HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 12 羅漢さん


  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     一ノ滝寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    遍照の響き
           篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
    遍路日 2012.10.30(第2日目) HP掲載日 2013.8.31
    行程(札所番号) 4382→11→52→25→40→6→13→71→
              →3→31→45→1→60→72→74→78→17


「一ノ滝寺」の羅漢さん一ノ滝寺へ向かって、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

遍路道

 山方向へ行く車道を歩いてると、川の向こう側に寺があり「ぼけなし白龍観音」の幟が立ってます。ぼけなし白龍観音、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 時間に余裕があれば、面白そうだから寄ってみる所だがなぁ・・・チッコイ犬が吠えてました。

 さらに車道を行くと、集落に入り谷川を挟んで家や鳥居も建ってます。

40番「一ノ滝寺」

 一ノ滝寺付近、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  一ノ滝寺入口、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  一ノ滝寺・本堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

境内

 橋を渡った赤いヤグラ(・・と思ったら鐘楼だった)が見える所が40番札所「一ノ滝寺」でした。

 この赤い鐘楼の下は「お休み処」になっており、お茶とお菓子が用意してあったので、参拝が終わった時に休ませてもらいました。

 一ノ滝寺・鐘楼、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  一ノ滝寺・鐘楼下の休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  一ノ滝寺・本堂前、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 まずは荷物を本堂前のベンチに置いて、境内を探索。

 真言宗らしく、不動明王や滝に結界が張ってあります。

     一ノ滝寺・不動明王、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文           一ノ滝寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

羅漢さん

 奥の方に羅漢さんが有り、これが今まで見た羅漢さんと違うんですねぇ。

 普通の羅漢さんは、顔の表情やシグサが違っているのですが、ここの羅漢さんは手に持っている物とか抱えている物に特徴があるようです。一ノ滝寺・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 いかにも日常的というか家庭的・・という感じで・・・

 羅漢さんと言うよりも、近所のボケ始めたジジイが日向ぼっこしてる雰囲気がしており、なかなか見応えが有ります。

      一ノ滝寺・ムスッとした羅漢、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文           一ノ滝寺・猫を肩車している羅漢、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
    ムスッ・・とした羅漢さん      猫を肩車にしている羅漢さん

           一ノ滝寺・子犬を持ってる羅漢、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 
  子犬を抱いてる羅漢さん(左)  カッパみたいな羅漢さん(右)
 (後ろ右側)赤ん坊をあやしている羅漢さんは、妻に逃げられたのでしょうか・・
「カアチャン・・オレが悪かった、帰ってきてくりぃ。」と訴えているようで、カワイソーでんなぁ。

 そお言えば、羅漢さんで「ババア」というのは見た事が無く、作れば、さぞかしゴォ〜ツクババアの雰囲気になると思うが・・だれか作ってね。(^O^)

 羅漢さんの顔が皆同じようなので、作者は同一人だと思う。

        歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
          歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
   遍路・巡礼用具               遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無