HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 37 山 王


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      山王薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
           篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
      遍路日 2012.11.2(第5日目) HP掲載日 2013.10.24
      行程(札所番号) 57→30→80→59→42→24→14→48→20→67
            
→73→61→23→41→38→8→10→46→68→9
 


「山王」の女性巡拝者

73番「山王釈迦堂」

 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山王釈迦堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 のどかな田舎道を行き、73番札所「山王釈迦堂」は小さい堂でした。

 参拝が終わった時に、白衣姿の中年女性一人が来ましたが、雰囲気的に巡拝慣れしている感じだったので、ベンチに座って尺八の手入れしながら、どれ・・お手並み拝見・・・山王釈迦堂・中年女性巡拝者、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 まず本尊の名前を唱え、般若心経等を独特の節で大きい声で唱えており、経を大声で唱えるということは、普通の人にはなかなか出来ないもんです。

 やっぱしなぁ・・こおいうのは見た雰囲気だけで、タダモノかどうかがわかる。

61番「山王寺」

 61番札所「山王寺」は大きい寺で、階段を上がった所に有るのが本堂かと思ったら大師堂でした。山王寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 本堂は、もう少し階段を上がった所に有り、先程の中年女性巡拝者が居るかと思ったら居ません。

 σ(*_*)より先に73番札所を出たのですが、車を置く場所が離れていたらしく、歩いて来たσ(*_*)の方が先になって参拝していたようで、後ろの方で小声で参拝していました。

 さすが他人が参拝している時の礼儀を知っており、遠慮するんですねぇ・・σ(*_*)は、かまわんかったのだが・・・

 ここの大師堂は、音が響きそうな感じで尺八を吹いてみたかったが、これから先の行程がまだ残っているので止めときました。

 山王寺・大師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    山王寺・階段、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    山王寺、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

23番「山王薬師堂」

 23番「山王薬師堂」は67番と同じ名前の堂ですが、これこそ、どちらか分かり易い名前に変えれば良いのにぃ。

 知らない人は印刷ミスじゃねぇかと思だろなぁ。

 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山王薬師堂・階段、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山王薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 「山王薬師堂」は道端に有り、先に堂へ上がっていた越後屋が「蜂が居る」と言って荷物の置き場所を変えてます。山王薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 見れば堂付近に蜂が飛び回っており、階段付近に荷物を置きました。

 堂の柱にニンニクが、たくさんブラ下げてあります。山王薬師堂・奉納物、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 ここら付近には、カワイソーな吸血鬼伝説が有り、ニンニクを魔除け代わりにする習慣が有るのでしょうか・・と思って良く見ると・・あっ・違うでねぇか・・コラッ!!。

 白布?でテルテル坊主のような物を作って、たまに字が書いてありますが、これは何でしょうか?・・だれか知ってたら教えてね。

 気が付いた限りでは、篠栗霊場ではここにしか有りまへんでした。

41番「平原観音堂」

 車道を行き、やがて公園のような場所に41番札所「平原観音堂」がありました。

 元は、それなりの境内の広さが有ったのでしょうか、水が無い池周囲の石庭がなかなか良い感じがします。

 平原観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  平原観音堂・池跡、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  平原観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
         歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ    歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
            歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                  遍照の響きホームヘ 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無