HOMEへ > 飛騨三十三観音霊場 目 次  >  15 高山市内


 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文      飛騨33観音 高山市内     遍照の響き
           飛騨三十三観音霊場   地  図
       巡礼日 2012.9.26    掲載日 2013.7.15


高山市内の人力車

7番「清伝寺」清伝寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 高山市内の少し郊外に有る7番「清伝寺」は、今までの東山寺院群と違い、田舎のヒナビタ感じの寺です。

 なんつうか・・・計算されたような豪華な配置で無く、そおいう所に安心感が有り、こおいうのが良く好きなんだよねぇ。

 ただ・・隣で工事していたが・・・・。

 戸は閉まっており賽銭箱も無かったので、戸の桟に納札と賽銭を置きました。

 飛騨33観音 清伝寺  清伝寺・境内、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  清伝寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

人力車高山市内、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 昼頃なので高山市内へ戻り、ラーメンを食べました。

 知らなかったけれど、ここ高山には人力車が走っており、そいでもって女性の車夫(婦?)も居るんですねぇ。

 人力車は自分で歩くよりも疲れずに済むかもしれんが、人からジロジロ見られて、ちと恥ずかしいような気もする。高山 人力車

 高山市内の神明駐車場は、バスや車が出入りしており、けっこう観光客が来ているよおで、団体が旗に連れられて歩き回っています。

 こおいう場合は駐車場の心配をしなくて、どこにでも止められる自転車が便利であり、ボオッ〜とアイスクリームを食べながら、しばし観光客の行動を眺めて休みました。

8番「正雲寺」

 休んでいた駐車場近くの坂を、8番札所へ向かって押し歩いて行くと「伝承館」との分かれ道が有り、「伝承館」には用が無いので反対方向へ行くと、行き止まりになっちゃった。

 あらら・・寺はどこ?正雲寺へ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 はっきりとわかる「分かれ道」は、「伝承館」付近だけだったのにぃ。

 付近は住宅地なのですが、人が出ていないので、わざわざチャイムを押して聞くのも気が引けます。

 気を付けながら今来た道を戻ると、横道の先にチラッと寺の屋根らしいのが見えた。正雲寺へ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 あぁぁ・・これだわ・・・こりゃ、初めて来る者はわからんじゃろなぁ。

 横道へ入る所に寺の名前を貼っておくか、看板でも出しておいてくれれば良いのだが・・・石垣の所だから無理かなぁ。

 この寺でも工事をしており、本堂に繋いである熊のような真っ黒な犬に吠えられて歓迎されます。

 堂内に入れたが隣の庫裏を壊しているためか、着物やら日常生活の物がワンサと置いてあり・・まぁ、しかたないわなぁ。(^O^)

 飛騨33観音 正雲寺 正雲寺・犬、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文 正雲寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無