HOMEへ > 飛騨三十三観音霊場 目 次 > 24 旧 道

自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文      飛騨33観音 旧道      遍照の響き
           飛騨三十三観音霊場   地  図
          巡礼日 2012.9.28   掲載日 2013.7.29 

飛騨最北端の駅

杉原駅「杉原」集落、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 「杉原駅」へ寄ってみると「飛騨最北端の駅」と書いてあります。

 ううむうぅぅ・・感覚的には、そおかなぁ・・と思ってましたが、地図を見ると飛騨地方では最北端に位置してるのかもしれない。

 「宮川」に架かる橋から眺めると、先程行った「玄昌寺」が遠くに見えます。

 杉原駅  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

20番「久昌寺」久昌寺・清水、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 20番札所「久昌寺」は、入口に「飛騨三十三観音」の白い幟が、これでもかと思うほど一杯立ってます。

 幟を作り過ぎちまい、立てる場所が無くて余ったのかな?。

 できれば一箇所にまとめずに、道筋に立てておいてくれた方が、分かり易いんだけれど・・・久昌寺・木彫り、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 久昌寺・階段入口に清水が出てたので、ガブ飲みしてから階段を上がると、宮川の流れが見えます。(一番上の写真)

 戸が開いたので堂内に入って参拝。

 庫裡の玄関に、猿とフクロウの木彫が有り、何となく猿がサミシそうにションボリと座っているように見えるのは気のせいか・・・。

 久昌寺を出て「鮎飛トンネル」横の旧道を通り、「新鮎飛橋」で国道と合流しました。
    飛騨33観音 久昌寺               飛騨 鮎飛トンネル

飛越トンネル

 「小豆沢」集落からの旧道には「通行禁止」の表示も無いので、行けそうな気もするが「杉原観光やな場」の看板が有ります。久昌寺、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 今朝、汽車に乗って見た時には、この先の旧道が崩れて廃道になっており、この旧道は「やな場」までは行けるが、途中から通行禁止になってるのかもしれん。

 ここは安全策を取って「飛越トンネル」を通り、結果的には、この判断が正しく、トンネル出口の旧道と思われる箇所には鎖が掛かっていました。

 良かったなぁ・・汽車から旧道が崩れているのを確認しておいて・・・知らなかったら、泣きながら戻って来る所だったでぇ。

越路トンネル

 「越路トンネル」の少し前「加賀沢」付近に、川沿いの旧道が有ります。「加賀沢」付近、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 行けるかなぁ・・なんせ汽車から崩れている旧道を見ていたので、この先どうなってるかわからず、心配で・・しんぱいで・・・。

 安全策を取って2kmほどの長い「越路トンネル」を通り、内部には広い歩道も有ったので車の恐怖感はありませんでした。自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 しかし、これを書いてる時に、もう一度調べてみると「気になったので逝ってみたレポート」というホームページに、この旧道を通ったレポートが写真入りで掲載されてました。

 読んでみると、オトートバイに乗った軽快な感じのオバチャンのレポートで、このオバチャンの書き方はσ(*_*)好みだなぁ・・・参考にしなくっちゃあぁ。(^O^)猪谷、自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文

 旧道は、それほどの難所でも無く通れたようで惜しい事をしました。

 「蟹寺トンネル」を通り国道41号線に出て、ついでに猪谷駅まで行き、少し早いが餅を食べて昼飯代わりとし一休みしました。
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「飛騨三十三観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無