HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 18 暗 譜


  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    紅葉ケ滝薬師堂・彫刻、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   遍照の響き
          篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
   遍路日 2012.10.31(第3日目) HP掲載日 2013.9.6
   行程(札所番号) 81→75(紅葉ケ滝)→34→5→50→85→12→88
                →58→2→56→22→55→53
 


「紅葉ケ滝」と尺八暗譜南蔵院・駐車場、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

81番「二瀬川観音堂」

 8時頃、南蔵院の無料駐車場に車を置いて出発。

 国道の車の交通が激しいですねぇ。二瀬川観音堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 テクテク歩いてると交差点付近に81番札所「二瀬川観音堂」が有り、中年夫婦が車遍路して参拝に来たので、聞いてみると長崎から来たという。

 堂内の壁に、チッコイ「鯉のぼり」が貼ってあり、思わず笑った・・カワイイでんなぁ。

 二瀬川観音堂を望む、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    二瀬川観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    二瀬川観音堂・堂内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

遍路道

国道の遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 81番札所「二瀬川観音堂」を出て国道を歩き、急カーブの所から脇道に入り、少し行くと車道をショートカットする短い遍路道があります。

     遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文            遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 再び車道に出てから、セメント道を少し行くと、遍路標識が有って横方向へ行くようになってます。

 越後屋は知ってか知らずか・・そのまま石セメントの道を、トットと行っちまい見えなくなっちゃった。遍路道・間違いやすい、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 この遍路標識が無かったら、そのままセメント道を歩いて行く感じですが、遍路標識が二つ設置されており、どちらも「横へ行け」と指しており、見落としやすく迷い易い箇所なんだろなぁ。

 大声で呼び戻してやると、モンク垂れながら、やっと戻ってきた。

 だいぶ先へ行ったらしく、
「この先を行くと地道になり車道へ出たので、同じ所へ出るのでは?」と言います。遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 しかし、わざわざ2つの遍路標識が指しているので、標識を信じて行くと、やがて階段を上がるようになっており、やっぱりこの道を来て正解だったじゃねぇか・・・ほれみろ・・

 国道が見え、そこへ上がる道は有るが遍路標識が見あたらない。遍路道・国道へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 念のため車道へ上がると、大仏さんのような物が見えたので、この道を上がるのが正解だと思うが標識が欲しい所である。

 この国道が、また車の通行が激しくオトロシイこと・・・
 やっとこ・さっとこ横断しました。

にっこり大仏

 大仏さんは笑ってるような表情なので、「にっこり石の大仏さま」と言うらしく、この施設?は失礼ながら、いかにも最近作った現代的シロウト作的風のような気がする。
       にっこり大仏、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文             チョンマゲの像、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 セメントで作った門を入ると、大仏さんの周りには、チッコイ石仏が集まってる中に、チョンマゲを結って正座している人の像が有ったが、この人は何だったのだろか?

 この「にっこり大仏」が札所かと思ったら違っており、そこより奥の方が75番札所でした。

75番「紅葉ケ滝薬師堂」

 75番「紅葉ケ滝薬師堂」には滝修行場が有り、境内にある龍の口から水が出て、タイヤキのような魚を置いた「魚魂供養」も有ります。紅葉ケ滝薬師堂・入口、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 この時は知らなかったのですが、この「紅葉ケ滝薬師堂」は「篠栗霊場」発足当初に定められた篠栗75番札所では無かったのです。

 スッタモンダのあげく最高裁判所でも、この「紅葉ケ滝薬師堂」は本来札所で無いと判決が下ったにもかかわらず、篠栗霊場会がゴリ押しして勝手に独自に作った75番札所だったのでした。紅葉ケ滝薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 そんな事も知らなかったので、すっかりコロッとダマされちまったぜ・・おい・・。

 いかに霊場会と言えども、こおいう「ニセ札所(と、あえて言いたい)」を勝手に作って、何も知らない遍路を惑わすのは、いかがなものか・・・

 で・・本来の75番札所は若杉山に有る「善通寺」だと思います。

 紅葉ケ滝薬師堂・滝、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   紅葉ケ滝薬師堂・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  紅葉ケ滝薬師堂・魚魂供養、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

34番「宝山寺」

賽の河原

 「にっこり大仏」まで戻り、横の階段を上がると「賽の河原」の石柱が有り、そこでは別に鬼達が子供をイジメて喜んでるのを再現してるのではなく、ただ単に地蔵さんを真ん中に、両脇に鬼さんが立ってるだけです。宝山寺・賽の河原、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 で・・鬼さんの前で子供が泣いてる像があり、笑ってはアカンのだけれど、その姿を見て、あらカワイイ・・と思わず笑っちまった。

 34番「宝山寺」境内には「黄金まき岩」の伝説が有り、山伏が山賊に襲われた時、この岩から英彦山へ向かって黄金をまいたら、木の葉のように英彦山へ飛んで行ったらしい。

暗譜の出来具合

 参拝後、この「宝山寺」まで来るのに休み無しだったので、日当たりの良い場所に越後屋と並んで座り一休みしました。宝山寺・参道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 
「越後屋さん、一番最初の日と比べて、今日の尺八の出来具合を比較すると、どうだった? ゴロニャ〜ン・・・」

 
「上手くなったと言って欲しい?  アッチイケ・・シッシッ・・・」

 
「いや、白々しいからホントの事を言って。  クゥ〜ン・クゥ〜ン・・・スリスリ・・」

 
「まだまだ、アカンですなぁ。
 昨日の洞窟(不動霊水窟)で吹いたのは良かったが、まだまだですなぁ。    (^O^)ワッハッハッハッ・・・・ヘ・タ・ク・ソ・・」宝山寺・黄金まき岩、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文


 おっ・・いつもは厳しい事を言ってケチつける越後屋も、あの洞窟で吹いたのは良いと認めたか。

 
「そおじゃなぁ・・あの洞窟で吹いた「手向」曲は、もう何千回以上も吹いてるので、心のままに吹けるから良いんだけど・・

 今回吹いてる「産安」は暗譜したてのヤツで、やっと間違えず吹ける所まで来たが、まだ「手向」のようには吹けてない。」宝山寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「覚えたてなの?」

 
「うん、今回の「篠栗霊場」遍路で「産安」曲だけを札所で吹き続けると、どのように変化するか試してるんだ。
 楽譜を見ながら吹くと、そちらに気が行き、いつまでたっても心からは吹けないと思う」

 「おでぇかんさまは、他の人か尺八を吹いてるのを聞けば、吹いてる人の心がわかるの?」

 
「心までは、わからんが・・少なくとも楽譜を見ながら吹いてるのか、暗譜して心のままに吹いてるのか程度はわかると思う。」

 寺の住職やバサマ達は尺八をあまり聞いた事が無いので誉めてくれましたが、いつも尺八を聞いてる越後屋の耳はゴマかせません。

         歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
            歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                  遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無