HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 8 中山仙境
 国東「六郷満山霊場」紀行文     中山仙境、国東「六郷満山霊場」紀行文    遍照の響き
         「国東六郷満山」地図      峯道トレッキングマップ(pdf)
         巡礼日 2012.11.8  掲載日 2013.11.29

中山仙境で道を間違う

     中山仙境・地図、国東「六郷満山霊場」紀行文

坊中登山口

山の状況

 「中山仙境」の「無明橋」を、冥土の土産話に渡ってみたいと思いましてなぁ。

 「無明橋」に一番近そうな所から登ろうと思い、「坊中登山口」駐車場に車を止めました。

 出発準備をしてトイレから出ると、越後屋が登山姿のトッツアンと話しをしてたので「中山仙境」の状況を聞いてみると、トッツアンは

 
「前田登山口」から「無明橋」「九番札所」まで行ったが、その先がわからず引き返した。

 道の状況は、ほとんど尾根伝いだが、踏み固めた回り道も有るので探して行かねばならない。

 鎖場が有るので、杖を持っての登山は無理。」

 ううむうぅぅ・・・昨日登った「両子山」状態なのかな?・・いずれにしても「中山仙境」は、なま易しい山ではなさそうだ。中山仙境・坊中登山口の河原、国東「六郷満山霊場」紀行文

鉄ワイヤー

 礼を言って別れ、駐車場から河原を下りて向こう岸へ渡り道を行くと、いきなり山斜面を垂直に上がるための鉄線ワイヤーが正面に垂れ下がってます。中山仙境・坊中登山口・間違った道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 な・・なんじゃ、こりゃあぁ・・!!

 普通ならば鎖を垂らすのだが・・鎖を買う金が無いので、鉄線ワイヤーで代用しているのか?

 いよいよ両子山状態だなぁ・・すごいなぁ・・さすが国東峯道「中山仙境」・・・。中山仙境・坊中登山口・鉄ワイヤー、国東「六郷満山霊場」紀行文

 越後屋が何も言わない先に、勇敢可憐にも率先して鉄ワイヤーに取り付いてます。

道が無い

 続けて上りましたが、上がってみると道らしいものが無い。

 地図を見れば尾根沿いに道が記載されており、両子山でもそおだったので、道と思えば思える所を歩きました。中山仙境・坊中登山口・山中、国東「六郷満山霊場」紀行文

 トッツアンが言ってたように尾根へ出れば道らしいモンが有るだろおと、無理矢理コンジョ出して尾根まで、とにかく上がりました。

 しかし尾根に出ても道らしいものが無く、完全に「両子山」状態・・さすが峯道、恐るべし・・。

 そのうち「両子山」で見たような赤テープが木に巻いてあるのを見つけ、所々に赤テープが有ったので、それを頼りに大きな岩をグルッと回りましたが、それ以上は行けません。中山仙境・坊中登山口・間違った山中、国東「六郷満山霊場」紀行文

 付近に道がないかと探すと、枯葉の中にドリンク瓶が1本捨ててあるのを見つけました。

 ここに瓶が落ちてると言う事は、だれかがこの場所に来た証拠なので、少しホッ・・・。

 そりゃあぁ・・こんな状態になれば、ドリンクの1本は飲んで、一服しながら落ち着いて次の作戦を考えたくなりますわなぁ。

引き返す

 時刻は2時過ぎ・・これ以上、道がわかりにくい状態が続くと、暗くなって帰れなくなる可能性が有るので断念して引き返しました。中山仙境・坊中登山口より間違って入った山中、国東「六郷満山霊場」紀行文

 今度は下りなので、越後屋が
「キャッ!!・・キャァ〜ッ!!・・」と言いながら、おそるおそる下りて来ます。

 ふん・・そんなカワイらしそうな声を出しても、助けてやらんわい。

 あんまりにも「ギャアコラ・・」とウルサイので
 
「ええいいっっ・・じゃかましい!!

 そこらに有る草木を何でも良いから掴みながら下りてこい。
 枯れたのはアカンが、少し引っ張れば、草が生きてるか枯れてるか、わかるから・・」中山仙境・坊中登山口より間違って入った山中、国東「六郷満山霊場」紀行文

と言ったが、やれないんだよねぇ・・登る時は、サッサッと上がるのにぃ。

 鉄線ワイヤーの所でも、
「どうして下りるのか、わからん」とゴネますが、ここでオンブしてやるとクセになるので、下りる見本を見せてやりました。

 で・・実は、この道は間違って行った道だと、後でわかりました。

 正解は川を渡って左ではなく、川沿いに右の道を行くのだそうで、そお言われれば、右方向への道も有りました。

 ネットを見るとこの方達も、自分と同じ間違った方向へ行き、鉄線ワイヤーを伝って山中へ入り込んだよおです。
 「坊中登山口」から「中山仙境」を目指す方は、注意してください。 

前田登山口

 せっかく遠い雪国から九州の地まで、はるばると来たのに、どうもこのまま有名所である「中山仙境・無明橋」を見ずして帰るのは、何がなんでも惜しい。中山仙境・前田登山口、国東「六郷満山霊場」紀行文

 執念深く、今度は「前田登山口」を試しに少し上がって様子をみることにしました。

 時間的に行けるかどうか、わからんが、地図を見て「弘法大師像」付近まで上がれば、だいたい道の状況がわかるだろおと思いましてなぁ。

 中山仙境・前田登山口付近、国東「六郷満山霊場」紀行文       中山仙境・前田登山口より、国東「六郷満山霊場」紀行文       中山仙境・前田登山口より・石仏、国東「六郷満山霊場」紀行文

 ここの前田登山口は、階段を上がると細い道で急坂でしたが、道筋はハッキリわかり、擬木の階段も延々と続い整備されてるよおです。

 時刻は2時半、「無明橋」まで片道40分と聞いてるが、往復の時間だけを考えると帰りは4時。中山仙境・前田登山口より山道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 11月の夕暮れは早いので、遅くとも4時半まで麓に戻らないと山中で薄暗くなっちまう、判断に迷うギリギリの時間です。

 そんな事も知らずに、越後屋はルンルン気分で「行く気、満々」なので行く事にしました。

 あんたは良いよねぇ・・時間配分なんか気にしなくて、モンクだけ垂れてれば良いんだから・・

 それに引き換え、いつも気苦労しているカワイソーなアタイ・・・

  中山仙境・前田登山口より、国東「六郷満山霊場」紀行文     中山仙境・前田登山口より一番札所、国東「六郷満山霊場」紀行文    中山仙境・前田登山口よりの展望、国東「六郷満山霊場」紀行文
  国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
     国東「六郷満山霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無