HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 11 集中力


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      秀善寺ろ境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
          篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
     遍路日 2012.10.30(第2日目) HP掲載日 2013.8.30
     行程(札所番号) 4382→11→5225→40→6→13→71→
              →3→31→45→1→60→72→74→78→17
 


托鉢と仏心の芽生え

25番「秀善寺」

 秀善寺へ向かって、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  秀善寺へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   秀善寺・入口、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

話し声

 25番札所「秀善寺」で尺八を吹いて参拝していると、堂内からオバハン達の話し声が聞こえ始めました。秀善寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ええいぃぃ・・うるせえ・・

 参拝客のオバハン達が話してるのだと思い、尺八で黙らせようと思ったが、どうしても最後まで話し声が止まらず、σ(*_*)の実力では黙らせられまへんでした。

集中力

 しかし尺八を吹いて黙らせようと思って曲に集中をしたためか、まあまあの出来でした。秀善寺・お抱え地蔵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ここで初めて、今までは、どうもあんまりヨロシクなかったのは、吹く時の集中力が足りなかったからだと気づきました。

 これもオバハン達の話し声のおかげかもしれん・・・ナモナモナモ・・・。

納経所にて

 参拝客かと思ったら、堂守のオバハンと越後屋が納経所で話しているのでした。

 オバハンから茶を進められ
「良い音が聞こえ、ジワッ〜・・と、来ました。」

 そか、あんまりタイシタ事が無かったのだけど、ジワッ〜・・と来てくれたか、アリガタイ事です・・再び・・ナモナモナモ。秀善寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 それにしては越後屋と話してる声が弾んでたようだが・・たぶん、どこから来た、尺八の人は連れか?等と聞いてたのでしょう。

 その後も、えらい尺八を吹いた事に対して感激してくれ、
「初めて尺八を吹く人を見た」と言い、そお言えば昨日の44番札所「大宝寺」でも初めて見たと言ってたなぁ。

 やがて奥の部屋へ入って、手拭い2本をくれました。秀善寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 
「名前を書いたものが欲しい」と言うので、サインするほどの有名人物でもないんだが・・

 でも、まぁ・・今日の記念にするのだろうと思い
「納札で良いか?」と聞き、名前を書いて渡しました。

 出発する時には、封が切ってないアメ袋までくれて、これはオバハンがヒマな時にでもシャブルつもりで買ってきた物のだと思う。

仏心の芽生え

 托鉢のつもりで参拝したのでは無かったが、尺八の音を聞いたオバハンに仏心が芽生え、この修行者(と言われるほど立派な人物ではないが)に「自分で出来る、何かをしてあげたい・・」という気持ちの表れが、手拭いやアメ袋をくれた行為なのでしょう。秀善寺・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「托鉢」とは、本来こおいう気持ちのやり取りが有るものだと思う。

 これも尺八を吹いてたからこその縁でしょう・・・・ナモナモナモ・・・。

    歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
      歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
        遍路・巡礼用具             遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無