HOMEへ > 飛騨三十三観音霊場 目 次  >  12 国分寺

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文      飛騨33観音 国分寺     遍照の響き
            
飛騨三十三観音霊場   地  図
          巡礼日 2012.9.25    掲載日 2013.7.13

高山・国分寺飛騨路、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

千光寺より

 千光寺の駐車場にて帰り道はキツイなあ、できたら参拝客の車に乗せてもらえんかなぁ・・とコンジョ無しの事を思って車を見ると、どれもこれも二人は乗れそうでなかったので頼みませんでした。飛騨路、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 帰り道は下り坂なので20分ほどで自転車を置いた所に着き、川沿いの旧道を、そのまま走り高山市内へ向かいました。

 「保木」付近に地蔵さんが集められており、その中に二人仲良く並んでいる大好きな道祖神が数体有り、信州では良く見ましたが、ここにも道祖神が有るのですねぇ。道祖神、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 「保木」集落を過ぎると、タンボの中を一直線の道になっており、やがて道は細くなります。

 それは地図でわかってましたが、やがて舗装が切れて草が生えてる道になっちゃい・・ここまでは予想出来なかった。飛騨路、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 この時点で引き返せば良かったのだが、コンジョ出して進むと、ますます草がひどくなり・・・


 道は砂利で凸凹しており、ケツが痛いわ・・飛騨路、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
 落ちてた枝が車輪に絡まるわ・・・
 越後屋がモンク垂れるわ・・

 「保木」集落の所に橋が有ったので、この区間の旧道は、もう使われなくなったのでしょう。

コンビニ

 国道に出ても食堂がなく、高山市内でやっとコンビニを見つけてカップ蕎麦を買い、駐車場の隅で蕎麦をすすりました。宮川、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 なんせ煎餅2枚程度で、飢えをしのいでいたからなぁ。

 知らん人が見たら、子供のヨメにイジメられて家出した、カワイソーなホームレスのジジ・ババが駐車場で食事しているように見えたと思う。

1番「国分寺」

 高山駅に向かって行くと、国分寺「三重の塔」が見えたので入りましたが、どうも境内横から入ったようです。

 国分寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文    国分寺・三重塔、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文    飛騨33観音 国分寺

 国分寺は大きい寺かと思ったが、それほどでもない。国分寺・さるぼぼ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 ギャルグループの観光客が、賽銭箱横に有るオミクジを引いて「キャピ・キャピ・・」言って喜んでいます。

 国分寺の正門?から出ると、赤い「さるぼぼ」が飾ってあり、売ってるのかと思ったら奉納されてる物らしい。

高山駅自転車置き場

 さすが高山市内は観光地だけあって、今までと違いギャル達と外人さんが多かった。
高山駅・自転車置き場、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
 高山駅の交番で自転車置き場を教えてもらうと、置き場には自主的に100円入れる箱が有るらしく、おまわりさんも、そこを強調してから、鍵をかける事をついでに念押ししました。

 100円で安心して自転車を置けるのならばと思い、二人分200円を箱に入れときました。

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無