HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 2 針の耳


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    弘照院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
             篠栗四国八十八ケ所 徒歩地図
   遍路日 2012.10.29(第1日目)  HP掲載日 2013.8.2
   行程(札所番号) 2787→15→66→49→36→16→76→47→70→44


弘照院の「針の耳」

87番「弘照院」

十夜ケ橋

 27番札所「金出神峰寺」から車道へ戻ると、すぐ目の前が87番札所「弘照院」です。

 本堂へ行くのに川を渡ると「十夜ケ橋」が有り、ホンマに橋の下で御大師さんが寝ているかな・・と見に行ったら、ちゃんとフトンを掛けてお休みされてました。(^O^)

 弘照院へ向かって、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  弘照院・十夜ケ橋、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  弘照院・十夜ケ橋、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

針の耳弘照院・針の耳、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 本堂へ向かって行くと「最初に「針の耳」へ行き、本堂へ行ってください」と書いてあり、えっ・・本堂の近くなのに「針の耳」と言う所へ行かねばアカンの?

 それが作法ならば「針の耳」付近から本堂へ行く道も有るのだろおと思い、「はいはい・・」と書いてある通りに「針の耳」へ行きました。弘照院・針の耳、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 草地の広場が有り、崖の所に
「これが有名な「針の耳」親子岩です」の看板があります。

 えっ・・「針の耳」って、そんなに有名だったの?・・・初めて聞くが・・恥ずかしながら全く知らんかったでぇ。弘照院・針の耳、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 岩が重なってる狭い隙間が「針の耳」らしく、とにかくそこを潜り抜けてみました。

 その先も山へ上がる道があるので、何かオモロイ物でも有るのかと思って上がってみたましたが、頂上付近に「五穀神」の石碑が有るだけでした。

 弘照院・針の耳より山道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  弘照院を望む、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  弘照院・五穀神、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

本堂

その先も道が続いていますが、どうも本堂方面へ行きそうも無いので戻り、本堂へ行くと若い坊さんが正座して入口横に座っております。弘照院・本堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ううむうぅぅ・・・今までの霊場巡りにおいて各寺で尺八を吹いて来た「手向」ならば慣れているので、だれが居ようとも関係無く自然に吹けるのだが・・・

 なんせ覚え立ての「産安」だったので、チビットあがってしまった。

龍泉堂

 本来の入口らしい所へ行くと「龍泉堂」が有り、オババが居たので軽く挨拶しました。弘照院・龍泉堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「龍泉堂」でも尺八参拝しても良かったのですが、なんせ吹き慣れてない「産安」なので、失敗を恐れたのとオババにわざとらしく尺八を聞かせるようにも思えたので吹きませんでした。

 でも後で調べて見ると、この「龍泉堂」のオババは、優しい字で詩を書くので有名だったらしいですねぇ。弘照院・タッチ観音、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 境内に「タッチ観音」というのが有ったので、罪深い越後屋が極楽へ行けるようにタッチしているので写真を撮ってやりました・・良かったね、これで極楽へ行けるよ。

遍路道

 遍路道は、どおなってるか?・・と地図を見れば、遍路道は先ほどの「針の耳」を通って行くようになってます。

 地図をよく見ておけば良かったのだが、それにしても何で本堂へ行く前に「針の耳」へ行くように書いてあったのだろう?・・・σ(*_*)の見間違いだったのかなぁ・・・。

 もう一度「針の耳」を通って、先程の山上まで行くと、すぐ近くの所で車道へショートカットするように出ました。
        歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
             歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
     遍路・巡礼用具、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文          遍照の響き、ホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無