HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 19 巾着袋


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      郷ノ原地蔵堂・天井、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
            篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
      遍路日 2012.10.31(第3日目) HP掲載日 2013.9.7
    行程(札所番号) 81→75(紅葉ケ滝)→34→5→50→85→12→88
                →58→2→56→22→55→53


「巾着袋」の接待

遍路道

 34番札所「宝山寺」の裏?から国道を横切ってショートカットする遍路道を行き、再び国道を横切ったが、この付近はホンマに車の交通量が多くてオトロシイ所ですねぇ。

郷ノ原地蔵堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  郷ノ原地蔵堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   郷ノ原地蔵堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 横切った付近に寺が有りましたが、地図を見ると札所寺ではなく、そのまま真っ直ぐに行くようです。

 歩いてると墓の付近でコンクリ道が地道になり草が生えてたので、越後屋が
「あらあぁ〜道が無くなったわ。道を間違えたぁ・・どうしょ・どうしょ・・」とギャアコラ言い始めます。

 
「ええいぃぃ〜落ち着けぇ、ウロたえるなぁ・・そのまま地道を行けば良いんじゃ」と、ホンマは確信が無かったけれど叱りつけて行くと5番札所「郷ノ原地蔵堂」に出ました。

 郷ノ原地蔵堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  郷ノ原地蔵堂・遍路道、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  郷ノ原地蔵堂付近、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 

5番「郷ノ原地蔵堂」

郷ノ原地蔵堂

 5番札所「郷ノ原地蔵堂」では、境内でオババが一人掃除をしてたので挨拶して尺八参拝をしました。

 参拝が終わって振り返ると、オババが後ろで手を合わせており、少し涙ぐみながら盛んにお礼を言います。郷ノ原地蔵堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 うむうぅぅ・・尺八でオババを泣かせたのは「四国遍路」以来、久しぶりじゃなぁ。

 
「この堂は、御詠歌を歌っても響きが良いように天井(一番上の写真)を作ってあると大工が言ってました。」

 うん確かに今までの堂よりも、気のせいか響きが良かったように思う。

 聞いてみると毎朝ここを掃除しておりろ、90歳だそうで何かをやる目標が有るためかトシの割に元気で、目にまだ若い輝きがありました。郷ノ原地蔵堂・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 あんまりにも尺八を誉めて礼を言うので、そんなに喜んでくれるならば・・と、堂へ入ってもう一曲「手向」を吹いてあげました。

 もっとも堂の天井による響き具合を、もう一度確かめたい気持ちも有ったんだけれど・・・(^O^)

接待

 そしたらバサマ、これまたすっかり喜んじゃって「接待するから、そのまま待っててくれ。どこへも行くな。必ず待っておれ・・」と、くどく念押しして家へ戻り、しばらくするとスーパーの袋に手縫いの巾着袋を、ギッシリ詰め込んで持って来ました。

 7・8枚ほど巾着袋が入っており、とにかくそこらに有ったオババの制作物を掻き集め、急いでスーパーの袋に押し込んで来たのがよくわかります。郷ノ原地蔵堂・巾着袋の接待、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 
「それじゃあぁ、一つだけ貰います。」と言ったが、「そんな事を言わずに、これ全部持っていけ。」とスーパーの袋ごと差し出します。

 
「いや、それは・・せっかく作られたのだから、他の人にも、あげて下さい・・どうのこうの・・」と言ったが、オババもガンコに「どうしても、こうしてでも全部渡す・・絶対に受け取れ・・しのごの・・。」と言ってきかないので、ありがたくスーパー袋ごと貰いました。

 はい・・帰ってから孫にも土産として配ってやり、σ(*_*)も充電器やら小物を入れて使用しています。愛染堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

愛染堂

 オババに深く礼を言って5番「郷ノ原地蔵堂」を出て歩いてると、途中に赤やらピンク色をしたドハデな建物が有り、ハートマークが一杯付いた「愛染堂」でした。愛染堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ワタシャ初めて見た時は、ラブホテルの宣伝建物か、怪しい邪宗教団体の建物かと思いましたぜぇ。

 今時の若い衆の感覚から見れば、こおいうのは良いかもしれんが、σ(*_*)位のトシになると、もうすっかり枯れちまってましてなぁ・・。愛染堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 どう考えても再び返り咲いて「愛」だの「惚れた」の「捨てられた」だのと言う、ややこしい事をする可能性も無いように思え、恥ずかしそうに赤面しながら下を向き、チラッと横目で見ながら通り過ぎました。

50番「郷ノ原薬師堂」

 5番札所「郷ノ原地蔵堂」から、そんなに遠くない所に50番札所「郷ノ原薬師堂」が有り、堂の白壁に大きく「第五十番」と書いてあるので、分かりやすい。

 そおだわなぁ・・これ書いてないと、普通の民家と思って見つけにくいじゃろなぁ。

 札所前の道に、最初はバス停かと思いましたが「お休み処」でした。

 郷ノ原薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  郷ノ原薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  郷ノ原薬師堂・お休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

           歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
             歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                   遍照の響きホームヘ 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無