HOMEへ > 飛騨三十三観音霊場 目 次 > 20 越中西街道

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文      飛騨33観音 越中西街道     遍照の響き
              飛騨三十三観音霊場   地  図
    巡礼日 2012.9.27    掲載日 2013.7.23

越中西街道を行く「袈裟丸」集落、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

国道分岐点

 稲刈りが終わった「袈裟丸」集落を抜け、「ほそえ駅」を少し過ぎた所のコンビニで、麦茶とモクを買って大休憩。

 遠くに国道41号線と471号線の分かれ道を示す、青い看板が見えます。

 出発して分岐点より471号線を自転車を漕ぎ、車が少ないかと思ってたましが、それなりに走ってます。

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文 国道の分岐、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  国道の分岐、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
 越中西街道、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  越中西街道・宮川の流れ、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  越中西街道、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

野口トンネル

 最初に「野口トンネル」が有り、できればトンネルを通りたくなく、回り道でも良いから旧道を走ってみたいと思ってました。

 そのため計画段階では、ここから「猪谷」の間、川沿いの旧道を行けるか・・というのが最大の課題でありネットで調べましたが、あんまり情報がありません。越中西街道 野口トンネル付近

 ちなみにこの区間を「越中西街道」と言ったらしい。

 地図では川沿いに旧道が掲載されていますが、トンネルが出来ていると使われなくなり、どおなってるやら・・・

 とりあえず「野口トンネル」横の旧道を、ダメ元で行ってみると、少し草は生えているが走るには支障がなく快適でした。(一番上の写真)。!(^^)!

宮川渓谷

 越中西街道、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文越中西街道、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文越中西街道・宮川峡谷、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
 「越中西街道」は再び国道に合流し、この付近の「宮川渓谷」は、秋の紅葉季節に来ると良いだろなぁ。

 途中、大きな枯木に直接仏さんを彫ってあります。越中西街道・宮川峡谷、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 へえぇぇ・・あんまり車が通らないのに凝った事をしますねぇ。

 その近くに休憩所が有ったので一休み。

 看板が有り「修道陰徳銘の碑」とあり、江戸時代に私財を投げ打って、この道を整備した人の記念碑らしい。

檜ケ渕

 もう一つ「檜ケ渕」の伝説が書いてあります。越中西街道・宮川峡谷・檜ケ渕休息所、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 昔、弘法大師さんが、ここで昼飯を食い終わった時、何が気に入らんかったのか、手に持っていた「檜の箸」を対岸に投げつけたそうな。

 悪いヤッチャのおぅ・・・ゴミは持ち帰らないとアカンのにぃ・・

 
ところが、あぁたぁ・・・エライ人がやると違うもんで、「檜の箸」は相対して立ち、根が出て茂り大きくなったそうな。飛騨 宮川 檜ケ渕

 
以後、ここを「檜ケ渕」と言うそうです。

 で・・・その二本の檜は・・と探したが、信心が足りないモンには、見えないらしく、わかりまへんでした。

 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、前へ  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、次へ     遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無