HOMEへ > 飛騨三十三観音霊場 目 次  >  2 峰鬼山水

  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文   飛騨33観音 光円寺   遍照の響き
            飛騨三十三観音霊場   地  図
          巡礼日 2012.9.23   掲載日 2013.6.23

峰鬼山水

集落

 最初の「和佐保」集落を過ぎた所から、また坂道で押し歩き。

 次ぎの「南平」集落は、2件ほどしか人が住んでないよおで他は廃屋でした。神岡 和佐保

 地図を見れば、最初のカーブを曲がった付近に寺が有ると思ってたが見当たらない。

 よっぽど先程、草を刈ってたジサマに聞きに戻ろうかと思ったが、越後屋をそこに置いてその先を偵察しに坂道を上がりました。

 なんで越後屋を置いて偵察に行ったかと言うと・・・モンク垂れそうなので、言われないうちに・・と思いましてなぁ。

 光円寺へ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  光円寺へ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  光円寺へ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

17番「光円寺」

「神岡鉱山」社宅跡飛騨33観音 神岡 光円寺

 少し行くと高台に一軒家らしい、赤い屋根の建物が見えました。

 近寄ると火の見櫓が道端に立っており、側には幅広の石階段が有り、その先にある建物が寺と思えば・・寺のよおにも見える。
 

 遠くに居る越後屋に声と手で合図してから階段を上がると、いかにも云われが有りそうな松と祠が有ったが説明看板も無く、後でネットで調べてもわかりまへんでした。光円寺付近の祠と松、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 この近くには神岡鉱山の社宅が有ったようで、今は廃屋になっています。

 校舎ならば寄ってみるのですが、廃屋は今のところ趣味範囲ではないからなぁ。

 でも社宅の規模から見ると、昔はかなりの人が住んでおり、この辺も賑わっていたのでしょう。

 祠の所に錆びたブランコ台跡が有り、社宅の子供達の遊び場だったのかもしれません。

  光円寺・階段、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文            神岡鉱山社宅跡、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

清水

 光円寺へ行くと境内に清水が出ており、喉が渇いてたもんだから助かったぁ〜。!(^^)!

 なんせ甘く考えて急に思い立ったもんだから、何の準備もせずにノコノコ坂道を押し歩いて、光円寺へ来たもんで・・・飛騨33観音 光円寺 神岡 光円寺

 清水には「峰鬼山水」の看板が有り、ほほおぉぉ・・・この清水は名前が付くほど有名な名水だったのか・・・それならば「山水」ではなく「清水」とするもんだが・・

 それにしても「峰鬼」なんて名前は、オトロシそうな名前じゃなぁ・・・きっとこの付近の山に住んでた鬼さんが、どおたら・こおたらなったと言うカワイソーな伝説が有るんじゃろおぅ・・と思ったが、それらしい説明看板が無い。

 代わりに石灯籠や水鉢の寄付者の名前の看板が、もんのすごく目立つように有ります。

 いえね・・・別に寄付者の看板が有っても良いんですよ、寄付したのだから・・・。

 ただ、その設置場所が水が出ている付近に看板が立ってるもんだから、石灯籠を中心にすると境内からせっかく遠くまで見える山々の借景が台無しなんですよ。

 できれば、もおチット遠慮がちに石灯籠から離しておいて欲しかったなぁ。

 ちなみに、これを書いてる時に「峰鬼山水」をネットで調べたら、昔はこの山の後ろを「峰鬼山」と言ったらしい。

           飛騨三十三観音 光円寺

木彫り光円寺・木彫り、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 光円寺・本堂の入口付近に、木彫りの動物が2つ置いてあります。

 一つは黒いので熊だとわかったが、もう一つは茶色になっており、最初は熊の親子かと思ってましたが、色が茶色だしぃ・・・飛騨地方の小熊は茶色なんじゃろか?光円寺・木彫り、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 横から見るとシッポが長かったので、タヌキだと、やっとわかりました。

 参拝を終えて、境内から遠くに見える山を見ていると、あの山に向かって尺八を吹きながら、ボォッ〜とした日々を過ごしたら、ええじゃろなぁ・・・(一番上の写真)

 この風景で夕月でも出ていたら、今日の一日を反省努力して泣いちゃうかもしれん・・あっ、看板無しだったらね・・・

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無