HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 9 無明橋


 国東「六郷満山霊場」紀行文    中山仙境・無名橋、国東「六郷満山霊場」紀行文    遍照の響き
     「国東六郷満山」地図   峯道トレッキングマップ(pdf)
     巡礼日 2012.11.8   掲載日 2013.11.30 


中山仙境・無名橋を渡る

          中山仙境・地図、国東「六郷満山霊場」紀行文

札所中山仙境、国東「六郷満山霊場」紀行文

 「中山仙境」の道筋には、所々に石仏や「札所」が有ります。

 「札所」と言っても納経帳を作成するような堂があるわけでは無く、単なる石仏が置いてある程度です。

 それでも地図を見れば、「札所」の位置で現在場所がわかります。

中山仙境、国東「六郷満山霊場」紀行文    中山仙境、国東「六郷満山霊場」紀行文   中山仙境からの景色、国東「六郷満山霊場」紀行文

 大きな木が倒れて道を遮って、トンネルのようにその下を通り抜ける所も有り、これはこれで、なかなか面白い趣向だと思う。中山仙境・登山口の分かれ道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 道はしっかりとわかり、先ほどの「坊中登山口」の道は何じゃったんじゃ?・・と言う感じ。

 トッツアンが「坊中」へ下りる予定だったが、道がわからなかったと言う四辻も、しっかりわかります。中山仙境、国東「六郷満山霊場」紀行文

 標識も有るのに、何で見落としたのだろう・・ボォ〜ッとしてたのかな?

 たぶん「上坊中」の「中山仙橋下山口」の事を、トッツアンが言い間違えたか、自分が聞き間違えたのだと思う。

鎖場

    中山仙境・最初の鎖場、国東「六郷満山霊場」紀行文         中山仙境からの展望、国東「六郷満山霊場」紀行文

 最初の鎖場に来た時、ここを杖を持って上がるのは無理かも・・と思い、トッツアンも「杖は無理」と言ってました。

 そおかもしれん・・と判断し、どうせだれも持って行かないだろおと思い、その場に杖を置きました。中山仙境・イノシシの沼田場、国東「六郷満山霊場」紀行文

 「イノシシの沼田場」の看板が有り、窪地に汚い泥水が溜まっており、猪が泥水に転げ回って遊びながら、毛に着いた虫等を落とす場所らしい。

 尾根道を上がったり下がったり・・・鎖をよじ登ったり・・

 2番目の鎖場を上がった崖に石仏が奉ってあり、ここまで運んで来るのもタイヘンだったでしょうなぁ。

 中山仙境・二番目の鎖場、国東「六郷満山霊場」紀行文    中山仙境・石仏、国東「六郷満山霊場」紀行文    中山仙境・石仏、国東「六郷満山霊場」紀行文

無名橋

 そのうち垂直に近い鎖場を上がった所に「無明橋」が有り、実際に見ると思ったよりも橋が小さい。中山仙境・三番目の鎖場、国東「六郷満山霊場」紀行文

 知らなかったのですが、国東には「無明橋」が3つ有り、一つは両子寺の仁王さんが居る前の太鼓橋

 もう一つは天寧寺近くに有る「無明橋」で、そっちの方が、良く写真等で紹介されてるようです。

 で・・こちらの「中山仙境・無明橋」は太鼓橋では無く、2枚の石を寄り合わせた形?になっており、最初見た時は、「天寧寺の橋」をイメージしていたので、あれっ?写真と少し違うなぁ・・と思いました。中山仙境・無名橋を渡る、国東「六郷満山霊場」紀行文

 まずは越後屋を先に渡らせて、どんな様子か写真に撮り、感心にも両足で立って渡ります。

 おぉぉ!!・・・えらい、えらい・・・パチパチパチ・・・・。

 σ(*_*)は渡る時にコワイので、恥も外聞も無く、四つん這いになって渡ったが・・。中山仙境・無名橋、国東「六郷満山霊場」紀行文

 この無明橋の下には迂回路が有り、それほど高くないのですが、橋幅が狭いのですよねぇ。

 しかし、このままでは越後屋から自分の生存中、そして介護されて死ぬ間際まで
「むかしぃ、中山仙境・無名橋へ行った時、自分は両足で立って渡ったのに、おでぇかん様は四つん這いで渡ったよねぇ〜・・懐かしいねぇ〜、もお一度行きたいねぇ〜・・(^O^)ダハハハ・・・」と言われ続けられるのが目に見えています。中山仙境・無名橋、国東「六郷満山霊場」紀行文

 そんな事を言われながら、とてもじゃねぇが、これから先を生き続けるワケにはいかん。

 それだけは、どうしてでも何としてでも絶対に避けなければならん。

 四つん這いで無名橋を渡ってから戻る時、越後屋が
「危ないから、四つん這いで渡っても良いのよ。中山仙境・無名橋からの眺め、国東「六郷満山霊場」紀行文
 もう見ていると、ワタシャ、心配で、シンパイで・・・」
と、いつになく優しく薄笑いを浮かべながら言います。

 おんのぉれぃ〜・・・ワシの気弱な心中を見透かしやがって・・・・こおなったら、どおしてもこおしても、ちゃんと両足で立って渡ってやるわい。中山仙境・無名橋よりの展望、国東「六郷満山霊場」紀行文

 正直、怖かったけれど両足で渡りました・・なんせ、σ(*_*)にもメンツが有るからなぁ。

 はい、それこそ意地で死ぬ思いをして渡りましたとも・・。

 この先も道が有るよおですが、トッツアンが道に迷ったと言うし、ここで引き返し4時前に麓まで戻れました。
   国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ   国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ     遍照の響きホームヘ
       国東「六郷満山霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無