HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 13 応暦寺


 国東「六郷満山霊場」紀行文    応暦寺・本堂内、国東「六郷満山霊場」紀行文    遍照の響き
             「国東六郷満山」地図
      巡礼日 2012.11.9     掲載日 2013.12.6


国東の石造仁王

石造仁王

 応暦寺・入口、国東「六郷満山霊場」紀行文  応暦寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文  応暦寺、国東「六郷満山霊場」紀行文
応暦寺・観音堂、国東「六郷満山霊場」紀行文
 山門には、お決まりの石の仁王さんが有ったが、これはあんまり古そうではありません。

 境内に観音堂が有り、その前にも仁王さんが番をしています。

 仁王さんのイメージとしては、たいてい筋肉がモリモリで、キンニクマンの親戚のような体格をしています。応暦寺・観音堂の仁王、国東「六郷満山霊場」紀行文

 しかし、国東の仁王さんは、あんまり筋肉が無くアバラ骨姿が、やたら目につきます。

 それが国東の仁王さんの特長だ・・と言われれば、そおかもしれんが・・

 なんか仁王さんを見ていると糖尿病で食事制限を受けて、喰うモンも喰わせてもらえない、σ(*_*)のような感じで痩せてる姿は痛々しく見え、とても他人事とは思えない。応暦寺・昔の観音堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

 観音堂内には、古い写真も飾ってありました。

境内

        応暦寺・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文         応暦寺・隠切支丹五輪塔、国東「六郷満山霊場」紀行文

 境内には「隠切支丹五輪塔」が有りましたが、十字架がどの辺に在るのかわからん。

 「聖徳太子像」というのも有り、手に持ってるは剣のような気がするがホンマかなぁ。

 昔、村の青年団が引っ張ったであろう古い消防車や、道祖神のように二体並んでる石像も有ります。

 応暦寺・聖徳太子像、国東「六郷満山霊場」紀行文  応暦寺・消防ポンプ、国東「六郷満山霊場」紀行文   応暦寺・道祖神、国東「六郷満山霊場」紀行文

石造燈明像

 本堂内にも、いろんな物が飾ってあり、この寺は見応えの有る物が多い。応暦寺・石造燈明像、国東「六郷満山霊場」紀行文

 「石造燈明像」というのが有り、二人して背負ったり、押さえたりしている丸い洞部内に火を灯したそうで、これは珍しい。

摩崖仏と「奥の院」

堂の迫摩崖仏

 寺の外には摩崖仏が有るというので800mほど上がって行き、神社の所に有るのかと思ったら、まだその先だった。

 で・・「堂の迫摩崖仏」を見たが、すまん正直言って期待外れだった。

 応暦寺・神社の階段、国東「六郷満山霊場」紀行文   応暦寺・神社、国東「六郷満山霊場」紀行文   応暦寺・堂の迫摩崖仏、国東「六郷満山霊場」紀行文

奥の院

 そこで引き返しましたが、これを書いてる時に調べまると、ホンマはその先に「奥の院」が有ったらしいです。

 そおいえば、あのとき期待外れだったもんだから、「奥の院」も大した事ないだろなぁ・・と思って行かなかったような気がする。

 でも「奥の院」の写真を見れば、洞窟のような所になっており、あちゃあぁ・・・行っておけば良かったなぁ・・と、つくづく惜しい事をしたと思う。
  国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
     国東「六郷満山霊場」紀行文   

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無