HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 >17 二日目の終り


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      山手阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
           篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
     遍路日 2012.10.30(第2日目) HP掲載日 2013.9.5
     行程(札所番号) 4382→11→52→25→40→6→13→71→
                →3→31→45→1→60→72→74
→78→17


暗譜修行・二日目の終り

78番「山手阿弥陀堂」

 山手阿弥陀堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山手阿弥陀堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山手阿弥陀堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
山手阿弥陀堂・入口、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
 川沿いの旧道を歩き、国道に出て、再び旧道へ・・・

 駐車場のような広い所に「日切地蔵」の看板があり、そこの階段を上がると78番札所「山手阿弥陀堂」でした。


  山手阿弥陀堂・戒壇、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      山手阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     山手阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

  境内はキレイにしてあり、狭いながらも純日本庭園風・・・。山手阿弥陀堂・ベンチ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 境内の地蔵さんは「勝自身」と書いた鉢巻きをしており、「小倉工」と書いた黒帯柔道着が着せてあります。

 今までの鉢巻きを締めてた仏さんも、同じ人が奉納?したのじゃろうか?山手阿弥陀堂・柔道着の地蔵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 よっぽど柔道に執念を持ち、試合に勝ちたかったんじゃろなぁ・・うん、その気持ちは、よぉ〜わかる。(^O^)

 石仏にヨダレ掛けばっかりじゃ、オモロないので、鉢巻き・柔道着・・・祈願の形としては、こおいうのも「有り」だと思い、なかなか面白い。山手阿弥陀堂・鶴と亀、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 失礼ながら見た時に、思わず笑っちゃった。

 σ(*_*)も虚無僧の天蓋と偈箱・袈裟を作って、石仏に着せてやろかな・・叱られるかもしれんが・・(^O^)山手阿弥陀堂・日切地蔵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 付近には、鶴?の置物が2匹有り、それぞれ亀の上に、ちゃんと乗っかってます。

 「山手阿弥陀堂」境内から隣の「日切地蔵」へ行け、手入れが行き届いてます。

17番「山手薬師堂」山手薬師堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 17番札所へ行くのに国道を横断しなければならず、車の往来が激しくなかなか渡れない。

 もっと先には信号が有るようだが、少し遠回りになるような気がする。山手薬師堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 やっとスキを見つけて走って渡ったが、オトロシイ所だ。

 手動信号機の設置を・・と言っても無理だわなぁ・・日に何人ここを横断するか、わからん箇所だもん。山手薬師堂入口、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 17番札所「山手薬師堂」は、アッサリした所で、前面広場は個人の敷地なのかな?。

 二日目の今日は、ここでオシマイ・・尺八はだいたい間違えなく吹けるようになりました。山手薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 昨日は暗譜したてなので、正直言って歩き疲れと、暗譜のウロ覚えが多く精神的にもキツかった。

 1日目は11寺、2日目は18寺・・二日間で計29寺を連続して吹いて来たので、曲は覚えたような気がする。山手薬師堂・石仏、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 今までは暗譜修行の準備段階のようなもんで、とにかく曲を間違えないように注意して来たが、これからは、どのように自然に曲想・表情が出来るか・・だと思う。

 明日からは残る篠栗霊場札所をほっつき歩き、数多く吹いて慣れ、どれだけ自分のものになるのかじゃろなぁ。

         歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ    歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ


         遍路・巡礼用具        遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無