HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 21 大久保


歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     大久保観音堂・お休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
         篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
   遍路日 2012.10.31(第3日目) HP掲載日 2013.9.10
   行程(札所番号) 81→75(紅葉ケ滝)→34→5→50→85→12→88
                →58
→2→56→22→55→53


薬師如来の元気水

荒廃した堂

 「千鶴寺」より「ハート岩」の橋付近まで戻り、林道へ向かって歩くと堂のようなのが有りました。荒廃した堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 入口には鬼さんが灯籠を持ち上げたり、頭に乗せており、堂の中を覗くと不道明王が奉ってあるよおです。

 中へ入れないようにシャッターがしてあり、少々・・いや、だいぶ荒れてます。

 どおいうつもりで堂を作ったのか、わからんが、壊すならば壊す、管理するならば、しっかり管理した方が良いのだがなぁ。

     大久保薬師堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文           大久保薬師堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

88番「大久保薬師堂」

元気水

 林道を歩いて88番札所「大久保薬師堂」に到着。大久保薬師堂と薬師如来の元気水、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 階段下に小屋が有り
「薬師如来の元気水 蛇口より」「雑菌予防のためガラス戸を開けないでください」と貼り紙がしてあり、おぉぉぉ・・衛生観念が強いんですなぁ。

 小屋脇に蛇口が有り、そこから「元気水」を飲メルようになってます。

 ガラス戸から小屋の中を拝見すると、井戸状になっているよおで木枠を組んでゴミが入らないよおに網も被せてあります。

 何でか知らんが、「フルーツみつ豆」の缶詰が供えてありました。

    薬師如来の元気水、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文              薬師如来の元気水・井戸、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

大久保薬師堂大久保薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 階段を上がって88番札所「大久保薬師堂」で参拝しようとすると、12番札所「千鶴寺」で会ったネーチャン3人連れとトッツアン遍路が来るのが見えましたが、見なかった事にして先に参拝しました。

58番「大久保観音堂」大久保観音堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

大久保観音堂

 すぐ近くの58番札所「大久保観音堂」へ行くと、ネーチャン達は「小浦」方向への林道を歩いて行くところでした。

 「お休み処」が有ったので一休み(一番上の写真)

 参拝して出発すると、すぐ近くに「城戸・南蔵院」へ下りるコンクリ遍路道がありました。

 大久保観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 大久保観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 大久保観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
 
 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 途中で広範囲に竹を切ってある場所に車が停まっており、側に居たアンチャンに挨拶して「竹をどうするのか」と聞くと「チップにしてばらまく」と言います。歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 竹細工にするのかと思ってましたが、竹は土に入れても腐りにくいと思うのだけれど竹処理に効果が有るんかなぁ。

 ちょうど道が分かれていたので、遍路道を聞くと下のコンクリ道だと教えてくれましたが、ここは遍路標識が欲しい所だと思う。

 コンクリ道は下の南蔵院まで続いており、食堂に入って食事していると雨が降って来て、良かったなぁ、山の中でなくて・・・

 ネーチャンやトッツアンは、濡れなかっただろうか・・

歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  南蔵院・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

         歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
            歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

  遍路・巡礼用具                   遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無