HOME > 津軽三十三観音霊場 目次 > 38 深 浦

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文   津軽 深浦 大岩海岸    遍照の響き
            津軽三十三観音霊場   地図−2
         巡礼日 2012.8.3    掲載日 2013.5.21

「津軽33観音霊場」巡り満願

10番「円覚寺」

猿神岩洞門


 追良瀬川  日本海、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  日本海と五能線、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

深浦 猿神鼻岩洞門
 深浦町へ入ると、「猿神岩洞門」が有り通行止めになってます。

 昔は、この付近まで海だったんじゃろおなぁ。

 通行止めは、たぶん落石でケガしないように・・との事だと思いましたが、かまわずに潜っちゃいました、いい子はマネしないでね。

円覚寺

 円覚寺は、けっこう大きい寺で、山門天井には竜が描いてあります。

 深浦漁港、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文 津軽 円覚寺 円覚寺・山門天井絵、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
円覚寺・竜灯杉、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 大杉に綱が付いており「竜灯光明九字の綱」と書いてあり、確かに九字の呪文も書いてあった。

 もうすぐ5時なので堂の扉を閉める音がしたので、見物は後にして参拝を先にしました。

 本堂に入って座ると、ジサマ(住職?)が横の部屋へ来て座ったので挨拶したが、小さい声だったためか聞こえなかったらしく黙ってます。
円覚寺・本堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 尺八を取り出し、ジサマに聞いてもらうつもりで吹きました。

 終わった後、ジサマに会釈すると礼を返したが、何か言うかな?と思ったが何も言わない。
円覚寺・本堂、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
 たいてい今までのこおいう場合は、声を掛けてくれて会話をしたもんだが・・・閉店時間が近づいてるためかな?

 宝物が400円払って見る事ができるらしいが、寺を閉める時間が迫ってるようなので帰り、これにて「津軽三十三観音霊場」を全て巡り終え「満願」しました。

深浦

ねぶた

 その日は深浦駅の駐車場で車中泊し、夜「ねぶた」が通りましたが、やっぱり有名所の「ねぶた」とは違って、数も少なく規模も小さい。

 しかし「ねぶた」は、どんなに小さい町でも青森各地で根付いてるんですねぇ。

   深浦駅           深浦・ねぶた、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

大岩海岸深浦 大岩海岸

 翌朝、時間が有ったので駅前の海辺へ出て見ると近くに岩場が有り「大岩海岸」というらしい。

 散歩がてらに行ってみると、遊歩道も整備され沖にある大岩まで通じており、岩の上まで登れました。

 この「大岩海岸」風景は、佐渡の大佐渡・尖閣湾付近と似ています。

 あんまり観光客がワンサと来ないようですが、ノンビリと散策するには隠れた良いスポット場所だと思う。深浦・大石海岸、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 後で調べると知ってる人は、ここへ来ているよおです。

 たぶん車で旅行している人は、車を停めるのも面倒なので「あら、キレイな海岸ねぇ」と言いながら、サァッ〜と通り過ぎちゃうかもしれんが、「千畳敷」よりも自然が残ってると思う。

深浦・大石海岸、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  深浦・大石海岸、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文  深浦・大石海岸、自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文

 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
  自転車で巡った「津軽33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無