HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 14 城 戸


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     城戸釈迦堂・タヌキ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   遍照の響き
            篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
      遍路日 2012.10.30(第2日目)  HP掲載日 2013.9.2
   行程(札所番号) 4382→11→52→25→40→6→13→71→
                
→3→31→45→1→60→72→74→78→17


「城戸」付近の札所

遍路道

 麓へ向かって下りる遍路道は竹藪が多く、けっこうな坂も有り、逆方向から来る人は、キツイでっしゃろなぁ。
      「城戸」への遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文          「城戸」への遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

13番「城戸大日堂」

 遍路道が国道へ出る・・と思った所に13番札所「城戸大日堂」が有りました。城戸大日堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 尺八参拝していると、オバハンと若いアンチャンが来て、賽銭箱にお金を「ジャラジャラ・・」と放り投げるような感じで入れて行きます。

 もおちっと、静かにあげれば良いのに・・・心が現れるなぁ。城戸大日堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
 それでも来るだけ、まだ良いのかな?

 縁台に「少年探偵ジャーネ君の冒険」という本が置き忘れられてます。

 大日堂や境内の雰囲気は落ち着いているのだが、なんせ国道脇なもんだから、車の通る音がやかましい。

   城戸大日堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文               城戸大日堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

71番「城戸千手観音堂」

城戸千手観音堂

 駅方向へ行って昼飯にしようと思って国道へ出ると、すぐ目の前に71番札所「城戸千手観音堂」が有りました。

 100円の地図では、離れてるように見えたのだが、そんなもんかな?。城戸千手観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ついでに参拝したが車の走る音がうるさく、それでも負けずと集中したためか、尺八はまあまあの出来。

 この堂の看板に「足手観音堂」とデカデカと書いてあるもんだから、最初は札所と違うんでないかい?・・と思ったが、横の柱には札所番号の看板が掛かってます。

足手観音

 で・・「足手観音」というのは、ここんちの観音さんは足と手を合わせて「千本」なのだろか・・と思ってたが、帰って調べてみると城戸千手観音堂・足手観音、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 
「昭和の初め、久留米の女性が足や手がしびれる病氣にかかり、主人に付き添われてこのお堂にやってきた。

 そして籠もり堂に滞在し祈願を続けたところ、半年後には全快し、自分の足で歩いて帰ることが出来たそうだ、

 以来いつのまにか足手観音と呼ばれるようになった。」
らしい。 「第26回 歩こう会」より

 側の橋を渡った所にも寺が見えたので、それも札所かと思ったが「薬王寺」と書いてあり違うようでした。

食堂

 「南蔵院」前の駅付近で食事が出来るかと思ったが、土産物店のみで食堂は無かった。

 この国道沿いの土産店も、何となく古くて廃れている感じがする。

 「南蔵院」通りの新しい店に、客を全部取られているのかなぁ。城戸釈迦堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 四国でも札所が宿坊を始めたら、付近の宿はバタバタとツブレた所が有ったからなぁ。

 出来れば古くても小汚くても良いから、昔ながらの食堂があれば、その店を残すために、そこで食事したかったのだが・・・仕方なく「南蔵院」通りに入って食事しました。

 予定では「郷ノ原」方面を巡る予定にしていたが、寺数が多いので巡られないと思い計画変更して、この付近一帯の寺から鳴渕ダム方面へ向かってやる事にしました。

3番「城戸釈迦堂」

 3番札所「城戸釈迦堂」は「南蔵院」参道入口脇に有り、しかもチッコイ堂なのでボオッ〜としてたら見逃すかもしれまへん。城戸釈迦堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 堂内には、だれが描いたのか「十一面観音」が半紙に書いて貼ってあります。

 納札箱の上にタヌキの置物が置いてあり、その手を合わせて見上げてる顔が可愛らしくて愛嬌が有り、思わず笑った。(一番上の写真)城戸釈迦堂・絵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 参道脇なので、尺八参拝すると人が集まってジロジロ見られるかな?・・と思ったが、この場所に気がつかないのか、だれも来なかった。

31番「城戸文殊堂」

 「南蔵院」参道を行き、先程食事した食堂すぐ近くに31番札所「城戸文殊堂」が橋を渡った所に有ります。南蔵院・参道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 尺八参拝は少し落ち着いてきたのか、慣れ始めたのか、だいぶ良くなった。

 併設されている「お休み処」には、バサマと猫が番をしていました。

城戸文殊堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   城戸文殊堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  城戸文殊堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

            歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
              歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
   遍路・巡礼用具                   遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無