HOMEへ > 飛騨三十三観音霊場 目 次  >  4 神 岡

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文   飛騨 神岡城    遍照の響き
            
飛騨三十三観音霊場   地  図
           巡礼日 2012.9.24     掲載日 2013.6.26

尺八と日本舞踊

平湯バスセンター平湯バスターミナル

 昨夜、「平湯バスターミナル」のトイレで、チッコしながら隣で同じくチッコしていたバスの運転手に「この付近に駐車場は無いか?」と尋ねると、「バスセンターの所に停めれる」と教えてくれました。

 おかげさんで、静かに良く眠れました。

神岡

 朝方は雨が降っていましたが、昼から晴れると聞いたので、それに期待して「平湯」から朝7時のバスで「神岡」へ行き1時間半かかりました。

           道の駅 神岡

 着いた時も雨が降っていましたが、9時半頃には雨はあがったので出発。

     高原川、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文            高原川、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

16番「円城寺」飛騨33観音 円城寺

同じ名前の寺

 まずは神岡市内の16番札所「円城寺」へ。

 「円城寺」という名前の寺は、昨日行った寺と同じ名前です。

 計画たてる時には、同じ名前の寺が2つ有るもんだから、印刷間ミスじゃねぇかと心配しちまいました。

円城寺

 高原川の橋を渡って、すぐの商店街から横道に入る所に「円城寺」の石柱が有ったので、そこから入りました。円城寺・境内、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 何となく通用口から入ったような気がしないでもなく、境内には鐘楼が有り、たぶんそこが正式な入口なのでしょう。

 本堂では葬式の準備をしており、まだ時間が早いので葬式はやっていません。円城寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 境内をグルッと見ても、あんまり見るべきものも無く、葬式の時間と重なったらアカンので、トットと次の札所へ行こうと思いました。

 本堂扉は葬式が有るためか開かず、扉前で尺八を吹きました。円城寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 参拝中にオババとオバハンが来たらしく、曲が終わって振り返ると後ろに立っており、口々に誉めながら、もんのすごく感激してくれます。

 そんなに喜んでくれるのならば、よっぽどもう一曲吹こうかと思ったが、これから先の行程が長いので礼を言って別れました。

26番「洞雲寺」

コンビニ神岡市内、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 26番「洞雲寺」へ行く途中のコンビニで、昼食用のオニギリと餅を買いました。

 バスで「平湯」から「神岡」へ来る途中、この先は全く店が無いのがわかったもんですから、今のうちに買っておかないとね。

洞雲寺

 コンビニのすぐ近くに「洞雲寺」が有り、自転車なので階段の隅っこへポンと置けるけれども、車で来た人は駐車場を探すのがタイヘンでしょうなぁ。洞雲寺・入口、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 本堂は柱の回廊が有って、いかにも禅宗らしい建物です。

 尺八を吹いて参拝し終わって振り返ると、いつの間に来たのかトッツアン・アネサン・オバハンの3人と犬1匹が居て、パチパチ・・・と拍手してくれました。

 あっ・・犬は拍手しなくて、ソッポむいてたけれど・・・(^O^)洞雲寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 
「いつから尺八やってるのか」「飛騨三十三観音霊場を巡ってるのか」などと聞かれたので、霊場巡りを知ってる人と思い記念に納札を1枚あげました。

 そしたら、これまたもんのすごく喜んでくれます。

日本舞踊

 話してるとオバハンが「尺八を聞いていて、踊りたくなったので踊ったのですよ。」と言います。洞雲寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 
「へえぇぇ〜・・、三曲では踊りが入る事が有るようですが、このような古典本曲で踊られたと言うのは、あんまり聞いた事が無いですが、踊れましたか?。」

 
「ホントですよ、その証拠に・・ほれ・・」とトッツアンが携帯の画面を見せてくれ、確かにオバハンが踊ってる写真が3枚ほどあります。飛騨33観音 洞雲寺

 そお言われてオバハンをマジマジと見れば、日本舞踊をやってそうな髪形で、そこらのオバハン的な普通の髪形ではありまへん。

 立ち居振る舞いも、どことなく気品が漂っており、聞いてみると、やはり日本舞踊のお師匠さんでした。

 そおじゃろなぁ・・・曲を聴きながら、その曲想に合わせて即興で踊れるなんて、その道に達した人でないと出来んじゃろなぁ。

納札

 納札の「砺」の字を聞かれたので「富山県の砺波地方出身なので・・」と言うと知っており、これから砺波へ行くと言うが、よく聞いてみると井波の瑞泉寺へ行くらしい。洞雲寺・境内、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 千葉から来たそうで、この寺の「達磨堂」を見たかったが、呼び鈴を押しても寺の人が出なかったそうな。

 しかし、今回は初っぱなから、いっぱい尺八を誉められたなぁ。!(^^)!

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無