているしぃ、舗装もされてるしぃ・・・(実際は「青年の道」らしかった)

 とにかく越後屋を呼び戻してやらんとモンク垂れると思い、その場で「お〜い」と大声で呼んだが返事がありまへん。

 よっぽど声の届かない先まで行ったのか・・まいったなぁ・・ここで迷子になったらキツイでぇ。

 いえね・・離ればなれになってもいいんです・・それも運命と思い、その後はそれぞれシアワセな人生を歩めれば・・

 ただね・・・後で「ギャアコラ・・」とモンク垂れられるのが困るんだよねぇ。

 しかたなく自転車をそこに置いて、呼びながら歩いてると、やがて自転車に乗った越後屋が来ました。

油発掘跡

 聞いて見ると「少し先に「油発掘跡」が有り、「前田野目」で見た案内図では、その発掘跡から先に神社が有って、そこから松倉神社へ行くことになってた」と言います。

 その案内図がどこに有ったのか自分は見てないので、何とも言えないが・・松倉神社へ「油発掘跡」、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 
「アタイも案内図を見てなかったら、舗装道路の道が松倉神社へ行く道だと思ったかもしれん・・たぶん、その道は「青春の道」だと思う。」

 油発掘場所へ一緒に行ってみると、看板もしっかりしており、越後屋が正しいかもしれんと思い、その場から自転車を取りに戻り、越後屋はさらに前進偵察を続行する事にした。

 自転車を押し歩いてると越後屋が来て
「その先に神社が有る」というので越後屋が正解でした。

 もし知らずに「青春の道」へ行ってたら、大泣きしてたところだった。松倉神社へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 できれば、そこのY字路にも看板を設置してくれれば、σ(*_*)のように無用な勘違いをする人もいないのにぃ。

 もう少しで、とっくの昔に「愛」が干からびて枯れちまい、どおかするとカビが生えてるような老夫婦が離ればなれになり、それぞれシアワセな余生を送るところだったでぇ。

駐車場

 駐車場には車が1台止まってます。
 松倉神社・駐車場、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   松倉観音堂へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   津軽 松倉観音堂 鳥居

 松倉神社入口の橋を渡って川に下り、持ってきた凍ったペットボトルのお茶に、水を加えたら、もんのすごく冷たく、この際味なんて、どおでも良く冷たけりゃいいんじゃ。(^O^)

 側の赤い鳥居で少し休息し、山道を上って行くと33観音の石仏が頂上まで続いてます。

 けっこうキツイ山道なので、10番・20番の石仏を目安に休息しながら上りました。

 松倉観音堂へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文      松倉観音堂へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文      松倉観音堂へ、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

25番「松倉観音堂」

 松倉観音堂の建物が見え、境内の狛犬付近に登山をしたのか珍しくオバハンが二人居たので、挨拶しようと思って近寄ったら服を着せた石仏だった。

 こいつめぇ・・・笑わせやがってぇ・・・・松倉観音堂・石仏、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 一瞬オババが立ち話しながら
「聞いてくれ、最近の若いモンはわからん・・オラとこのヨメが・・」とヨメの悪口でも言い合ってるのかと思ったでぇ。(^O^)

 疲れていたので、椅子に座って参拝。

 帰ってから調べると、この松倉観音堂裏から続く道が有るらしく、崖に祠が有ったらしいですねぇ。

 帰りは下りなので、一気に下りられました。

 松倉観音堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  津軽33観音 松倉観音堂  松倉観音堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

案内図 

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 駐車場からの砂利道を、これまた一気に「前田野目」まで行き、問題の案内図を見たが、よお〜わからん図ですなぁ。
       津軽33観音 松倉観音堂 案内図
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無