HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 39 日暮れ


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      岡部薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
            篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
     遍路日 2012.11.2(第5日目) HP掲載日 2013.11.7
     行程(札所番号) 57→30→80→59→42→24→14→48→20→67
            
→73→61→23→41
→38→8→10→46→68→9


日暮れの札所

46番「岡部薬師堂」

 68番「岡部神恵院」へ向かって車道を歩いてると、「若杉山」へ向かう標識が有り、地図を見るとこの先の車道カーブ付近に68番が有るようになってます。若杉山への標識、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 越後屋に少し車道を歩かせて偵察させたましたが無いよおなので、「若杉山」の道を上がりました。

 おぉぉ・・道の途中には石仏の群れが有るでねえか。!(^^)!

 この道で正解だったのだと喜んでいたら車道に出て、そこに68番札所への標識が有り、車道を下るようになっています。石仏、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 あらら・・来すぎたの?と思って車道を下ると、地図通りにカーブの所に68番が有りましたが、その手前に46番「岡部薬師堂」が有ったので、取り合えず先に46番を参拝しました。

 疲れていて、音はダメ・・曲もガタガタで全然アカンかった。

 岡部薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 岡部薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文 岡部薬師堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

68番「岡部神恵院」

 次いで近くの68番「岡部神恵院」へ行き、建物は堂というよりも人家のように見えるので、越後屋に偵察させた時は堂だと思わなかったので「無い」と言ったのだと思う。岡部神恵院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 そりゃあぁσ(*_*)だって、篠栗霊場を示す「緑の幟」が見えなかったら人家だと思ったでしょうなぁ。

 先程の「若杉山」登山道より、そんなに離れていませんでした。岡部神恵院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 納経所と書いてある所が本堂で畳敷きの部屋に石仏が安置してあります。

 建物の前に藤棚のお休み処が設置してありますが、だいぶ日が暮れて来たので休まずに出発・・ホンマは休みたいほど疲れてたが・・・。

 岡部神恵院・内部、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    岡部神恵院・お休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文    岡部神恵院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

9番「山王釈迦堂」

 「10番 切幡寺」まで戻り、上がって来た遍路道を駆け下りて麓まで行きました。

 「山王」付近、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山王釈迦堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  山王釈迦堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 時刻は5時半頃、だいぶ暗くなって来ましたが、ついでのオマケだから9番「山王釈迦堂」
に寄って参拝しました。

 こおいう時は納経帳を作ってないので、時間を気にしなくて気楽です。山王釈迦堂・彫刻、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 玄関入口の紐で鐘を叩く付近に、鬼さん?が「ヨッコラショ・・!!」と梁を持ち上げてる彫刻が有り、珍しいでんなぁ。

 津軽霊場を巡った時に、鳥居で同じようなのが有ったが・・・

 ここら付近は猿が出没するのか、「必ず扉を閉めるように・・」と猿の写真を付けて注意書きしてあります。

 おい・・猿、お前は指名手配されてるぞ。

 もお逃げられんから素直に出頭して罪を悔いて白状すれば、お上にも慈悲というものが有り、カツドン喰わせてやっから、早く自首して来い。(^O^)

    山王釈迦堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文             山王釈迦堂・お休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

        歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ   歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
          歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                   遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無