HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 25 犬


   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    遍照の響き
          篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
    遍路日 2012.11.1(第4日目) HP掲載日 2013.9.24
 行程(札所番号) →65→83→63→29→75善通寺→64→26→奥の院


「田ノ浦阿弥陀堂」での犬

遍路道

 7番札所「田ノ浦阿弥陀堂」へ行く途中、100円の地図によると南蔵院の駐車場が有る事になっていたが、草が生えた管理地になってます。

 どうりで、そんな駐車場のようなものは無かったなぁ・・と思っていたんだ。

 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 72番札所近くの車道から鉄道の下を潜り、すぐ左側の所に遍路標識が有り階段を上るようになってます。

 越後屋は気が付かず、そのまま車道を歩いて行ったので呼び止めました。歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 この階段はバイパス道路の下まで続いており、階段の縁を歩いたが苔が生えており滑るかもしれんので、ヒヤヒヤしながら上がりました。

 バイパス道路下のトンネルを出た所からは、遍路道でかなりキツイ竹藪の道。

 車道に出て、白い小屋の横を通って行くと地蔵さんがあります。

 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

7番「田ノ浦阿弥陀堂」

地蔵

 田ノ浦阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    田ノ浦阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    田ノ浦阿弥陀堂・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 再び車道に出ると石垣と屋根が見えて、7番札所「田ノ浦阿弥陀堂」に到着。田ノ浦阿弥陀堂・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 境内には地蔵さんが固まって置いてあり、一つ一つにザルが置いて賽銭入れるようになっており・・んなもん・・一つのザルで、ええと思うが・・田ノ浦阿弥陀堂・地蔵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 その地蔵さん群の片隅に、ニッコリ笑っている布製のチッコイ地蔵さんが置いてあり、これと似たのを、どこかで見たなぁ。

 観音さんが持っている鉢?から水が出ており、霊水じゃろか?

田ノ浦阿弥陀堂・観音、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 参拝が終わった後、境内のベンチで尺八の手入れをしていると首輪をつけた犬が来ました。

 吠えるかな?と思ったが、立ち止まってジイッ〜・・と見ているだけ・・

 地図を見ると、この付近には民家が無く、人里からだいぶ離れてます。

 犬の毛を見れば、そんなに汚れていなく、顔を見ればアホ犬ではなさそう。田ノ浦阿弥陀堂・犬、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 全体の姿を見ればどっちかと言うと、お金持ちの家で飼われてるような、由緒正しそうな気品が有ります。

 迷ったのか・・捨てられたのか・・それとも「奥の院」まで一緒に行く案内犬か?

 お菓子をやろうと思って口笛を吹いて呼びましたが来なくて、そのうちサミシそうにどこかへ行ってしまいました。

 きっと山中に捨てられた犬で、境内から話し声が聞こえたから飼い主かと思って喜ん田ノ浦阿弥陀堂・境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文で来たのじゃろなぁ・・カワイソーに・・

 四国の寺でも、飼い主に「待て」と命令されて捨てられ、飼い主の来るのを待っている犬が居たのを想い出します。

 なんだかなぁ・・こおいうのを見ると、人間とは罪深い生き物だと思う。

 この札所を出てから車道を若杉山方向へ歩きましたが、この犬とはもう出会いませんでした。

        歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
          歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                   遍照の響きホームヘ  

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無