HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 30 奥の院


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     若杉山・奥の院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      遍照の響き
          篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
    遍路日 2012.11.1(第4日目) HP掲載日 2013.10.7
    行程(札所番号) →65→83→63→29→75善通寺→64→26奥の院


若杉山・太祖宮と「奥の院」

若杉山へ

 若杉山「奥の院」へ向かって教えられた道を行くと、コンクリ道へ出た所から続く山道があります。若杉山・奥の院へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ちょうどコンクリ道の上からオババが数人下りて来て、そのうち一人は手摺りにつかまりながら下りて来てます。

 どれ位の距離が有るかわからんが、コンクリ道・・わけても坂道の下りは足膝に響くから、そりゃあぁ〜足が痛いでしょうなぁ。

 こおいう場合は、少しくらい距離が遠くても山道の方が足への負担は少ないのだが・・。

 若杉山・奥の院へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      若杉山・奥の院へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      若杉山・奥の院へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

太祖宮

 遍路道は、それほどキツイ道ではなく、やがて山道を上がった所に祠と神社が見えます。

若杉山・奥の院へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  若杉山。太祖宮、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文   若杉山・太祖宮、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 とりあえず神社の方へ行くと、なかなか落ち着いた神社で「太祖宮」と書いた説明看板が有り、神功皇后が杉を植えた伝説が有るそおな。若杉山・太祖宮の天狗面、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 拝殿には、いかにも古そうな天狗さんの面も柱に奉納してあります。


 神社拝殿前に有る階段から下を見下ろすと、もんのすごい長い急階段で、下からオババが3人ばかり階段を「ヒーコラ・・」言いながら這いながら上がって来るところでした。若杉山・太祖宮の天狗面、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 この階段は降りるのは楽だろおが、上がって来るにはタイヘンじゃろなぁ。

 ネットでも、長い階段でキツイと書いてあったような気がする。

 境内には、いかにも云われの有りそうな石に注連縄が張ってあり、神功皇后様が休んで座られた石じゃろか?・・だれか知っていたら教えてね。若杉山・太祖宮境内、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「太祖宮」では「心月」を吹いて参拝しました。

挟み岩

 「ヒーコラ・・」言いながら、やっと階段を上がって休んでるオババに「「奥の院」へ行きたいのですが、そこへ行くと同じ道を戻らねばアカンのでっか?、それとも一周り出来ますか?」と聞くと「一周できる」と教えてくれました。若杉山・太祖宮、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「奥の院」へ行く途中、境内に有る大杉の中が空洞になっており、その横道を降りて行くと、いかにも修験道らしい岩場になりました。

 やがて良い人は通れるが、悪いヤツは通れないという伝説が有る「挟み岩」へ来ました。若杉山・奥の院へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 越後屋は悪いヤツじゃから通れんじゃろ・・きっと石に挟まって泣きワメクじゃろう・・その時は笑ってやろうと思って見ていたが、何とか通り抜けやがった・・チエッ・・・。


 若杉山・奥の院へ「挟み岩、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     若杉山・奥の院へ「」挟み岩」、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      若杉山・奥の院へ「挟み岩」、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 確かに狭い道で、リュック担いでると岩に挟まりつつ、しかも鎖に掴まって降りなければアカン。

 上の方から杖を下へ滑り落としておいたので、σ(*_*)は良い人間じゃからスンナリ?通れました。

奥の院若杉山・奥の院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「奥の院」は思ったよりも広く「手向」「産安」の2曲吹き、けっこう響きが良く、やっぱり「産安」よりも慣れた「手向」の方が吹いていても心が落ち着く。

 尺八参拝してる時に、オバハンが祭壇前に有る屋根付きの所から、ペットボトルに水を入れてました。若杉山・奥の院・独鈷水、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 それまでは暗い場所だったので、そこに何が有るのか知らなかったのですが、参拝後に見てみると「独鈷水」という霊水らしく「御霊水が不足してます。売店で準備している容器以上の水は汲まないように」と書いてありました。若杉聖観音、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 木の蓋を取って見ると、岩肌からチョッピリだけ流れている水が溜まっており、オバハンが水を汲まなかったら、この「独鈷水」の存在を知らずに行くところだった。

 「奥の院」を出る時、そこに有る売店のオバハンから、わざわざ
「ご苦労様さまでした。」と声をかけられ、尺八を吹いたので、その道の修行者だと思ったのかな(^O^)。

        歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
           歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                 遍照の響きホームヘ 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無