HOMEへ > 篠栗四国八十八ケ所霊場 目次 > 43 高 田


 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文      高田阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     遍照の響き
         篠栗四国八十八ケ所霊場 徒歩地図
    遍路日 2012.11.3(第6日目) HP掲載日 2013.11.12
    行程(札所番号) 77→39→19→62→18→84→28→51→79→
            
54
→33→37→21→69→32→86→35→4


段位の目安

オアシス篠栗

 昼飯は「オアシス篠栗」で食べました。

 ここは風呂と食堂が有り、篠栗霊場巡拝中は遍路行程が終わった時、いつもここで汗を流して夕食を食べてました。オアシス篠栗、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 なもんで、食堂のネーチャンとは、すっかり顔馴染みになっちゃいました。

 入浴料もσ(*_*)のような60才以上が200円、チョッピリ若い越後屋は300円となっており、他所の日帰り入浴の半額以下で、この料金は篠栗の長期滞在時にもんのすごく助かりました。

 他の日帰り入浴の箇所ならば5〜600円以上は取られ、10日間ほど旅行すると、二人合わせての入浴料は、けっこうな額になります。

茶道の段位

 舗装道路から農道のような遍路道を行く所に堂があり、それが33番札所「本明院」かと思ったら違っており、さらに農道は続いてます。本明院へ向かって、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 途中にオババが座っている像があり、篠栗霊場に貢献した人かな?と思って良く見ると「どこかの茶の家元十段・・」と書いてあります。

 へえぇぇ・・・茶の世界にも柔剣道のように段位が有ったの?

 武道ではシロウト相手に型通りの動きをして勝てるのが初段の目安と聞いており、二段までは道場にマジメに通っておれば何とか取れるが、三段を取るのは非常に難しい。

 はい・・正直に言います、居合で三段に挑戦しましたが、コンジョ無しのため取れませんでした・・笑ってください、ナハハハハハ・・・。

 その後の段位は経験年数・貢献というように聞いてます・・・違ってたら、ごめんね。本明院へ向かって、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 十段と言えば最高位で名誉職みたいな人なんだけれど、茶の世界ではどおなんでしょう。

 名前が朱書きしてあったので、まだ生きてるのだろうか?

 言っちゃあぁ悪いが、茶は「侘び・錆び」の心の世界だと聞いてたが、このような像を造って「十段」だと権威を宣伝するのには違和感を感じる。

 σ(*_*)だったら恥ずかしくて、とてもこんな像を建てて欲しくない。

33番「本明院」

 33番札所「本明院」へは境内横から入るように道が続いおり、境内に入った時、あっ・・ここへは篠栗最初の日に来たんだと感じました。

 確かここで霊場会発行の100円地図を買ったはずだが・・と改めて見回すと、よおやく見覚えの有る売場を見て思い出しました。

       本明院、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  本明院・納経所、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

37番「高田阿弥陀堂」

 橋を渡って川沿いを行き、「緑の幟」が立っている倉庫のような所が37番札所「高田阿弥陀堂」です。高田阿弥陀堂へ、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 しかし中へ入ってみると、古い堂が中に鎮座しており、この古い堂を守るため外から屋根付き家のような作りにしてたのですねぇ。

 古い造りの物を大切にしているのだと思う。(一番上の写真)

 柱に古い納札が貼ってあり、愛知・岐阜から来たよおで、昔の風習の名残である納札を打った釘跡が残っていました。

 知らない人が見たら、単なる汚ねぇ「虫食いの跡」かと思うかもしれんが、こおいう跡が残ってる箇所は、全国霊場の中でも、あんまり無いから大切にした方が良いでっせぇ。

 なんつうても、この跡が有ると言う事は昔は札所だったと言う、決定的な証拠なんだから。

 高田阿弥陀堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     高田阿弥陀堂・内部、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文     高田阿弥陀堂・釘跡、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

21番「高田虚空蔵堂」

 21番「高田虚空蔵堂」は、橋のたもとの大きな木の下に有ります。

 逆光のため、ヤスモンのデジカメだから、うまく写真を撮れまへんでした。

 高田虚空蔵堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  高田虚空蔵堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文  高田虚空蔵堂・お休み処、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

69番「高田観音堂」

 21番「高田虚空蔵堂」から山方向への真っ直ぐな道を行き、高田公民館の前を通った四つ角の所に69番札所「高田観音堂」が有ります。高田観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

 堂内には小学生が描いたらしい絵が飾ってあり、鳥居が描いてありますが、取り払われたのか今は鳥居が有りません。

 絵にはジサマとバサマが笑顔で境内を掃除してるのが描かれており、この笑顔の表情が何とも温かみが感じる。

 きっと地元の人達が境内を掃除しているのでしょう。

  高田観音堂、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文         高田観音堂・絵、歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文

          歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、前へ 歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、目次へ  歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文、次へ
             歩き遍路「篠栗88ケ所」紀行文
  遍路・巡礼用具                   遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無