HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 >  16 これはないと思ふ


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     寝釈迦涅槃像、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      遍照の響き
         篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
   遍路日 2012.10.30(第2日目) HP掲載日 2013.9.4
   行程(札所番号) 4382→11→52→25→40→6→13→71→
                →3→31→45→1
→60→72→74→78→17


寝釈迦涅槃像と神変寺

七福神トンネル

 「七福神トンネル」を通ると、おぉぉ・・ちゃんと七福神が居るでねぇか・・賽銭はあげなかったけれど。(^O^)
    七福トンネル、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文         七福神、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 屋根付き廊下?を渡ると、下の方に国道と篠栗駅方面が見えます。
    寝釈迦涅槃像へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文         国道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

寝釈迦涅槃像

 少し行くと、建物の上から大きな丸いボツボツが見え、何じゃこれ?・・無粋じゃのおぅ・・と思いながら前へ回ってみると、デッカイ寝釈迦涅槃像でした。

 ふうぅ〜ん・・と思って眺め・・そいで、60番札所「神変寺」はどこなの?寝釈迦涅槃像の頭、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 境内の隅に有る細長い休息所(一番上の写真)の中かな?・・と思ったが、中にはベンチしかありません。

 ベンチに座ってモク吸いながら、この寝転がってるお釈迦さん像が60番札所になってるのかなぁ・・と思いながら、しばし眺めていました。

 それにしてもデカイなぁ・・・この設立資金は、どこから出てきたんじゃろ?
 よっぽど悪い事をしないと、これだけの金は集まらんじゃろなぁ

60番「神変寺」

神変寺

 そのうちに寝転がってる仏さんの頭付近に、チッコイ堂らしい物が見えたので、まさかあれでは・・と行ってみると、そのまさかのあれでした。

 納札箱が置いてあり、60番札所「神変寺」の看板も掛かっており、あらあぁ・・・ここだったのね。寝釈迦涅槃像と神変寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 先程、この前を通った時には全然気付かなかったし、知らん人が納札箱を見たら、ゴミ箱と間違いまっせぇ・・実際、自分はそう思って通り過ぎた。

 納札箱が有ったから札所と確認出来たが、気がつかなかったら、寝転がった仏さんが札所だと思って、それに向かって参拝するところで、危ないところだったなぁ。

 それにしても、デカイ寝転がった仏さんが目の前に有るだけに、それと比較するとこの小さい札所は、そこらの石仏を集めた道端の六地蔵堂のような冷遇された扱いです。寝釈迦涅槃像と神変寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 
「義理で仕方なく、ここにお堂を建てました。ホントはジャマなんだけど・・」という感じが、もんのすごくする。

 篠栗霊場だけでなく、今まで巡った全国各地の霊場の中でも、この60番札所は一番粗略に扱われている気がして・・これは、ないと思う・・・・

 せめて寝転がった仏さんの頭のイボイボの一つ分の資金だけでも、この小さい札所に回せば、もおチット札所らしい堂になるのにぃ。

 それがダメならば、休息所の一部分を札所に当てるとか・・何とか配慮を出来なかったもんじゃろか?

 どうもこの場所は「篠栗霊場の札所」と言うよりも、寝転がった仏さんを見物させる方を主にしているような気がする。寝釈迦涅槃像と神変寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「篠栗霊場」と名打ってる施設ならば、単に大きいだけの寝釈迦涅槃像の物体よりも、心の拠り所である札所を一番に考えるべきではないだろうか。

 これじゃあぁ、信仰施設というよりも商売のための客寄せ観光施設と変わらん。

 寝転がってるお釈迦さんも、「オラ、知らんもんね・・」という顔して寝てないで、しっかり起きて考えてくんなせぇ・・そお思いませんか?

 もう一度言うけど・・この60番札所の扱いは無いと思う・・・・

地元の人に聞きました

 後日、篠栗の地元の人に、寝釈迦涅槃像をどう思うか?と聞いてみましたが、やっぱり「涅槃像は失敗で、あれは、ないと思う・・」と言います。

 なお聞いたのは一人だけではなく、数人に聞きましたが全ての人がそう言い、「涅槃像は、あれで良いんじゃ」と言う人はだれも居なく、地元の人からも失敗作だと思われてるようです。

72番「田ノ浦拝師堂」

 国道沿いの74番札所の案内看板が有る橋を渡った所に72番「田ノ浦拝師堂」が有り、そこからも47番札所「城戸病奪り薬師堂」が見えました。

 田ノ浦拝師堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  田ノ浦拝師堂・入口、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  田ノ浦拝師堂・お休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 階段を上がると、広い「お休み処」が有り、そこの地蔵さんに「力」印の鉢巻きをした地蔵さんが有ります。

 よっぽど「力」というか、「コンジョ」が欲しい願いを込めたのでしょう。(^O^)

 田ノ浦拝師堂・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      田ノ浦拝師堂・地蔵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      田ノ浦拝師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

47番「城戸病奪り薬師堂」城戸病奪り薬師堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 47番札所「城戸病奪り薬師堂」の場所は、地図で見ると離れているように思えるが実際はすぐそこです。

 入口の堂に赤・緑の幟が立っているから、そこが本堂かと思ったら、その裏に薬師堂がありました。

 ここの札所でも間違わずに尺八を吹けて・・・よかったなぁ。

     城戸病奪り薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文             城戸病奪り薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
          歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
            歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
        遍路・巡礼用具           遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  



無