HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 11 川 柳

  国東「六郷満山霊場」紀行文    平等寺釈迦堂・五輪塔群、国東「六郷満山霊場」紀行文   遍照の響き
           「国東六郷満山」地図
      巡礼日 2012.11.8    掲載日 2013.12.2

平等寺の川柳

平等寺を探す

 道の駅「くにみ」で車中泊し、翌朝、県道をゆっくり進みながら「平等寺」を探しましたが無い。

 この札所の場所は、事前調査の時にも、今一つ確信が持てなかったのです。

 通りかかった自転車に乗ったバサマに聞くと
「平等寺なら有る。この道をまっすぐ行けば看板が出ている」と教えてくれました。平等寺釈迦堂の看板、国東「六郷満山霊場」紀行文

 どうやら事前調査で地図に印を付けた場所とは大きく違ってたようです。

 車を進めて行くと、オババが教えてくれた通りに「平等寺釈迦堂」と書かれた薄れかかったペンキの看板が有り、その矢印方向も、やっと判断できるほど。

 そこを曲がったT字路には、それよりも輪を掛けたように薄れた字の看板が有ります。

 農道を行き橋を渡って、右側の道には柵が見えたので左の道へ行くと・・行き止まり・・あららっ・・。

 引き返して、ウロウロすると「付近地図」看板があり、それを見ると確かに平等寺の存在が記載されており、橋を渡った山側に有る事になってました。平等寺釈迦堂へ向かって、国東「六郷満山霊場」紀行文

 もう一度薄れた看板の所へ戻り、今度は人家の有る方向へ行くと、タンボの近くで3人ほど立ち話をしていたので聞いてみました。

 
「平等寺、有るよ・・山の中じゃ。
 うん、柵を押し開いて、また締めておけば良い」
平等寺釈迦堂・鹿除け柵、国東「六郷満山霊場」紀行文

 あらあぁ・・・柵が有るので通行禁止かと思っていたが行けたのね。
 柵へ行って見ると「鹿よけ」の柵で「また締めてくれ」と書いてあり、こおいうのは地元の人に聞かない限りわからんじゃろなぁ。

24番「平等寺」

参道

     平等寺釈迦堂へ、国東「六郷満山霊場」紀行文           平等寺釈迦堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

 林道を横切り、S字の道を上って行くと、行き止まりに人家のような堂があり、それが平等寺でした。


 ひとまずそこに車を置いて、来る途中に有った参道らしい所へ歩いて戻ると、重圧な石階段があります。

平等寺釈迦堂・参道入口、国東「六郷満山霊場」紀行文  平等寺釈迦堂・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文  平等寺釈迦堂・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

川柳平等寺釈迦堂・俳句、国東「六郷満山霊場」紀行文

 五輪塔群を通り過ぎると、最近作ったような新しい板に俳句が書いてあります。

 
「野佛に 聞きたい里の 四季のこと」
 これ一つだけかと思ったら、あちこちに書いてありました。

 
「赤い髪 日本黒髪 泣いてます」
 おぉぉ・・・最近のチャパツ批判か・・・(^O^)平等寺釈迦堂・六地蔵、国東「六郷満山霊場」紀行文

 
「腰に鈴 六郷緑の 谷渡る」

 
「年寄りの 口ぐせわしの 若い時」
 だははは・・その通りですなぁ。(^O^)

 俳句かと思ったが「川柳」かもしれない。平等寺釈迦堂・五輪塔群、国東「六郷満山霊場」紀行文

 あんまり参拝者も居ないと思われるが、これも地元の人達による「もてなし」の一興かと・・・

本堂

 本堂は鉄扉でガッシリ閉まっており、中を覗くと真っ暗。

       平等寺釈迦堂、国東「六郷満山霊場」紀行文         平等寺釈迦堂・扉、国東「六郷満山霊場」紀行文

 ムショの鉄扉前で出所して来るアニキを待つ子分のような気持ちで、参拝しなければアカンのかなぁ。

 ふと・・扉横の柱を見るとスイッチの存在が書いてあり、スイッチを押してみると堂内に明かりが点きました。

 堂内を拝見すると、おぉぉぉ・・!!

 予想以上に、いかにも歴史を感じさせ、博物館に展示しても良さそうな仏さんが置いてあります。

         平等寺釈迦堂・内部、国東「六郷満山霊場」紀行文

 これを見るまでは、どうせそこらの仏さんと変わらず、たいした事が無いと思ってましたが、おそれいりました。 m(_ _)m ハハアァァァ〜・・・・

 そりゃあぁ・・これだけのスゴイ仏さんを奉ってるんだから、対馬から仏像を盗むようなユスリ・タカリの国に盗られないように、鉄扉で厳重に保管しなくっちゃアカンですわなぁ。
   国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
      国東「六郷満山霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無