HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 15 不動霊水窟


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     平家岩、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      遍照の響き
         篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
     遍路日 2012.10.30(第2日目) HP掲載日 2013.9.3
   行程(札所番号) 4382→11→52→25→40→6→13→71→
               →3→31
→45→1→60→72→74→78→17


「不動霊水窟」尺八の響き

「南蔵院」境内参道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「南蔵院」参道を上がって行くと大きい不動明王が立ってる広場が有り、その手前に杉の木に締め縄を張って看板が立ってます。

 「御神木の雷神様」と書いて、杉の木の皮が剥がれている箇所は雷が走った所だそうで、雷様が彫ってありました。歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 赤い橋の先には、相合い傘の下に地蔵さんが二体有り「良縁円満地蔵尊」とある。

 なあ〜ぁんか、この付近は新しく造った商魂たくましい物が一杯ありますなぁ。 (^O^)

 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

45番「城戸ノ滝不動堂」

 さらに上の方へ上がると、水量が余り無い滝が有り、側の堂が45番札所「城戸ノ滝不動堂」でした。

 隣の「不動霊水窟」と書いてある洞窟からは、経を唱える声が聞こえ、白装束姿もチラッと見えたので、どこかの団体の先達なんだろか。城戸ノ滝不動堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 洞窟の入口が、何となく人工的な造りだったので、最初はあんまり入る気が無かったのですが、読経を聞いてるとなかなか響きが良い。

 よっしゃあぁ・・札所を参拝したら、σ(*_*)もマネして尺八を吹いてみよう。

不動霊水窟

 45番「城戸ノ滝不動堂」を参拝後に「不動霊水窟」へ入ると、若い女性二人が居ます。

 中央付近に有る水がどおかなってるらしく、グズグスしてその場所をなかなか動きません・・早くドケェ・・。

 後で調べると、どおやらそこに霊水が有ったらしい。不動霊水窟、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 やっと若い女性達が、どこかへ行ったので中央祭壇で賽銭箱を探したが無く、コップにお賽銭が入ってたので、そこに入れときました。

 「手向」を吹くと洞窟内のエコーが効いて、もんのすごく尺八の響きが良かった。

 構造的なためか反響音が柔らかく、自分でも珍しく100点満点の出来だったと思い、こんなに響きが良かったのは最近では・・・無かったなぁ。

 振り返ると、先ほどとは違うネーチャンが一人いて、
「聞きほれていました。」と誉めてくれます。

 後で越後屋が言うには、このネーチャンは一つ一つの石仏にも丁寧にお参りしていたそうで、よっぽどの願い事か・・信心深いのか・・

平家岩  

平家岩、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  平家岩、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  平家岩より、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「不動霊水窟」を出るとチッコイ橋で「平家岩」に通じており、安徳天皇の妹に「千鶴姫」というのが居たらしく、壇ノ浦の戦い後、家臣と共にこの岩に身を潜めていたそうな。(一番上の写真)平家岩より、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 へえぇぇ・・・こんな所まで平家が逃れ来てたのかぁ。
 それにしても安徳天皇に妹が居たとか、「千鶴姫」という名前は、初めて聞いたが・・・

 隠し子だったのが壇ノ浦のドサクサの際にバレちまい、認知がどうのこうのでモメちゃったのでしょうか・・・。南蔵院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

1番「南蔵院」

 「平家岩」を上って広場へ戻り、1番札所へ行き参拝し、だいぶ慣れて来たのか、尺八はそれなりでした。

        歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
           歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
        遍路・巡礼用具         遍照の響きホームヘ 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無